初心者ツーリングキャンパーさんの2人ソロキャンプ道具紹介!手軽・高コスパなギアが登場

アイキャッチ タナ思い出のギアに出会う!?初心者ツーリングキャンパーさんを突撃インタビュー!

タナ
タナ
全世界のみなさん、こんにちは&こんばんは。タナです!

今回は、滝沢園キャンプ場からお届けします。

初心者ツーリングキャンパーさんに、手軽でコスパの良いアイテムを紹介して頂きますよ!

▼今回の記事を動画で見たい方は、こちらをどうぞ!

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

2人ソロキャンプを楽しむキャンパーさん紹介

2人ソロキャンプを楽しむキャンパーさんを取材するタナ

今回取材させていただくのは、こちらのお二方。

実はお二人とも、まだ今年の夏にキャンプを始められたばかりなのだそう。それぞれがソロスタイルで楽しむ、というやり方をとっています。

タナ
タナ
滝沢園キャンプ場には、よく来るそうです。

2人ソロキャンプを楽しむキャンパーさんを取材するタナ

1人目キャンパーさんのキャンプ道具紹介

それではキャンプ道具紹介に移りましょう!

まずは画像左のキャンパーさんです。

焚き火台 : 【Yaei Workers】薪ストーブ

焚き火台 : 【Yaei Workers】薪ストーブ

まずは『Yaei Workers 薪ストーブ』です。

Amazonで見つけたそうで、現在は4000円弱で売られてます。

焚き火台 : 【Yaei Workers】薪ストーブ

素材はチタン。いい感じに色味が出ていて、雰囲気がありますね。

焚き火台 : 【Yaei Workers】薪ストーブ

この日が卸したてで、その感想は「とにかく燃える」。

ただその分ずっと薪をくべるので、忙しいんだとか。

タナ
タナ
下から風が入りやすそうな構造なので、たしかにかなり燃えてくれそうです。

自作火吹き棒

焚き火台 : 【Yaei Workers】薪ストーブ

手に持っているこの火吹き棒、なんと自作なんです!!!

タナ
タナ
まるで売り物のようなクオリティですね。ビックリしました。

焚き火台 : 【Yaei Workers】薪ストーブ

作り方は真ちゅうの棒を購入して、木を加工し差し込むだけ。けっこうお手軽にできるんです。

ほかにもバイクに載せる木箱なども自作しているんだとか。

タナ
タナ
自分で作れるものは自分で作る、DIYキャンパーさんだったんですね。

薪ばさみ :【TEOGONIA(テオゴニア)】Fireplace Tongs

薪ばさみ :【TEOGONIA(テオゴニア)】Fireplace Tongs

つづいては、『TEOGONIA Fireplace Tongs』。

以前は100円均一のものを使っていましたが、「手がつらい!」ということでTEOGONIAを購入したそうです。

使い心地は、「重さはあるけど、いくらでも使ってられるという感じ。」

タナ
タナ
色んなキャンパーさんから、愛されるだけありますね。

テーブル :【GSI】ウルトラライトテーブル

テーブル :【GSI】ウルトラライトテーブル

横に置いてあるテーブルは、『GSI ウルトラライトテーブル』。

大きめのLサイズで、天板は460mm✕340mm。重さは約800gです。

テーブル :【GSI】ウルトラライトテーブル

天板はアルミ素材。熱には強いですが、跡がついてしまうため注意が必要です。

鉄板 :Amazon購入品

鉄板 :Amazon購入品

テーブルの上に置かれているのは、Amazonで見つけた鉄板。

ラージメスティンにちょうど入る大きさです。

タナ
タナ
メスティンに入れて持ち運べるので、いいですね。

マット :【サーマレスト】Zライトソル

マット :【サーマレスト】Zライトソル

地べたスタイルでキャンプをされてるので、足元についても聞いてみました。

一番下には、Seriaで購入したグランドシート。

マット :【サーマレスト】Zライトソル

その上には、『サーマレスト Zライトソル』が敷かれています。

マット :【サーマレスト】Zライトソル

そして座っているところには、テントの収納袋にもなる座布団が敷かれています。

タナ
タナ
寝るときには、この上に寝袋を敷いて寝るそうです。

お勤め先「タイベック」の防水シート

お勤め先「タイベック」の防水シート

こちらの方は、『タイベック』という建築関係の会社に勤めているそうです。

お勤め先「タイベック」の防水シート

奥には、タイベックさんの透湿防水シートが敷かれています。

家にも使われているもので、湿気は通すけど水は通さない優れものです。

タナ
タナ
触ってみると薄いのに、結構しっかりしてました。何回でも使えるそうですよ。

バックパック :【DD】Bergen Rucksack

バックパック :【DD】Bergen Rucksack

こちらは、『DD Bergen Rucksack』です。

ほとんどの荷物は、このバックパックに入れて持ってきたそう。

バックパック :【DD】Bergen Rucksack

キャンプ前夜に撮った写真を見せてくれました。

タナ
タナ
結構量が入るんですね。

バイクで移動するので、このバックパック + バイクのキャリーに荷物を詰め込んでいます。

created by Rinker
DD Hammocks
¥14,773 (2021/09/17 01:07:08時点 Amazon調べ-詳細)

具材つきの即席そば・ラーメン

即席そば・ラーメン

こちらはキャンプにピッタリ、具材つきの即席そばとラーメンです。

タナ
タナ
みなさんも具材つき即席麺、試してみては??

テント :【BUNDOK】ソロベース

テント :【BUNDOK】ソロベース

使っているテントは、『BUNDOK ソロベース』。

テント :【BUNDOK】ソロベース

テントを調べるうちにパップテントを知り、「かっこいいなぁ」と探し始めたとのこと。

ただ軍物のパップテントは高いし、湿気がこもりそうなため、日本のメーカーが作ってるパップテントをアレンジした、こちらを購入しました。

テント :【BUNDOK】ソロベース

キャンプ向けにアレンジされているので、本物に比べて軽くなっています。お値段は2万3000円ほど。

タナ
タナ
バイクだと重い荷物は避けたいですから、ぴったりのテントですね。

2人目キャンパーさんのキャンプ道具紹介

つづいては、もう1人のキャンパーさんの道具紹介です。

パーコレーター

パーコレーター

こちらはパーコレーター。

中で水が循環して、ドリッパーがなくてもコーヒーが飲めるという優れものです。

パーコレーター

ただ、隣にはバリバリドリップの準備がされています。

というのもパーコレーターは洗うのが大変なため、水道が近くにないと使いづらいそうなんです。

タナ
タナ
自分のスタイルに合わせて道具を使うのが、一番ですよね。

パーコレーター

ちなみに下にあるテーブルは、お馴染み『キャプテンスタッグ アルミロールテーブル』ですね。

シングルバーナー :【Snowpeak】ヤエンストーブ レギ

シングルバーナー :【Snowpeak】ヤエンストーブ レギ

お湯を沸かしているバーナーは、『Snowpeak ヤエンストーブ レギ』です。

特徴としては、4本の大きな五徳とバーナーとガス管が離れていること。

シングルバーナー :【Snowpeak】ヤエンストーブ レギ

あとは脚の長さが調節できるので、でこぼこな場所でも、水平を取りやすい仕様になっています。

タナ
タナ
2015年のグッドデザイン賞受賞商品。snowpeakで、長年人気を誇っているバーナーですよね。

焚き火台 :【ファイヤーボックス】G2

焚き火台 :【ファイヤーボックス】G2

こちらの焚き火台は、『ファイヤーボックス G2』。

今流行っている、ミニマム系の焚き火台です。

焚き火台 :【ファイヤーボックス】G2

もうひとつ大きめの焚き火台も持ってるそうですが、バイクツーリングの際には運びやすいこちらを使っているそうです。

チェア :【ヘリノックス】チェアツー

チェア :【ヘリノックス】チェアツー

座っているのは、『ヘリノックス チェアツー』。カラーは、珍しいオレンジです。

チェア :【ヘリノックス】チェアツー

タナ
タナ
テントが青、チェアがオレンジと、ビビットな感じで攻めてますね~。
created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥18,031 (2021/09/17 01:07:10時点 Amazon調べ-詳細)

ギアフック

ギアフック

タナがめちゃくちゃ気になったこのギアフック。とても便利そうですね!

シェラカップだけでなく、ランタンも吊り下げ可能です。

ギアボックス

ギアボックス

こちらはギアボックスです。

小物を入れることも、買ってきた薪を入れておくこともできる、大きさですね。

バトニング用ナイフ

バトニング用ナイフ

これはバトニング用ナイフです。

バトニング用ナイフ

ナイフ専門店で購入したそうで、かなりしっかりしていますね。

テント:【モンベル】クロノスキャビン2型

テント:【モンベル】クロノスキャビン2型

最後に紹介するのは、タナの思い出深いギア。それがこのテント、『モンベル クロノスキャビン2型』です。

タナ
タナ
実は、僕が初めて買ったテントがこれなんですよ~。

テント:【モンベル】クロノスキャビン2型

バイクに積める大きさと重さで、なるべく快適なものを探したときに、このテントにたどり着いたそう。

テント前部はタープのように張れる仕様になってるので、そこも決めてだったんだとか。

テント:【モンベル】クロノスキャビン2型

大きさは2人用です。そのためソロで使うとかなり快適!

タナ
タナ
広く使えるのは良いですよね。

雨風にも耐性があり、少しなら雨が降っても大丈夫です。

おわりに

今回は、キャンプ始めたてのお二人にインタビューさせていただきました。

色んなギアやツーリングにおすすめのものなど聞けて、とても参考になりました!!

タナ
タナ
最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

NorthEagle(ノースイーグル)のワイドリビングツーリングドーム レビュー【テントバカも絶賛!】

歴20年ベテランバイクソロキャンパーのキャンプ道具紹介!ツーリング向きの軽量ギアが登場

バイクツーリングキャンパーさんのソロキャンプ道具紹介!中華製のコスパ抜群ギアや長年の愛用品も

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ