DODのサブマリンテントMを徹底レビュー!ワンタッチで設営・風にも強くコスパ良し【テントバカ】

アイキャッチ 【テントバカ】ベストな広さのワンタッチテント!DODのサブマリンテントMをレビュー

尾上
尾上
こんにちは!尾上祐一郎です。

今回はDODのサブマリンテントMを、実際に設営しながら詳しくご紹介します!

プライベートルームが作れてコスパがいいテントですので、ソロキャンパーの方はぜひご覧ください。

▼今回の記事を動画で見たい方は、こちらをどうぞ!

ご紹介するテントはこちらです。

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

【DOD】サブマリンテントMのスペック

尾上
尾上
それでは、DODサブマリンテントMをご紹介していきます。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

スペックはこのとおりです。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

メーカー DOD
商品名 サブマリンテントM
組立サイズ 190×190×(H)165cm
収納サイズ 105×20×16cm
重量 7.5kg
収納可能人数 2人
最低耐水圧 1500mm

【DOD】サブマリンテントMの付属品確認

尾上
尾上
それでは、開封して中を見ていきます!

まずは、テント本体がバックルで留めてあります。それと取扱説明書が入ってますね。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

そして工事現場で使うような、極太のスチールペグ。めっちゃ太くて、先端は尖っています。これが12本ですね。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

【DOD】サブマリンテントMの設営手順を解説

尾上
尾上
テントを設営していきます!

サブマリンテントMは、通常のワンタッチテントとは少し設営の仕方が違います。

普通だったらこの状態から、引っ張って立てますよね。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

しかし、このテントは裏表が逆です。畳んでる状態が、裏になります。

そのため、このテントの中に入って設営をしないとなりません。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

こうやって中に入って・・・

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

カサを開くようにヒモを引っ張ると、設営ができます。

尾上
尾上
ヒモは、コードストッパーで固定してください。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

余ったロープは、ポケットへ収納します。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

フレームにはボタンが付いているので、上に伸ばしてカチッと音がしたら固定された合図です。

これは四隅で行います。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
これで完成!あっという間ですね。

【DOD】サブマリンテントMの仕様を確認

もともとは、ワカサギ釣り用に作られているテントなので、ボトムは付いていません。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

サイズは190cm×190cm×165cmです。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

ベンチレーターは2ヵ所あり、開閉固定可能です。

尾上
尾上
けっこう大きめのベンチレーターですね。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

固定用のつっかえ棒は、2本付いています。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

ファスナーはノーブランドですが、とてもスムーズに動きます。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

メインドアにはメッシュは付いていません。反対側のドアも、同じようにメッシュはありません。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

テント下部の窓にメッシュが付いています。フルオープンにはできません。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

出入口ドアの開口部が大きいので、すべて開放すると風の抜けがかなり良くなります。

尾上
尾上
「ワカサギ釣り用テント」なので、夏は想定していないのかもしれませんが、夏場に使うと虫が入り放題です。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

このテントの特長は、6か所についている円形の窓です。

尾上
尾上
ここから外をのぞけますが、反対に「外からのぞかれてしまう」という欠点があります(笑)

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

テント上部のベンチレーターは、中にファスナーが付いているので、テント内から開閉できます。

尾上
尾上
素晴らしい機能性ですね!

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

ランタンフックはないんですが、このようにどこにでもランタンを付けることができます。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

収納ポケットは無し。縫製、シームレス加工は全然問題ないですね。

尾上
尾上
ところどころ糸のほつれがありますが、許容範囲でしょう。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

テントの生地は、クリアウィンドウも含め結構しっかりしています。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

スカートが付いていますが、巻き上げることはできません。ただ、ペグで固定できるので、風でバタつくことはありません。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

本体付属のガイロープを張りました。全部で8本と、けっこう多いですね。

壁が垂直なので風の影響を受けやすいですが、これだけ張ればかなりの強風にも耐えられると思います。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

ガイロープの自在金具がアルミ製なので、かなり強度があります。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

私の身長が163cmくらいですが、中で立つことができます。身長が170cmを超えると、一番高い部分でもギリギリです。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

中にキャンプ道具を入れてみました。

尾上
尾上
かなり入りますね!

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

テーブルが2つ入って、その奥にはストーブも置けます。

横の棚には道具を置けるようにしているんですが、ストーブの近くは危険なので、ガス缶を置かないでください。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

クーラーボックスや細かい荷物は、コットの下に置けます。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
座ってみるとこんな感じで、完全にプライベートルームができあがります。

私くらいの身長だと、チェアに座っても狭さは感じないですね。これがハイバックになると、かなり狭いと思います。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

出入口を閉めて、両サイドのベンチレーターをメッシュにするだけで、かなり風が抜けます。

さらに天井のベンチレーターを開ければ、ストーブを使ったときの換気もしやすいですね。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

チェアが入らない場合は、ハイコットをチェアの代わりにできます。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
実際に昨日、このテントでストーブを使って1泊しました。

両サイドと天井のベンチレーターの、計4ヵ所を開けて寝ましたが、結露は無かったです。

人数が増えたり状況が変わった場合は、結露することがありますのでご了承ください。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

【DOD】サブマリンテントMの耐水圧実験

尾上
尾上
それではホースで水を掛けて、テントの耐水圧実験を行います。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
しっかり撥水していますね!

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

ファスナー部分も、雨が降り込まないように加工されているので安心です。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

テント内部にも、水の染み込みはありません。集中的に水を掛けたベンチレーターも、問題無しです。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

【DOD】サブマリンテントMのサイズ測定

尾上
尾上
今度は、テント各部のサイズを測っていきます!

まずドアは横120cm×縦120cm。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

テント内は、一番高いところで横190cm×縦175cm。一番低い部分は135cmですね。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

【DOD】サブマリンテントMのメリット・デメリット

尾上
尾上
DODサブマリンテントMの、メリットとデメリットはこうなります。

メリット

  • ワンタッチテントで設営、撤収が楽
  • テント内から設営するためフレームがさびにくい
  • ベンチレーターをテント内から開閉できる
  • コストパフォーマンスがいい(編集時Amazonで8,209円)
  • 狭い個室が好きな人には最高の空間
  • ガイロープの本数が多いので、風に強い
  • 石油ストーブですぐに暖まり、翌朝結露もなし
  • 極太ペグが最高

デメリット

  • ペグの先端が鋭利なので、ペグ収納袋に小さな穴があった
  • ワカサギ釣り用テントなので、メインドアにメッシュが無い
  • クリアウィンドウが閉じられたら良かった

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

【DOD】サブマリンテントMの撤収

尾上
尾上
それでは、テントを撤収していきます!

フレームを傘のように折りたたんで収納します。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

尾上
尾上
組み立て時と同様に、撤収もあっという間でラクラクです。

収納時の実寸を測ってみます!縦110cm×横25cm×高さ17cmですね。重量は7.34kg。

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

おわりに

DODのサブマリンテントMを徹底レビューする尾上祐一郎さん

今回は、DODのサブマリンテントMをご紹介しました。

ワカサギ釣り用として設計されたテントですが、普通にキャンプでも使えるテントです!

コストパフォーマンスがいいので、ワンタッチテントを検討されている方は参考にしてください。

今後の励みになりますので、良かったらYoutubeのチャンネル登録お願いします!

・尾上祐一郎【テントバカ】

テントについてのご質問などありましたら気軽にご相談ください。

尾上
尾上
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

SNSはこちら!

Twitter:https://twitter.com/yuichiro4416

Facebook:https://www.facebook.com/yuichiro.onoue.1

Instagram:https://www.instagram.com/yuichiroonoue/

 

関連記事

【耐水性抜群】Geer Top TCワンポールテント徹底レビュー!設営方法や付属品紹介

Mil-Tec(ミルテック)のOne Man TENT RECOM レビュー!安くて軽量、ソロキャンプに最適【テントバカ】

テントバカも大興奮!7,790円の激安スカート付きFLYTOP 2パーソンテントをご紹介!

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ