HUILINGYANGのテントHiby3を詳細レビュー!広い前室搭載、品質が良く激安です【テントバカ】

HUILINGYANGのテントHiby3を詳細レビュー!広い前室搭載、品質が良く激安です

尾上
尾上
こんにちは!尾上祐一郎です!

今回はHUILINGYANGのテント Hiby3(OEM)をご紹介いたします。
(*OEMとは他社ブランドの製品を製造することです)

▼今回の記事を、動画でみたい方はこちらをどうぞ!

Twitterやインスタグラムに載せたところ、皆さんから「欲しい!欲しい!」と言っていただき、とても反応が良かったテントです。

ネイチャーハイクさんにHiby3というテントがあるのですが、そのOEMだと思います。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3の仕様

HUILINGYANG Hiby3の値段は7,900円(動画撮影時)と安いです。

尾上
尾上
スペックはこのようになっていますので、参考にしてください。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さん

  • メーカー名:HUILINGYANG(OEM)
  • 商 品 名:Hiby3
  • 収納サイズ:約45×22 cm
  • 組立サイズ:縦200×110(前室)×幅163×高さ120 cm
  • 重  量:約3.8 kg

【HUILINGYANG】Hiby3の付属品の確認

尾上
尾上
付属品を確認していきましょう。

まずステンレスペグが16本入っています。

ガイロープは、最初からテントに取り付けられた状態になっていますね。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さん

ポールはジュラルミン製です。

ジュラルミンは航空部品の素材で使用されており、軽量で耐久性がある。

赤のポールが1本、金色(ゴールド)のポールが2本で計3本ですね。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとポール

【HUILINGYANG】Hiby3の設営手順を解説!

尾上
尾上
それでは設営をしていきましょう。

ポールを差し込むときのコツは、先にポールの先端の方だけスリーブにすべて通してしまうことです。

写真のようにポールはまだまだ余っていますが、先端はスリーブにすべて通してあります。

この状態から一気に差し込むと、スムーズにスリーブに通すことができます。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとスリープ

スリーブは、ポールの色と同じになるように色分けされていますね。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとスリーブ

ポールは真ん中に赤のサブポール、X状にゴールドのメインポールを入れます。

スリーブはけっこう大きめに作られているので、ポールを差し込みやすかったですね。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとポール

ポールは赤のサブポール→ゴールドのメインポールの順番で立ち上げます。

尾上
尾上
あっという間に設営完了です!

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテントの外観

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテントのサイズ

収納サイズがコンパクトな割には、組み立てるとけっこう大きいですね。

ペグダウンするところは8か所です。

ガイロープはこのように最初から本体に付いています。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテントの外観

ベンチレーター(換気用の窓)はテントの上部に4か所あります。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとベンチレーター

ベンチレーターは開閉可能で、開けた状態で固定することもできます。

ベンチレーターの中はメッシュですね。

前日にHiby3を使って1泊キャンプをしましたが、まったく結露はしませんでした。

尾上
尾上
ベンチレーターが大きいからかもしれません。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとベンチレーター

それではテント内部を見てみましょう。

ジッパーは基本的にスムーズに動きますが、たまに噛むんですよね。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとチャック

前室はこのような感じになっています。

尾上
尾上
けっこう広いです。

前室にチェアーとテーブルを置きましたが、ちょうどいい広さで快適でした。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんと前室のサイズ

インナーと前室の間にあるバンドが少し長いんですよね。長さ調整もできないですし。

でも、このバンドはインナーを外してシェルターとして使った場合に必要なものです。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんと前室

インナーは吊り下げ式です。

インナーとフライをつなげる素材は、伸縮性のあるゴムバンドを採用しています。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとインナー

インナーの入り口あたりに、ランタンフックがついています。

前室にはランタンフックはありませんが、インナーのランタンフックを使えば、光はテント全体に届きます。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとランタンフック

小物入れは1か所です。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとインナー

尾上
尾上
インナーはすごい広いです。

荷物は前室に置けば、インナーで2人で寝ても全然問題ありません。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

ベンチレータは内部から見ると、このようになっています。

3か所はインナーテント側にあり、もう1か所は前室にあります。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

フライシートの生地は190Dポリエステルタフタで、耐水性は3000mmです(一般的な傘は500mm)。

尾上
尾上
分厚いという感じではないですが、そこそこ厚みはあります。

50%UVカット加工済みと記載がありますが、詳細は不明。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテントサイズ

インナーボトムはオックスフォード生地なので、さらに丈夫です。

シーム処理もきれいですね。

縫製は少し雑な部分がありますが、安いのでそんなものでしょうかね。

尾上
尾上
お値段以上のテントだと思います。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとインナー生地

テーブルとチェアーをいれるとこのような感じです。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテーブル

実際に座ってみるとこうなります。

広角のカメラなので、実際より少し広めに映っているかもしれませんが、とても広いです。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

雨が降ってきたらフルクローズにして、快適に過ごせます。

尾上
尾上
引きこもりキャンプもできます。自分のような人見知りにはオススメ。

夏は少し暑いですけどね(笑)熱中症にならないように気を付けてください。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

ちょっと窮屈な前室が好きな方には、オススメです!

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとテント全景

インナーで横になってみましたが、とても広いです!

大人2人だと全然問題ないです。

大人3人とか大人2人+子供1人になると、少し狭いですね。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとインナーサイズ

インナーを外してシェルターとして使うと、さらに広々使えます。

フライの高さは140~150cmほどです。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとシェルター

【HUILINGYANG】Hiby3にホースで水をかけて耐水圧実験!

尾上
尾上
それでは、Hiby3に水をかけて耐水圧実験をやってみましょう!

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんとホースでの耐水実験

しっかりと撥水していますね。

さすが、190Dポリエステルタフタだけあります。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんと撥水の様子

雨が浸入しないように、ジッパーの上に傘のような加工がしてあります。

おかげでテント内部にも、まったく水の侵入はありませんでした。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんと撥水の様子

ボトムはしっかりとシーム処理がされていますが、念のため耐水圧実験をしてみます。

もみもみして圧をかけます。

尾上
尾上
こちらもまったく水の漏れはありませんでした!

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんと撥水の確認

【HUILINGYANG】Hiby3のメリット・デメリットまとめ

尾上
尾上
HUILINGYANGのテントHiby3はいかがだったでしょうか?

ここでメリットとデメリットをまとめてみましょう。

【HUILINGYANG】Hiby3のメリット

  • 広い前室
  • インナーを吊り下げたまま設営・撤収ができる
  • ポールがジュラルミンで軽量・耐久性がある
  • スリーブが大きくポールを抜き差ししやすい
  • 生地は190Dポリエステルタフタで、耐水圧が3000mmある
  • インナーテントのボトムはオックスフォード生地で、耐久性がある
  • ベンチレーターが大きく結露がしにくい

【HUILINGYANG】Hiby3のデメリット

  • 縫製が一部雑で糸のほつれあり(値段から考えれば気にならない程度)

【HUILINGYANG】Hiby3の撤収

撤収をするときのコツとして、インナーのファスナーを少し開けておくと、空気が抜けてたたみやすくなります。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんと撤収の様子

尾上
尾上
雑にテントをたたんでも、収納袋に問題なく入ります。

収納サイズは約45×22cmでした。

収納袋はシーム処理がされていないので、濡らさないようにしてください。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんと撤収の様子

重さは約3.8kg。

ペグ無しで測定したら、約3.5kgまで落ちました。

テント:【HUILINGYANG】Hiby3をレビューする尾上祐一郎さんと撤収の様子

まとめ

今回はHUILINGYANGのHiby3(OEM)の徹底レビューをお送りしました!

Hiby3が気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

尾上
尾上
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今後の励みになりますので、良かったらYoutubeのチャンネル登録お願いします!

・尾上祐一郎【テントバカ】

テントについてのご質問などありましたら気軽にご相談ください。

SNSはこちら!

Twitter:https://twitter.com/yuichiro4416

Facebook:https://www.facebook.com/yuichiro.onoue.1

Instagram:https://www.instagram.com/yuichiroonoue/

 

こちらは今回ご紹介のHUILINGYANGではなく、ネイチャーハイクのHiby3です。

 

関連動画

8tailのテント ミセスパップ徹底レビュー!安価で通気性が抜群です

ソロキャンプにおすすめのテントを紹介!使用感や買い替え理由は?

【家族キャンプ取材】コールマンテントやトヨトミストーブなど、ご主人おすすめのキャンプ道具を紹介👨‍👩‍👧‍👦ふもとっぱらキャンプ場 #3

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

オンラインサロン タナの部屋 タナちゃんねる YouTube