2月の冬キャンプ でゴンドーシャロレーをドローン空撮!壮大な景色と朝日は必見です!

こんにちは!タナちゃんねるのタナです。標高900mに位置する「天空のキャンプ場」こと、「ゴンドーシャロレー」でのキャンプ前編・中編とお送りしてきましたが、いよいよ後編となりました。テントやビビィ設営の様子、思わずゴクリと喉が鳴るタナ料理長自慢の料理、夜空に広がる満天の星空など、お楽しみいただけましたか?

さて、後編では朝日が昇り、周辺がオレンジ色に染まる様子、焚き火での朝食&コーヒータイム、炭火での豪快豚バラ焼きなどをお届けします。ドローン撮影によるゴンドーシャロレーキャンプ場の全景や、阿蘇の山々の景色もありますので、ぜひ下の動画と合わせてご覧くださいね。

朝日と大パノラマをドローン撮影しました

少しずつ空が白み、ゴンドーシャロレーに朝が訪れました。朝5時くらいです。タナが一晩過ごした赤いビビィは、寒かったり狭かったりということもなく、普通にぐっすりと眠れました。寒い外気とぬくぬく暖かいビビィ内の温度差で結露ができていました!結局ローカスギアのテントは使いませんでした。

周囲は明るくなっていますが、まだ月が出ています。せっかくなので、ゴンドーシャロレーの朝日を撮影するために早起きをしたんです!仲間はまだ寝ているのかな?と思いきや。起きてきました。



周囲をオレンジ色に染める朝日が昇ってきました!

さあ、いよいよ朝日が昇ってきます!


山裾側から、さあ〜っとオレンジ色の光が射し込んできました。朝日が昇ってきます。仲間がすでに焚き火を起こし、お湯を沸かしてモーニングコーヒーの用意をしてくれています。気が効く仲間です。

ピィピィピィと朝を告げる鳥の声、ガリガリガリというコーヒーミルの音、パチッパチッとはぜる焚き火の音をBGMに、標高900mの「天空のキャンプ場」に朝が訪れました。

空のブルーと雲の白、オレンジ色の太陽、瞬く間に彩りが変化していく大自然の天空ショー……すごいです。しばし見とれてしまうタナとその仲間達です。



雄大な阿蘇ならではの天空ショーをお楽しみください!

朝日とともに周辺の景色が様変わりしていく姿をじっくりと眺められるのも、キャンプならではの醍醐味です。ここでは、大パノラマの邪魔をするビルも電柱もありません。「遠かったけれど、来てよかった」と、感動するタナです。こちらは、違う角度から撮影した朝日になります。




徐々に太陽が登り、さ〜っと光が広がっていく光景を見ていると、感動でなぜだか涙が浮かんでくるタナです。

仲間に見つかって冷やかされるのがいやなので、ノースフェイスのカモフラジャケットの袖口で、そっと涙を拭きました。カモフラ柄は、浮かんだ涙もカモフラージュしてくれ………違います!

「鳥になろう!」そう決めました。

そして、鳥になったタナ(ドローン)は、空に舞い上がり周辺の景色を撮影。すごいでしょ。雄大な阿蘇の風景。息をのむ光景とは、まさにこのことですね。




鳥(ドローン)になったタナは、ゴンドーシャロレーキャンプ場を上から撮影。広いですよね。こんな広大な敷地の中に、ポツンとあるのがタナとその愛する仲間たちのテントだけ。豆粒サイズで写っています。



思う存分、空中を舞ったタナが帰ってまいりました。無事、地面に着地!


ドローンで空中から大地を眺めて見ると、太古の昔から人間が「空を飛びたい!」と憧れ続けてきた気持ちがわかります。

こんなに雄大な大自然を身近に感じられるのは、ゴンドーシャロレーのように大自然の中にあるキャンプ場ならではです。阿蘇から遠方にお住まいの人も、ぜひ時間を作って訪れていただきたい! 地球の回転と共に生きている……を、実感できますよ。この朝日が昇る様子と、天空ショーはぜひトップにリンクを貼ってある動画をごらんくださいね!

【本日のタナの愛用品】

今回初めて使ったビビィ。寒いかなとか、狭いかなとか、ちょっと心配もしましたが全然大丈夫でした。快適に眠ることができました。何よりコンパクトで軽いし、設営が簡単なのもいいですよね。いろいろな場所で試してみたいと思います。

タナが愛用しているのは、ノースフェイスのノベルティースクープジャケット。カモフラ柄を着ることが多いのですが、無地もコーディネートしやすくて便利です。

さて、次のページでは、朝ごはんの様子と、食後の香り高〜いコーヒー&スイーツタイムをお届けします!

この記事で紹介したアイテム

    YouTubeとSNSもお願いします!!
    • YouTube
    • Instagram

    タナです!コメント待ってます!

    道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

    CAPTCHA