【使い方3通り】1万円以下の激安ワンポールテントを徹底レビュー!【設営方法・耐水圧】

尾上
尾上
こんにちは、尾上祐一郎です。

今回はワンポールテント第二弾になります。

第一弾では大きめのワンポールテントを紹介しましたが、今回は非常にコンパクトになるワンポールテントをご紹介します!

▼第一弾の記事はこちら

【耐水性抜群】Geer Top TCワンポールテント徹底レビュー!設営方法や付属品紹介

▼実際に設営している様子も一緒にどうぞ!

ワンポールテントのスペック詳細

激安 ワンポールテント スペッ

まず気になるスペックですが上記のようになっております。

収納すると非常にコンパクトで、重さも1.5kgと持ち運びやすいですね。

なおかつお値段が7999円(祐一郎購入時はなんと5999円)と、かなりリーズナブルです。

激安 ワンポールテント スペッ

しかし、ポールがついていません!!

なので別途ポールを購入したり、登山用のストックなどで代用する必要があります。

尾上
尾上
今回は約126cmの登山用のストックを使用します。

袋の中身は?

激安 ワンポールテント フライシート インナーシート

袋の中には、フライシート(シルバー)とインナーテント(ブラック)が入っています。

それぞれ約600gとけっこう軽くなっています。

激安 ワンポールテント アルミペグ12本

そしてアルミペグが12本とガイロープが2本入っています。

ペグの重さは200g弱と、アルミ製ということもあり軽いですね。

ワンポールテント設営

激安 ワンポールテント テント設営

尾上
尾上
では、テント設営に移っていきますよ!

まずはインナーテントの設営です。

インナーテントを地面に敷いて4箇所ペグダウンします。

激安 ワンポールテント テント設営 ペグダウン

そしてポールの代わりに登山用ストックの登場です。

ストック下部のカバーを外すととがった部分が出てくるので、それをインナーテントのハトメに入れて立てます。

激安 ワンポールテント ペグダウン

ガイロープを引っ張りペグダウンすればインナーテントは完成です!

激安 ワンポールテント インナーテント

尾上
尾上
ボトムはバスタブ型!夏場はフライシートをかけなくてもよさそうですね。

激安 ワンポールテント インナーテント

次はフライシートを上からかけます。こちらもペグダウンすれば設営完了です。

ワンポールテントを設営してみての注意点

1.付属のペグがもろい…

激安 ワンポールテント インナーテント ペグ

付属のアルミペグがけっこうもろいので、別途ペグを用意しておいたほうがいいかもしれません。

尾上
尾上
抜いたりさしたり繰り返してたらこんな風に折れ曲がってしまいました。

2.設営に試行錯誤

激安 ワンポールテント インナーテント

tent-markのパンダはフライシートを自立させたら、インナーテントをフライシートのベルトで固定して吊り下げるだけという簡単な設営方法です。

しかしこちらのテントには吊り下げる用の仕組みがないので、テント設営に試行錯誤しました。

3.インナーとフライのフックの位置が合わない

激安 ワンポールテント インナーテント

後室側の2ヵ所はインナーとフライのフックをつなげてペグダウンできます。

激安 ワンポールテント インナーテント

ほかの箇所は、インナーとフライのフックの位置があってないので、それぞれペグダウンする必要があります。

尾上
尾上
位置が同じなら、一緒にペグダウンできるんですけどね。

ちなみに今回はサイドの2ヵ所以外の6ヵ所にペグダウンしました。

サイドの部分は天候の状況を見てペグダウンするといいかもしれませんね。

4.ベンチレーターが閉じられない

激安 ワンポールテント インナーテント

ベンチレーター(テント内と外の空気を喚起する所)が2ヵ所ついていますが、閉じられないので常に開いたままとなります。

5.ガイロープ用ループを使えば耐風性がUP

激安 ワンポールテント インナーテント

ガイロープ用ループ(赤)が2ヵ所ついているので、使用すれば台風性が向上します!

ワンポールテントの使用感は?前室・後室

尾上
尾上
では、テントの中に入ってみましょう!

激安 ワンポールテント インナーテント

まず前室部分に入ってみます。ジッパーはかなりスムーズに開けることができます。

前室の中はけっこう広いですね。

激安 ワンポールテント インナーテント

インナーテントの中は、大人1人が寝る分には十分くらいな広さですね。

ワンポールテントなので壁の圧迫感は感じると思います。

メッシュの目が細かいので小さな虫の侵入も許しません。

風通しは良いのですが、UVカット加工されてないので中は暑いです。

尾上
尾上
遮光性のあるタープを併用した方が、涼しく快適に過ごせると思います。

激安 ワンポールテント インナーテント ランタンフック

ちなみに天井にはランタンフックがついているので、夜ランタンをつるしておくこともできます。

小物入れはついていません。

前室を使って調理や作業を行う際には、このようにインナーに座って行うのが基本になると思います。

激安 ワンポールテント インナーテント

入り口を閉じてみても、前室は十分に広いですね。

激安 ワンポールテント インナーテント

椅子などローチェアを入れるのは厳しいですが、コットは入れられるので2人で寝ることは可能です。

尾上
尾上
広いのはとても使いやすくていいですね!

激安 ワンポールテント インナーテント

続いては後室です。

前後両方とも出入りが可能になっているので、前室に荷物をたくさん置いてしまっても、後ろから出ることができるのは便利ですね。

後室の広さは、前室ほどではありませんが、靴や小物を置いておくのには十分でしょう。

激安 ワンポールテント インナーテント

前後のフライシートを開けたままにすると、より風通しよく使うこともできます。

激安 ワンポールテント インナーテント

全体を開けると、さらに通気性がよくなります。

尾上
尾上
風通しはよくなりますが、この状態でもやはりタープを併用した方が快適だと思います。

【激安ワンポールテント】残り2通りの使用方法とは?

タイトルにもある通り、このテントは3通りの使い方ができます。

インナーテントとフライシートを組み合わせる以外の使い方も紹介します。

インナーシートのみ

激安 ワンポールテント インナーテント

2つ目は、インナーテントのみで使う方法です。

風通しがいいので、夏場なんかはインナーテントのみでもいいですね。

激安 ワンポールテント インナーテント

快適に過ごすために、遮光性のあるタープを併用するのがおすすめです。

フライシートのみ

3つ目は、フライシートのみで使う方法です。

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

中に入るとこんな感じになります。

コットを置いて寝ることもできますし、調理なんかも可能ですね。

尾上
尾上
虫の少ない冬がいいかもしれません。結露はちょっと心配ですが。

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

UVカットがないので、やはりタープの併用がおすすめです!

ワンポールテントの耐水圧を試してみた!

実際に水をかけて耐水圧の実験をしてみましょう!

スペック的には、・インナーボトム→3000mm ・フライシート→2000mmになっています。

インナーボトム

激安 ワンポールテント インナーテント

まずは、インナーボトムから実験です。

210D(デニール)オックスフォードと激安テントなのに分厚い生地となっていますが、ボトムの四隅がシーム処理(防水処理)されてないので、その耐水性が気になるところですね。

尾上
尾上
縫い目を水に浸してみて浸水しないか見てみましょう。

激安 ワンポールテント インナーテント

結果は…中に水がしみ込んでしまいました…

使う際には、自分でシームテープを貼るか、グランドシートを下に敷いておいた方がいいと思います。

尾上
尾上
寝て起きたら、服がベチャベチャなんてことは避けたいですね。

フライシート

次はフライシートの耐水性を実験してみましょう。

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

210T(タフタ)と厚めの生地になっており、シーム処理もきれいな方です。

尾上
尾上
上から雨のように水をかけてみます。

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

フライシートはしっかり水をはじいてくれています!

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

テントの中も水漏れはありません。

収納袋

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

ちなみに、収納テントには水が浸入してきます。

裏にシーム処理が施されていないので、気をつけてください!

【激安ワンポールテント】メリット

ワンポールテントの設営や実際に使ってみて、尾上祐一郎が感じたメリットとデメリットを最後に紹介します。

1.3通りの使い方ができる

インナーテントのみ、フライシートのみ、インナー+フライで使用と3通りを、その場の状況や好みに応じて使い分けられるのはいいですね!

2.コスパがいい

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

それなりのスペックや、使いやすさがありながら1万円以下で買うことができるので、コスパはいいです!

3.前室が広い / 後室がある

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

前室が広いのでそこで調理することができますし、1人用のテントですが前室にコットを置けば2人で使うことも可能です。

後室があるのもいいですね。靴や小さいものはそちらに置くことができます。

4.出入り口が前後にある

激安 ワンポールテント インナーテント

前後どちらからも出入り可能というのは素晴らしいですね。

片方が荷物で埋まっても、もう片方から出ることができます。

尾上
尾上
あとは、背が高いテントではないので風の影響を受けにくいというのも利点ですね。

【激安ワンポールテント】デメリット

1.縫製が雑

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

値段がお安いので、ところどころ縫製が雑なところがありましたね。糸がぴょっと出てたりします。

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

ただ、テンションのかかる部分はしっかりしてるので、簡単に破れるということはなさそうです。

2.インナーのボトムがシーム処理されていない

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

シーム処理がないので、インナーテント内に地面から雨水が浸入してくる恐れがあります。

尾上
尾上
この辺は、安いテントなのでしょうがないかもしれませんね。

フライシートはしっかりとシーム処理されてるので、雨漏りなどの心配はありません。

3.インナーとフライのフックの位置が違うので設営しにくい

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

インナーとフライのペグダウンする位置がずれているので、設営の際にすこし手間取るかもしれません。

4.ペグが曲がってしまう

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

こちらも設営の感想で紹介したとおり、付属のペグはすぐに曲がっていしまいます。

なので、自分でチタンなどの丈夫なペグを用意しておくことをおすすめします。

尾上
尾上
車なら鋳造ペグ、登山やツーリングならジュラルミンやチタンペグがおすすめです!

5.ポールが別途必要

激安 ワンポールテント インナーテント フライシート

デメリットというより注意点ですが、ポールが付属してないので自分で用意しましょう。

今回使った登山用のストックの長さが約126cmなので、この長さを目安にポールを選ぶといいと思います。

おわりに

今回は3通りの使い方ができる、激安ワンポールテントを紹介しました。

是非テントを購入する際には、今回の記事を参考にしてみてください!

またYouTubeのコメント欄、Twitter、Instagram、Facebookでは、皆様からのテントに関するご質問を受け付けておりますので、気軽に質問を送ってくださいね!

尾上
尾上
最後までご覧いただきありがとうございました!

 

尾上祐一郎のSNSはこちら!

Twitter:https://twitter.com/yuichiro4416

Facebook:https://www.facebook.com/yuichiro.onoue.1

Instagram:https://www.instagram.com/yuichiroonoue/

 

関連記事

8tailのテント ミセスパップ徹底レビュー!安価で通気性が抜群です

【ツーリングキャンプのおすすめテント10選】 軽量・コンパクトなテントを多数紹介!!

【キャンプ道具紹介】歴1年でこだわりギアを集める親子キャンパーさん!高コスパのMSR製テントも

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

オンラインサロン タナの部屋 タナちゃんねる YouTube