二次燃焼焚き火台「ブレイズボックス」をリリース!スペックや予約情報を解説。

タナ
タナ
全世界の皆さん!こんにちはこんばんは!タナです!

TOKYO CRAFTSからリリースされる商品の二次燃焼焚き火台「ブレイズボックス」をご紹介いたします。

ブレイズボックスのスペックや組み立て方法をご紹介。記事の最後には会員様限定の予約情報も記載しているの、ぜひ最後までご覧ください。

同日時にリリースされる新商品は以下の記事から確認ください。

キャンプスタイルを無限に広げるシステムプロダクト、コードユニットの詳細はこちら

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

TOKYO CRAFTS「ブレイズボックス」の特徴

ブレイズボックス

TOKYO CRAFTSからリリースする焚き火台は今回で3商品目になります。一番最初のファーストプロダクトとして斜めの焚き火台「焚き火台KUBERU」をリリースし、その後、大ヒットしている「焚火台マクライト」をリリースしました。

タナ
タナ
僕としては、二次燃焼する焚き火台をどうしてもラインナップに加えたいという強い思いがあり、初期段階から開発を進めていました

二次燃焼する焚き火台は、サイズ感もコンパクトにならない、重たいなどのデメリットもあり、さまざまな課題があります。

タナ
タナ
今回僕たちが提唱する二次燃焼焚き火台は、正直に言うと結構重たいです

ブレイズボックス

しかし、比較的コンパクトに収納することができるといった特徴もあるので、細かく解説していきます。

タナ
タナ
組み立ててある状態なので、一度バラしてみます!

ブレイズボックス

まず、焚き火台の上には、五徳が設置されているので外します。(この五徳は左右どちらでも置けるようになっています。)

次に風防。風よけのパーツを上からパカッと外します。

ブレイズボックス

中に火床と灰受けが付いていて、セパレートして灰受けの方だけを持ってゴミ(灰)が捨てられるようになっています。

ブレイズボックス

最後に枠組みをバラしていきます。枠組みは4つの部品で出来ており、全て分解してコンパクトにすることができます。

タナ
タナ
パーツとしては、本体側が4面、火床、灰受け、風防、五徳のセットです

ブレイズボックスの特徴としては、

  • 燃焼効率が良く煙が少なく焚き火を楽しめる
  • 分解してコンパクトに持ち運びできる
  • 5つのパーツを組み立てるだけと簡単
  • 火床と灰受けが一体型なので灰の処理がしやすい
  • 専用五徳でダッチオーブンの使用OK
  • 高火力で料理を楽しむことができる

主にこれらのメリットがあります。

TOKYO CRAFTS「ブレイズボックス」を詳しく見る

そもそも二次燃焼って何?

二次燃焼とは

タナ
タナ
二次燃焼について解説します

一般的に販売されている焚き火台は、基本的に一次燃焼のみで終えています。燃えきれなかった未燃焼のガスが白い煙として排出されるのです。

二次燃焼というのは、燃えきっていないのガスに焚き火台の中で高温に温めた空気を吹き付けてぶつけて再度燃焼させることにより、一次燃焼で燃えきれなかったものを2回目燃やす。ということで二次燃焼という名前が付いています。

ブレイズボックス

タナ
タナ
焚き火は煙がたくさん出るので、風下にいる人は罰ゲームみたいになりませんか(笑)

家族やグループで囲んでいる時に、誰も被害を受けない焚き火台が二次燃焼焚き火台です。

 

ブレイズボックス

タナ
タナ
ブレイズボックスの穴から出てくる炎が非常に美しいです!

炎の形や火力を十分に楽しめて温かいですし、煙も出ないというような焚き火台が出来上がりました!!

TOKYO CRAFTS「ブレイズボックス」を詳しく見る

TOKYO CRAFTS「ブレイズボックス」のスペック

ブレイズボックスのサイズ

ブレイズボックス

【ブレイズボックスのスペック】

  • 組み立てサイズ:横幅50×奥行35×高さ29.5cm
  • 収納サイズ:幅50×奥行35×高さ15cm
  • 重量:10.1kg
  • 素材:ステンレス
  • セット内容:本体、火床、灰受け、五徳
  • 生産国:中国
タナ
タナ
収納時は一通り重ねてまとめることができ高さ15cmまでコンパクトにすることが可能です!

今回の焚き火台は、収納ケースは付属しません。そのため、コンテナなどに入れて持ち運びすることを推奨しています。

TOKYO CRAFTS「ブレイズボックス」を詳しく見る

実際に組み立てて火起こし開始

ブレイズボックス

タナ
タナ
では組み立てて実際に火を入れていこうと思います

【組み立て方法は簡単】

  1. ベースとなる4枚のパーツに引っ掛ける場所がそれぞれあるので引っ掛けて固定します
  2. 灰受けと火床をくっつけたまま中に入れます
  3. 風防を上からパカッと設置します
  4. 五徳を乗せて焚き火台の組み立ては完了です

動画で詳しい組み立て方法を確認する

TOKYO CRAFTS「ブレイズボックス」を詳しく見る

ブレイズボックス

タナ
タナ
二次燃焼焚き火台でどれぐらい燃えるんだと思う方がいらっしゃると思うので、火を付けていこうと思います!

どれくらいのサイズの薪だと入るのか気になる方も多いと思い、使用する薪のサイズを測ってみます。結構太めの広葉樹で長さが40cmの薪もぴったり入れることができました。

タナ
タナ
売られている薪は簡単に入れられますね

着火剤を入れて火を付けて、焚き付け用の薪を最初は入れていきます。

ブレイズボックス

薪が湿気っていたり、火が全体に回っていないときは画像のように煙が出てきます。

タナ
タナ
これが一次燃焼で不完全燃焼が起きているような状況ですね

ブレイズボックス

タナ
タナ
結構燃えてきました!!

二次燃焼焚き火台は、基本的にかなり燃焼効率が良いです。そのため最初に小さな火を付けてちょっとずつ薪をくべて育てていけば、何もしなくても火つきが良く、とても簡単だと思います。

ブレイズボックス

タナ
タナ
炎が結構燃えてきて、二次燃焼してる感じになってきました

画像を見ていただければわかる通り、煙に関してはもうほぼほぼ出ていない状況です。

横に広い焚き火台なので全ての穴から一気に二次燃焼するということはあまりないですが、所々高温になってる所から炎がふわっと出てくるのが分かります。

タナ
タナ
僕が座っているところから見ていると、半分くらいが二次燃焼で炎が穴から出ているのが確認できます

二次燃焼してその炎の揺らぎや気流が見れるので、本当に楽しませてくれるアイテムだなと思います。

ブレイズボックスの五徳

五徳を上に乗せるだけで調理ができます。

タナ
タナ
片側だけを活用することにより、片面ではお湯を沸かしたり、フライパン調理をしながら火を楽しむことができますよ

構造的にもかなりしっかりした作りになっているので、この上でダッチオーブンなどの重たいものを置いて使っても十分な耐久性があります。ご安心ください。

ブレイズボックス

五徳を付けて調理している状態でも、片側から薪を入れることができるので、調理しながら火の状態を調節することもできます。

TOKYO CRAFTS「ブレイズボックス」価格と予約情報

ブレイズボックス

新しくリリースされる「ブレイズボックス」の価格ですが、通常価格21,900円(税込)です。

事前予約をしていただいた方は、予約特典として10%OFFの19,710円(税込)で予約いただけます!

ブレイズボックス

今回ご紹介した二次燃焼焚き火台「ブレイズボックス」の販売開始は以下の通りです。

≫先行予約受付開始日時:2023年10月6日(金)19:00~先行予約受付開始
≫一般予約受付開始日時:2023年10月10日(水)12:00~

確実にご予約いただくために、(LINEメルマガ)へ登録していただき、先行予約でご予約いただければと思います。

TOKYO CRAFTS「ブレイズボックス」を詳しく見る

まとめ

本日は、TOKYO CRAFTSから新しく販売される製品のうち、二次燃焼焚き火台「ブレイズボックス」をご紹介しました。

TOKYO CRAFTSの公式サイトに詳しい情報が記載されているので、ぜひチェックしてみてください!!

タナ
タナ
最後までご覧いただきありがとうございました!

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

焚き火台マクライト