8tailのテント ミセスパップ徹底レビュー!安価で通気性が抜群です

尾上
尾上
こんにちは!尾上祐一郎です。

今日は8tailさんのパップテントをご紹介します。

商品名は「ミセスパップ」です!

▼今回の記事を、動画でみたい方はこちらをどうぞ!

パップテント:【8tail】ミセスパップの仕様

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント紹介

尾上
尾上
ミセスパップのスペックは次のとおりです。

  • メーカー:8tail
  • 商 品 名:ミセス パップ
  • 収納サイズ:60×11cm
  • 組立サイズ:W210×D125×H115cm
  • 重  量:4kg
  • 生地材質:210Dポリエステルオックスフォード

パップテント:【8tail】ミセスパップ付属品の確認

説明書は収納袋に縫い付けてあるので、設営の仕方はこちらを見ればわかります。

尾上
尾上
それでは付属品を見ていきましょう!

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント紹介

付属品はまずポール用エンドキャップが5個あります。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんと付属品

たたんだテントをコンプレッションできるバンドが2つ付いていますね。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんと付属品

テント自体はシングルウォールなのでフライが1枚のみです。

スチールペグは14本付属ですね。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとペグ

ペグの先端は尖っていないので、地盤が固い場合は鋳造ペグを用意したほうがいいでしょう。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとペグ

ロープは5本ですね。
(本当は200cm×5本、250cm×2本の計7本付属されていなければなりません)

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんと付属品

最後にポールが115cm×2本、150cm×2本の計4本入っています。

ポールは内部で繋がっていますね。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さん

ポリエステルの収納袋はすごい丈夫にできています。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さん

パップテント:【8tail】ミセスパップの設営手順を解説!

尾上
尾上
いよいよ設営していきたいと思います!

まずはテントを広げて、四隅をペグダウンしていきます。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さん

黒テープ部分を4か所ペグダウンしました。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さんとペグ

次に115cmのポール×2本を使ってサイドを立ち上げます。

115cmのポール×1本と200cmガイロープ×2本の組み合わせで、テント右側と左側に取り付けましょう。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さんとポール

ガイロープは半径45度を意識して、ペグダウンしてください。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さんとテント

説明書に詳しい記述はありませんでしたが、ポールはテント内へ入れ込むようです。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さんとテント内部

天井にハトメがあるので、そのままだと雨漏りしてしまいます。

エンドキャップを付けて傘替わりにしましょう。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さんとエンドキャップ

ポールがテント内に入っており、直接ボトム(床)に干渉しています。擦れたりして圧がかかって穴があかないか心配です。

実際のキャンプで使用する場合は、圧を分散させるためにグラウンドシートを敷いた方がいいでしょう。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さんとポール

次に後ろ側を拡張するために200cmのガイロープを使って引っ張ります。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さんとテント

今回250cmのガイロープが付属していませんでした。

尾上
尾上
こういう点はちょっとマイナスですね。

ガイロープは計7本付いていますので、もし付属品に欠品があったら、メーカーへ問い合わせて下さい。

パップテント:【8tail】ミセスパップを組み立てる尾上祐一郎さんとテント

次にフライ部分のサイドのジッパーを閉めて前室部分をペグダウンしていきます。

尾上
尾上
これで設営完了です。

パップテント:【8tail】ミセスパップの全景

パップテント:【8tail】ミセスパップの全景

パップテント:【8tail】ミセスパップの寸法

パップテント:【8tail】ミセスパップの寸法

115cmのポールを立ち上げた後に、ペグの位置を微調整すると見た目がきれいになります。

パップテント:【8tail】ミセスパップの寸法

パップテント:【8tail】ミセスパップの造りをチェック

尾上
尾上
それではテントの各部を見ていきましょう!

ジッパーの動きはすごいスムーズなんですけど、ジッパーが余っているのが気になりました。なんででしょうか(笑)

7,000円ぐらいで買えて安いので、ところどころ雑な部分があります。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント

出入口はトグルが3か所ついているので固定できます。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとトグル

入り口はフルクローズ・フルオープン・フルメッシュにすることができます。
入り口のジッパーはスムーズに動きました。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント

まずフルメッシュにしてみましょう。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント

トグルが3ヵ所並んで付いているので、フライ部分・本体部分・メッシュ部分の3枚を別々に固定できます。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとトグル

すべて開けてフルオープンにしてみました。

トグル部分は3枚まとめても、それほどきつくなく固定できます。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント

内部はランタンフックが1個付いています。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとランタンフック

生地はポリエステルで厚さは普通ですね。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント生地

繋ぎ目のシーム処理はきれいにできていますが、糸のほつれがあり縫製は少し雑ですかね。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんと糸のほつれ

ボトム(床)の部分もシームはしっかりしていますが、残念ながら少し汚れがありました。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとボトムの汚れ

ベンチレーター(換気用の窓)は両サイドに付いています。ジッパーにて開閉ができて、トグルで固定可能です。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント

開けてみるとこういう感じです。

尾上
尾上
メッシュがけっこう細かいですね。トグルは2ヵ所で固定ができます。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント

テントの後部にもベンチレーターが付いています。

こちらはジッパーではなくベルクロテープ(マジックテープ)になっています。

ハトメを付けて雨の日でも換気ができるようにしたら使い勝手がよさそうですね。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント

テント後部はシートが傾斜しているので、入り口側に寝たほうがいいですね。

尾上
尾上
かなり広いです!

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部サイズ

こういう感じで前室を使います。

今後部をペグダウンしていないので、背中にシートが当たって気になります💦

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部サイズ

後ろをガイロープでペグダウンしてみました。風が吹くとペラペラ揺れてあまりかっこよくないですね。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント外側

長さ130cmのポールを立ててガイロープを繋いでみました。こちらの方が断然かっこいいですね。内部もかなり拡張されています。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント外側

こういう感じで内部も広くなりました。

尾上
尾上
先ほどと全然違います。すごい広くなりました!

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

横になっても体とシートが干渉しません。

ベンチレーターが立ち上がっているからか、風の抜けもさきほどより良くなりました。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

次はフルクローズにしてみました。

壁は垂直に近いので前室の幅は30cmほどです。

ここで調理を出来ないことはないですけど、少し厳しいです。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

キャノピー(ひさし)を作りました。

キャノピーはシワなくピンと張れます。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント外観

150cmポール×2本と250cmガイロープ2本を使用しています。

ヒサシ部分の方が高くなっているので、雨が降るとテントの後ろに流れていく感じですね。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント外観

日陰はこのようにしっかりできます。

ポリエステルなので遮光性は低いですが、影が出来る範囲は大きいですね。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

UVカット加工は無いですが、ベンチレーターが多いので風が抜ければ涼しいです。

ただ、TC(ポリコットン)よりは遮光性がないので、無風だとかなり暑いです。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

キャノピーの下で焚き火をすると、火の粉が飛んで間違いなくテントに穴があきます。

安いテントなので穴があいても気にせず使い倒すか、穴が気になるようなら火の粉に強いTCを購入したほうがいいですね。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

同じミスターパップでTCのものも発売されています。

尾上
尾上
ガンガン焚火をするという人はTCを検討してください。私のように焚き火料理はあまりしない、パップテント初心者の方にはポリエステルをオススメします。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとMr.パップの紹介

シングルウォールは雨の日などに換気ができないと結露します。

自己責任ですがクランプで端を固定して引っ張り、隙間を作って換気をする方法があります。

この方法だと雨が中に侵入しないで換気をすることができます。
(メーカー推奨のやり方ではありませんので、あくまで自己責任でお願いします)

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
こういうアイデアを考えるのも楽しいですよね。

パップテント:【8tail】ミセスパップの耐水圧実験

尾上
尾上
それではミセスパップの耐水圧実験をしてみましょう。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんと耐水実験

少し水が溜まっていますがしっかりと撥水しています。

後部のポールを低いものにすれば、もっと流れは良くなりそう。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント

テント内部にもまったく水は入っていません。

ハトメのところが少し心配だったのですが、こちらもまったく問題ありません!

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

再びキャノピーを作って水をかけました。

キャノピーの上に少し水が溜まりましたが、傾斜があるので後ろに水が流れました。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント上部

次はボトム部分の耐水性を検証します。

ボトムの下に水が入った洗面器を入れて、押して圧を掛けてみます。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

グッと圧をかけて・・・大丈夫そうですね!

まったく水は漏れてきません。

パップテント:【8tail】ミセスパップをレビューする尾上祐一郎さんとテント内部

パップテント:【8tail】ミセスパップのメリット・デメリットまとめ

尾上
尾上
いろいろと検証いたしましたが、ミセスパップはいかがでしたか?ここでメリットとデメリットをまとめておきます。

パップテント:【8tail】ミセスパップのメリット

  • メッシュが多いので通気性が良い
  • 工夫次第で後部のベンチレーターを有効に使えば、結露軽減をすることができる
  • 出入口がフルクローズ・フルオープン・フルメッシュになる
  • 後部を引っ張ればかなり広くなる。ポールを使うとなお良い
  • 大きなキャノピーを作ることができる
  • 設営に必要な装備がすべて付属されている
  • 7,850円(動画撮影時)でリーズナブル
  • シーム処理がきれい

パップテント:【8tail】ミセスパップのデメリット

  • ポリエステルなので遮光性が低い
  • スカートがない
  • サイドウォールがない
  • 一部糸のほつれが目立つ
  • 付属品が揃っていなかった(検品不足)
  • インナーに汚れがあった
  • 両サイドのポールがボトムに干渉するため圧で破れないか心配

パップテント:【8tail】ミセスパップの撤収・最後に

尾上
尾上
それでは撤収していきましょう!

撤収していて気が付いたのですが、しっかりとテントをたたまないと収納袋に入りにくくなります。

撤収する尾上祐一郎さんとミセスパップテント

収納した状態で長さを測定したら縦70cm×横20cmでした。

仕様上は縦60cm×横11cm)となっています。

たたみ方にもよると思いますが、使った後は収納サイズが大きくなると思っておいた方がいいでしょう。

撤収する尾上祐一郎さんとミセスパップテント

重量も測定したら約3.5kg(仕様上は4kg)でした。

ポールも入っているからそれなりに重さがありますね。

ポール・ペグをジュラルミンに変更すれば軽量化できそうです。

撤収する尾上祐一郎さんとミセスパップテント

今回はミセスパップを徹底レビューいたしました!

ミセスパップが気になっている方はぜひ参考にしてみてください!

今後の励みになりますので、良かったらYoutubeのチャンネル登録お願いします!

・尾上祐一郎【テントバカ】

テントについてのご質問などありましたら気軽にご相談ください。

尾上
尾上
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

SNSはこちら!

Twitter:https://twitter.com/yuichiro4416

Facebook:https://www.facebook.com/yuichiro.onoue.1

Instagram:https://www.instagram.com/yuichiroonoue/

 

関連動画

ソロキャンプにおすすめのテントを紹介!使用感や買い替え理由は?

【ソロテント11選】ソロキャンパー向け🏕おすすめキャンプ道具まとめpart1

【大型テント10選】ファミリー&グループキャンプで人気のテントをご紹介

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

オンラインサロン タナの部屋