テントバカも大興奮!7,790円の激安スカート付きFLYTOP 2パーソンテントをご紹介!

アイキャッチ テントバカも大興奮!7,790円の激安スカート付きFLYTOP 2パーソンテントをご紹介!

尾上
尾上
こんにちは、尾上祐一郎です!

今回は、FLYTOP 2パーソンテントのレビューをお送りします。

スカートつきで価格が安く、しかもスペックが高いテントということで興奮気味です!

▼この記事を動画でご覧になりたい方はこちら!

今回は、こちらのテントについてご紹介します。

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

FLYTOP(フライトップ)の2パーソンテント

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

FLYTOP(フライトップ)の2パーソンテントは、二人用のテントですね。

スペック詳細

FLYTOP(フライトップ)の2パーソンテントのスペックは、次のとおりです。

  • メーカー:FLYTOP
  • 商品名:2パーソンテント
  • 価格:7,790円
  • 組立てサイズ:250×210×115 cm
  • 収納サイズ:45×16 cm
  • 重量:2.6 kg
  • 耐水圧:フライシート3,500mm、インナーボトム3,500mm
  • その他:UVカット

中身(付属品)の詳細

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

なかを見てみます。収納袋はコンプレッションが可能で、説明書が袋に縫い付けてあります。

付属品はフライシート、インナーテント、アルミポールが2本、ガイロープが4本、アルミペグが13本、リペアポールが1本ですね。

【FLYTOP】2パーソンテントの設営手順

それでは、早速設営していきます。

①インナーテントを広げる

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

ポールを差し込むスリーブは、メッシュになっています。メッシュにすることで、ポールを差込んだり、抜いたりしやすい構造になってますね。

フレームは、クロスフレームです。

②ポールを差し込む

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

ポールを差し込むと、このような形になります。

③ポールの先端を4ヶ所のハトメに差し込む

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

これからポールの先端をハトメに4ヶ所入れて、インナーテントを立上げていきます。

④インナーテント完成

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

インナーテントが立ち上がりました。

このメッシュのスリーブが、けっこういい仕事するんですよね!耐久性に問題があるかも知れないですけど、個人的にはメッシュのスリーブ大好きです!

⑤フライシート設置

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

フライシートをつけていきます。

両サイドにベンチレーターがありますので、こちらの面が大きい部分が前面です。

⑥フライシート裏側4ヶ所をスリーブへ結ぶ

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

フライシート裏側にロープがついているので、メッシュスリーブの隙間がある所に結びつけます。

⑦フライ、インナーテント各4ヶ所のバックルをはめてコンプレッション

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

インターテントの4すみにバックルがあるので、フライシートのオス型とメス型をはめ込みます。

さらにベルトをグっと引っ張って、コンプレッションします。

⑧3ヶ所をペグダウン

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

フライシートの3ヶ所をペグダウンして、設営完了です。

尾上
尾上
設営完了です!

【FLYTOP】2パーソンテントの外観

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
いやぁ~、かっこいい!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

見て下さい、このスカート。大興奮ですよ!

このテントが7,000円台で買えるのは、凄くないですか!?

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

ベンチレーターは両サイドについており、開閉固定が可能です。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

ペグダウンするところはインナーテント4ヶ所、前室部分にはバンドが2本あるんですけど、こちらの外側のバンドをペグダウンします。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

後室部分が1ヶ所、こちらもバンドが2本ありますが、どちらをペグダウンしても大丈夫です。

スカートの一番端は固定ができないのが残念ですが、それ以外については巻き上げて固定ができます。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

スカートを巻き上げて固定すると、フライシートの下側にすきまができて、空気の流れができます。

夏場は暑かったら空気を取り込めば、風が入ってくるんですね。

7,000円台のテントでスカートがついて、巻き上げができるってスゴイですね!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

しかも全てのスカートが同じように巻き上げ、固定できます。スカート大好きなテントバカにとっては、本当に嬉しい装備です!

【FLYTOP】2パーソンテントの内部

尾上
尾上
それでは、なかに潜入してみましょう!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

ファスナーは、ノーブランドですね。

作りはそんなに良くないかな。壊さないように、気をつけた方がいいですね。

後はしっかり固定できるし、雨が侵入しないよう加工もしてあります。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

前室入口を巻き上げてみました。

固定バンドがゴムではないので、伸び縮みはしないですが、そんなに窮屈ではないですね。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

フライシートはしっかりした生地で、ポリエステル製ですね。

肝心なシーム処理なんですけど、処理も縫い目もしっかりしてますね。

尾上
尾上
ちょっと、なかを見てみます。

入口はダブルジッパーです。チャックはけっこう、スムーズに開閉できますね。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
なかはとても広いです!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

ランタンフックもあり、こちらには小物入れが2ヶ所ですね。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

インナーテントは、上がメッシュになっています。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

そして出入口が、前室部分と後室部分があるんですけど、どちらもフルメッシュ、フルオープン、フルクローズできます。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
つまり、オールシーズン使えるテントなんですよね!

7,000円台の安さでオールシーズン使えるテントって、なかなかないので嬉しいですね!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

フロアのボトムの加工も、しっかりしてます。

縫い目もシーム処理がバッチリで、ズレはないです!

ボトムも触ってわかりますが、しっかりとした生地ですね。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

後室もそこそこ、靴ぐらいは置けます。

ちょっとした荷物を置いて、こちらの前室を広々と使える。二人で使用したとしても、インナーを有効活用できます。

尾上
尾上
素晴らしいですね!余裕で二人、寝れます!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

インナーのドアを、メッシュにしてみたいと思います。

テントの内側からしか、メッシュにはできません。そしてメッシュの目が細かいので、小さな虫も侵入してこないですね。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
すごく開口部が大きいので、風の抜けもいいですね!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

ちょっと、横になってみましょうかね。

尾上
尾上
おお、広いです!これはいい!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

前室もこれだけ広さがあるので、調理もできると思います。

ちょっとフライシートの傾斜がキツイのが欠点ですが、これだけ奥行があれば十分です。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

反対の後室は、ちょっと靴を置くぐらいだったら問題ないですね。

二人で寝ても、前室、後室から別々に出入りができ、問題なく使えます。

前室・後室計測

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

前室がどのくらい幅があるのか、測ってみます。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

テーブルとコンロ、クッカーを置いても干渉しないほど、十分な広さがあります。ですが湯気が出たときに逃げ口がないので、けっこう湿気で結露する可能性がありますね。

後室部分の長さは50cmです。

室内の計測

室内を計測してみます。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

まずはドア部分が縦85cm、横が115cmと、むちゃくちゃデカいですね。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

室内の横幅が200cm、長さが140cm、高さが105cmぐらいですね。

キャノピーについて

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

前室入口のフライシートを、キャノピーにすることもできます。

キャノピーのタープ部分は長いですが、幅がないです。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

それと、ポールを固定するバンド部分を引っ張りすぎると、破れる可能性があります。あまり引っ張らないようにしてください。

雨が降った日でも、そんなに土砂降りでなければ、前室部分で換気しながら調理などができますね。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

ポールは付属していませんので、別に用意する必要があります。

ちなみにポールの長さは、先端を合わせて100cmなので良かったら参考にしてみて下さい。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

フライドアがキャノピーになるのも、このテントを購入した理由です。

前室部分、フライシートからタープを作ってみたんですけど、とても奥行がありますね。

コットが入るのか?

みなさん、テントにコットが入れられるかが、気になるのではないでしょうか。

尾上
尾上
もちろん、やってみます!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

ヘリノックスライトコット、長さ185cmですが、入りましたよ!

尾上
尾上
コットがすっと入るし、いや、これはいいですよ!

【FLYTOP】2パーソンテントのガイロープ設置

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

付属のガイロープを張りました。ガイロープはもともと別になっているので、こちらに結び付けます。

蛍光テープがついているので、夜は反射して目印になりますね。

プラスチックなんで、そこまで強度はないと思うんですけど、ロープ自体はしっかりとした作りになってます。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

このように4本のガイロープをつけて引っ張れば、少々の風が吹いても倒壊することはないです。

そんなに背の高くないテントで、ドーム型なので、風もしっかり受け流してくれると思います。

【FLYTOP】2パーソンテントの耐水圧実験

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

では耐水圧実験スタートです。

尾上
尾上
凄い撥水力です!

水玉になって落ちて来てますね。

尾上
尾上
テントのなかを見ていきます。

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

全然問題なさそう! 雨漏りなしですね!

ボトムの耐水圧実験

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

全然、浸みてこないですね。凄い!

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

あとは四隅の方ですが、ぎゅーっと圧をかけて、少しだけ水玉ができてるくらいですね。

圧をかけて握って、今ぐらいの量なんで、全然問題ないです。許容範囲だと思います。

【FLYTOP】2パーソンテントのメリット・デメリット

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

まずこのテントのメリットですね。

①スカートつきで、巻き上げ固定ができ、オールシーズン使用可能

スカート付きで、巻き上げができる、固定ができる。そしてオールシーズン使えるテントで、おすすめできます。

②値段が安い(Amazon 7,790円 1/26現在)

価格が安いですね。これだけのスペックを持つテントが、低価格で買えるっていうのは驚きです。

③生地もしっかりしていてシーム処理、縫製もていねい

生地もしっかりしているし、シーム処理も縫製も全く問題ありません。

④耐水圧実験でも水漏れなし

耐水圧実験でも雨漏りもなし。これは売り切れ必須だと思います。

⑤キャンプ初心者にもおすすめ

「キャンプ始めたいけど、どのテントから買っていいか分からない」という方におすすめします。

安くて良いテントを探す方には、打ってつけですね。

⑥ドアが2ヶ所あり、2人別々に出入りできる

ドアが2ヶ所あって、2人別々に出入りすることができるので便利ですね。

⑦ランタンフックや小物入れがある。

各種ランタンフックや小物入れが、標準で装備されている点もいいですね。

⑧コットが組み立てた状態でインナーに入る

コットを折り畳まずに、そのまま入れられる点もすばらしい。

⑨ドアの開口部が広いので利便性が高い

コットを折り畳まずにインナーに入れることができるほど、大きな開口部を持ったテントはなかなかありません。

メッシュにすると、風の抜けもいいです。

⑩カラーバリエーションが豊富で、1人用から3人用まであります。

ソロなら2人用、2人なら3人用がおすすめ。

デメリット

いやぁ、珍しくデメリットが思いつかないです。

【FLYTOP】2パーソンテントの撤収

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

設営とは逆の手順で撤収します。

収納後の実寸測定

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

収納後の実寸測定を行います。

長さ約50cm、幅約20cm、重さが2.58kgですね。

まとめ

【FLYTOP】2パーソンテントをレビューする尾上祐一郎さん

今回は、FLYTOPの2パーソンテントのレビューをお送りしました。

テントバカ大興奮でしたね。低価格で生地もしっかりしており、耐水圧実験でも問題なしと、素晴らしいテントでした。

ぜひ、テント購入時の参考にしてくださいね。

今後の励みになりますので、良かったらYoutubeのチャンネル登録お願いします!

・尾上祐一郎【テントバカ】

テントについてのご質問などありましたら気軽にご相談ください。

尾上
尾上
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

SNSはこちら!

Twitter:https://twitter.com/yuichiro4416

Facebook:https://www.facebook.com/yuichiro.onoue.1

Instagram:https://www.instagram.com/yuichiroonoue/

 

関連記事

NorthEagle(ノースイーグル)のワイドリビングツーリングドーム レビュー【テントバカも絶賛!】

SOLO UPのワンタッチタープ レビュー!あっという間に完成し、ソロやデュオキャンプにピッタリ【テントバカ】

HUILINGYANGのテントHiby3を詳細レビュー!広い前室搭載、品質が良く激安です【テントバカ】

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ