無骨焚き火台おすすめ10選!おしゃれでかっこいい商品を厳選して紹介!

キャンプの夜をより素敵な時間にしてくれる焚き火。焚き火の炎を見て、癒やされるためにキャンプをする方もいるほどです。

焚き火をするには「焚き火台」の使用が自然保護や安全面から推奨され、今では焚き火台必須のキャンプ場がほとんどです。

タナ
タナ
今回は焚き火台の中でも、今人気のおしゃれでかっこいい、無骨な焚き火台を紹介していきます!

おしゃれでかっこいい無骨な焚き火台から見える炎は、キャンプの夜を一段と素敵にしてくれます。

無骨焚き火台の魅力や選び方、おすすめの商品も紹介していくので、無骨な焚き火台が気になっている方はぜひ参考にしてみてください!

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

人気が高まっている無骨焚き火台の魅力

無骨な焚き火台はシンプルなデザインの商品から、模様が施されたおしゃれな商品まで幅広く販売されています。

タナ
タナ
デザイン性が豊かな商品から、自分の好みの焚き火台を選べるのは魅力の1つです!

そして使い込めば使い込むほど無骨さとカッコよさが増し、経年経過を楽しめるのも無骨な焚き火台の魅力。1つの焚き火台を育てるような感覚で焚き火を楽しめます。

また自然に溶け込むような素材を使用しているため、日常とは違う特別感のある焚き火時間を堪能できます。

タナ
タナ
無骨な焚き火台はデザイン性や経年経過によるカッコよさ、そして自然に溶け込むような炎を見れるのが魅力です!

無骨な焚き火台を選ぶ5つのポイント

無骨な焚き火台は魅力でお伝えした通り、デザイン性が豊富で種類も多いため、何をポイントに選べばいいのかわからない方も多いと思います。

無骨な焚き火台を選ぶポイントは下記の5つです。

ここからは5つのポイントを詳しくお伝えしていきます。

タナ
タナ
ポイントを押さえて自分のスタイルに合った、無骨な焚き火台を選んでいきましょう!

ポイント①シンプルなデザインの焚き火台が◎

デザインは自分の考える「無骨な雰囲気」に合った商品を選ぶのが1番ですが、特におすすめなのがシンプルなデザインの商品です。

タナ
タナ
シンプルなデザインで設置や撤収が簡単であれば、使いやすくメンテナンスもしやすいため、長く使用できます

また、シンプルなデザインであれば飽きがこないので、長く経年経過を楽しめキャンプを重ねるごとに、ひと味もふた味も違う焚き火を楽しめます。

タナ
タナ
デザイン性で迷ったら、よりシンプルで無骨な焚き火台を選ぶのがおすすめです!

ポイント②素材は「鉄」か「チタン」が無骨っぽい

焚き火台の素材には、鉄・チタン・ステンレス・アルミなどがあります。

タナ
タナ
鉄は重く錆びやすいですが、使い込むほど無骨っぽさが増し、独特な経年経過も楽しめます

チタンは価格が高い商品が多いですが、軽量で頑丈な特徴を持ち、長く使い続けられるため、無骨な焚き火台を育てるにはぴったりの素材です。

タナ
タナ
チタン素材はスタイリッシュな見た目の商品が多いため、重厚感を持つ無骨タイプが好きな方は鉄素材がおすすめ

逆にシンプルで軽量な無骨タイプが好きな方はチタン素材がおすすめです。

ポイント③サイズは人数に合わせて選ぼう

焚き火台のサイズは使用する人数に合わせて選びましょう。

タナ
タナ
人数に対して大きすぎると薪をくべて炎を育てたり、維持するのが大変です

逆に小さすぎると、焚き火鑑賞が窮屈になったり、焚き火調理が人数分できなくなったりします。

焚き火台にはソロ向けやファミリー向けなど、使用するスタイルや推奨人数が記載されている場合がほとんどです。

タナ
タナ
使用する人数に合わせて、サイズを選びましょう!

ポイント④用途は?炎を楽しむor調理をする

焚き火台では、炎を楽しむ「焚き火鑑賞」と調理を楽しむ「焚き火調理」ができます。

焚き火鑑賞を主に楽しみたい場合は、火床が広く浅いタイプがおすすめです。

タナ
タナ
薪を焚べやすく、焚き火の炎が見やすいため存分に焚き火鑑賞を楽しめます!

対して、焚き火調理を主に楽しみたい場合は、火床が深く風よけできるタイプがおすすめです。

タナ
タナ
火力を強くできるので、調理を素早く開始でき、さまざまな焚き火調理が楽しめます

また焚き火鑑賞と焚き火調理、両方を楽しみたい場合は、付属品をチェックしておくとよいでしょう。

安定した炎を出しやすくしてくれる「ロストル」、焚き火調理しやすい「ゴトク」や「網」などが付属していれば、1つの焚き火台で、焚き火鑑賞と焚き火調理が楽しめます。

タナ
タナ
無骨な焚き火台で何を楽しみたいか決めておくと、焚き火台が選びやすくなります

ポイント⑤携行性も大事!移動手段に合わせて決めよう

焚き火台はキャンプ場に持ち運んで使用するため、携行性も大事です。

無骨な焚き火台は素材によっては重かったり、収納サイズが大きかったりします。

タナ
タナ
重い商品やサイズが大きい商品は、徒歩やバイクなどのスタイルでは持ち運びにくく、体にも負担がかかるためおすすめできません

そのため鉄素材の無骨な焚き火台や、収納サイズが大きい商品の場合は、荷物が乗せやすい車などでキャンプに行く方におすすめです。

徒歩やバイクなど、なるべく荷物を軽量にしたい場合は、コンパクト収納が可能で軽量なチタン素材の商品を選びましょう。

無骨焚き火台で人気のおすすめ商品10選!

ここからは無骨な焚き火台で、人気のおすすめ商品を紹介していきます。

タナ
タナ
ソロキャンプ用やファミリーキャンプ用、軽量な商品から重厚な商品まで幅広くピックアップしました!

有名なアウトドアメーカーはもちろん、オリジナリティあふれる人気のガレージブランドの商品もお伝えしていきます。

商品のスペックや特徴、価格もお伝えしていくので気になった商品が合ったらぜひチェックしてみてください。

※商品の価格表記は公式サイトの税込価格ですが、一部Amazonの税込価格(2022.8月)を表記しています。

ピコグリル398

ソロキャンプで大人気のシンプルで無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
収納サイズはA4サイズに折りたたみができるため、携行性は抜群!

さらに重さも365gと軽量なため徒歩でもバイクでも問題なく持ち運び可能です。

また広い火床で焚き火鑑賞しやすく、本体購入でゴトク代わりになるスピットも付属しているため焚き火調理も楽しめます。

ステンレス素材ですが洗練されたシンプルなデザインが無骨っぽく、長く使えば使うほど無骨さが増していきます。

しかしソロキャンパーの中では大人気の焚き火台なため、他のキャンパーと被りやすいのが難点です。

タナ
タナ
多くの人が使用しており、品質や使いやすさには定評があるため安心して購入できる商品ともいえますね

ソロキャンプ用で軽量コンパクトで、使いやすい無骨な焚き火台を探している方におすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:14,000円(税込Amazon2022.8月現在)
  • 使用サイズ:幅38.5×奥行き26×高さ24.5cm
  • 収納サイズ:幅33.5×奥行き23.5×高さ1cm
  • 重さ:約365g
created by Rinker
PICOGRILL
¥13,379 (2022/09/26 15:47:31時点 Amazon調べ-詳細)

FUTURE FOX(フューチャーフォックス):Confire「櫓」(やぐら)

ナバホ柄を取り入れ、軽量化のためメッシュ素材の火床を採用している無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
フレームとゴトクが鉄素材で無骨感があり、カラーも黒でカッコいい焚き火台です

鉄素材の焚き火台ですが、火床がメッシュ素材なので軽量。収納時は丸めて収納できるため携行性は抜群です。

ゴトクが標準装備されているため、本体購入のみで焚き火調理ができます。

タナ
タナ
ゴトクと火床の幅が広く開いているため、調理中でも薪をくべられ、火力を簡単に上げられて便利!

焚き火鑑賞時はゴトクに掘られている「ナバホ柄」が炎に浮かび上がります。

他にはない形状の無骨な焚き火台なので、他のキャンパーと被りたくない方におすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:6,980円(税込)
  • 使用サイズ:幅36.5×奥行き30.5×高さ26cm
  • 収納サイズ:幅45×奥行き8×高さ8cm
  • 重さ:本体1.75kg(収納時:2.1kg)

tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン) :男前ファイアグリル

オールチタンで超軽量!調理もしやすい無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
軽量コンパクトなので、徒歩やバイクでの無骨スタイルのキャンプにおすすめ!

焚き火台は開閉式でワンタッチで設置が完了し、撤収時は灰を捨てて閉じるだけと簡単なため、初心者の方でも安心して使用できます。

チタン製のゴトクが付属しているので、本体購入のみで焚き火調理も可能です。

さらに同ブランドが別売りで販売している「男前グリルプレート」を使えば、料理の幅が広がるのはもちろん、見た目の無骨さもランクアップします。

タナ
タナ
鉄素材の黒い「男前グリルプレート」は、無骨なキャンプスタイルにピッタリの鉄板です

軽量コンパクトな無骨の焚き火台を探している方やプレートを同時購入してさまざまな調理を楽しみたい方に、おすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:9,900円(税込)
  • 使用サイズ:幅25×奥行き20×高さ15cm
  • 収納サイズ:幅31×奥行き16.5×1.5cm
  • 重さ:493g
created by Rinker
テンマクデザイン
¥9,900 (2022/09/26 15:47:32時点 Amazon調べ-詳細)

Takibit(タキビット):Fire Pit(ファイヤーピット)

黒皮鉄を用いたソロ〜デュオ向けの無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
販売にあたり、クラウドファンディングで多くの支援を集めた焚き火台です

15秒で焚き火を始められるほど簡単に組み立てが可能なため、初心者でも安心して使用できます。

シンプルな構造で簡単に設置できますが、側面にはロゴが彫ってあり、焚き火鑑賞時には炎に浮び上がる美しいロゴが楽しめます。

タナ
タナ
別売りのゴトクにもなるロストル、鉄板焼ができるグリドルを購入すれば焚き火調理可能です

設置が簡単で、黒く無骨な焚き火台を探している方におすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:9,900円(税込)
  • 使用サイズ:幅25×奥行き32×高さ18.5cm
  • 収納サイズ:幅25×奥行き20.5×高さ2cm
  • 重さ:約2.3kg

Snow Peak(スノーピーク):焚き火台L

焚き火台で有名なスノーピークのスタイリッシュで無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
シンプルな構造で、折りたたまれている焚き火台を開くだけで設置が完了します

素材はステンレスですが、チタンの次に耐久性が高く長く使用できるため、使いこむほど味がでて、より無骨でかっこいい焚き火台になります。

本体のみでは焚き火鑑賞しかできませんが、別売りのオプションで網やプレートを揃えれば調理も可能です。

タナ
タナ
オプション品は豊富に揃っているので、焚き火台購入の際はぜひチェックしてみましょう!

シンプルでな焚き火台で鑑賞を楽しみたい方やオプション品を揃えて調理を楽しみたい方に、おすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:17,600円(税込)
  • 使用サイズ:幅45.5×奥行き45.5×高い31.5cm
  • 収納サイズ:幅56×奥行き64×3.2cm
  • 重さ:5.5kg
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥16,000 (2022/09/26 15:47:33時点 Amazon調べ-詳細)

sanzokumountain(サンゾクマウンテン):mouncol

鉄製で独特な経年経過を楽しめる、無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
サンゾクマウンテンは無骨な焚き火台だけでなく、無骨なキャンプアイテムを多く販売しているガレージブランドです

円柱の形をしている焚き火台で、組み立ては脚部分をつけるだけ。そのため設置は簡単ですが、火床などのパーツを外したり折りたたんだりできないため、持ち運びには不便です。

タナ
タナ
持ち運びは、積載量に余裕のある車でのキャンプに向いています

本体購入のみでは焚き火鑑賞しかできませんが、別売りのオプション品でゴトク代わりになる「デルタス」を購入すれば焚き火調理もできます。

タナ
タナ
焚き火台と同じ鉄製で統一感があり、無骨感もさらにアップ!

ただしオプション含め価格が少し高めなので、予算に余裕がある方におすすめの商品です。

  • 価格:35,800円(税込)
  • 使用サイズ:Φ45×高さ26cm(脚10cm)Φ45×高さ33cm(脚17cm)
  • 収納サイズ:−
  • 重さ:7kg

サンゾクマウンテンmouncolの購入はこちら

MAAGZ(マーグズ):RAPCA(ラプカ)

3段の高さで火力の調節ができる、調理向きの無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
クラウドファンディングでは目標達成率2,508%を達成した人気の商品です

組み立ては3ステップで完成する簡単設計。パーツは全て平面でできているため、収納サイズは薄く持ち運びやすい設計です。

付属品にはロストルとゴトクが付いているため、焚き火鑑賞も焚き火調理も本体購入のみで楽しめます。

タナ
タナ
ゴトクは3段階の高さで設置が可能。火力調節が自由にできるので強火で一気に焼き上げたり、弱火でじっくり火入れしたりもできるので、焚き火調理の幅が広がります!

また火床が広く大きな薪でもそのまま焚べられるため、豪快な焚き火鑑賞もできます。

無骨な焚き火台で、さまざまな焚き火調理を楽しみたい方や豪快な焚き火鑑賞を楽しみたい方に、おすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:19,800円(税込)
  • 使用サイズ:幅38×奥行き34.5×高さ34.5cm
  • 収納サイズ:幅35.3×奥行き1.3×高さ34.5cm
  • 重さ:1.8kg

マーグスRAPCAの購入はこちら

moose(ムース):FIRE STAND(ファイヤースタンド)灯篭Large(ラージ)

北海道発のガレージブランド「ムース」の、五綾星をモチーフにした無骨な焚き火台です。

五角形の焚き火台で、焚き火台本体の側面にも五角形のデザインが施されています。

タナ
タナ
側面の五角形から見える熾火の光が美しく、焚き火鑑賞を存分に楽しめる焚き火台です

組み立てはサイドパネルを連結させるだけで簡単に設置できます。使用後は簡単に畳める設計なので、幅をとらず収納可能です。

付属品にはロストルやゴトクの他に灰受けがあり、使用後灰を捨てる時にとても便利です。

タナ
タナ
本体購入のみで焚き火鑑賞や焚き火調理を楽しめるのも嬉しいポイント!

またサイズ展開がラージ以外にもあるため、ラージサイズが大きく感じる方には「FIRE STAND ~灯篭~」がおすすめです。

価格は少し高めですが、大きなサイズの無骨な焚き火台で、焚き火調理や焚き火鑑賞を楽しみたい方におすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:33,800円(税込)
  • 使用サイズ:開口最大部分45cm・投入部分深さ10cm
  • 収納サイズ:幅43×奥行き42×高さ4.5cm
  • 重さ:本体5.3kg、五徳0.45kg 

NATURE TONES(ネイチャートーンズ):タワーオブボンファイヤー

受注生産品で特別感があり、オプション品の使用でさまざまなアレンジのできる無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
受注生産品のため購入から手元に届くまで2ヶ月以上かかりますが、2ヶ月待ってでも手に入れたいカッコ良さがあります!

焚き火台では珍しい3段構造で、簡単に組み立てと収納が可能です。しかし6角型のパーツは1枚1枚分解できないため、収納時は少し嵩張ります。

付属品にはゴトクにもなるロストルが付いているため、焚き火鑑賞だけでなく焚き火調理も可能です。

タナ
タナ
また別売りの「タワーブリッジ」を使用すれば複数の焚き火台を連結でき、調理台やテーブルとして使用できます

別途「タワーブリッジ」の購入が必要ですが、スタイルやシーンによって色々アレンジできる無骨な焚き火台を探している方にはおすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:24,750円(税込)
  • 使用サイズ:幅43×奥行き40×高さ34cm 
  • 収納サイズ:幅43×奥行き40×高さ15.5cm
  • 重さ:7.3kg
created by Rinker
ネイチャートーンズ(NATURE TONES)
¥28,600 (2022/09/26 15:47:34時点 Amazon調べ-詳細)

cacomoca:Fire Pit GARDEN ファイヤーピット・ガーデン(焚火台)55cm

焚き火鑑賞に特化した、丈夫で無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
お皿のような火床にしっかりとした脚をつけて完成する、安定感抜群の焚き火台です

火床は浅く広いため焚き火鑑賞を存分に楽しめます。同じ商品でサイズ展開が他3つあり、それぞれ直径が75・85・100cmとあるため55cmで小さいと感じる方は他3種類から選べます。

タナ
タナ
火床は折りたたんで収納できず嵩張るため、持ち運び手段は限られてしまいますが、火床が広いので色々な薪の組み方をして焚き火を楽しめるのは嬉しいポイントです!

シンプルで無骨な焚き火台で、焚き火鑑賞をメインで楽しみたい方におすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:10,980円(税込)
  • 使用サイズ:幅55×奥行き55×高さ35cm
  • 収納サイズ:−
  • 重さ:6kg
created by Rinker
cacomoca
¥10,980 (2022/09/26 15:47:35時点 Amazon調べ-詳細)

【番外編】TOKYO CRAFTS:焚火台マクライト

シンプルなデザインで組み立てが簡単!焚き火鑑賞と焚き火調理の両方を楽しめる無骨な焚き火台です。

タナ
タナ
1kgを切る軽量さで携行性も抜群です

組み立てはわずか3ステップで完成。使用後は風防部分を外せば簡単に灰を処理できるので、初心者でも安心して使用できます。

ソロキャンプでは贅沢使い、グループキャンプでも使用できる火床の広さで、薪割りせず大きい薪をそのままくべられます。

付属品には調理に便利なゴトクが付いていて、焚き火調理時にゴトクの位置は2段階で調節できます。

タナ
タナ
じっくり火入れしたい時は火から遠い位置に、火力を上げて一気に火を入れたい時は、火床に近い位置に置くなど調節ができてとても便利!

シンプルで扱いやすく、焚き火鑑賞と焚き火調理両方を存分に楽しめる無骨な焚き火台を探している方におすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:12,980円(税込)
  • 使用サイズ:幅36×奥行き40×高さ32cm
  • 収納サイズ:幅21×奥行き40×高さ2.5cm
  • 重さ:0.929kg

TOKYO CRAFTS「焚火台マクライト」の購入はこちら

無骨デザインの焚き火台でおしゃれに焚き火を楽しもう!

無骨な焚き火台の魅力や、購入時に押さえておきたい選び方のポイント、おすすめの商品などをお伝えしてきました。

タナ
タナ
気になる商品は見つかったでしょうか?

お気に入りの無骨な焚き火台が見つかったら、他のキャンプ道具も無骨感漂うアイテムで揃えてみてください。

タナ
タナ
統一感がでてさらにカッコいいキャンプサイトになりますよ

まだ見つかっていない方は、インスタやTwitterなどのSNSで「無骨 焚き火台」で検索してみると、さまざまな焚き火台が見れるのでおすすめです。

自分のスタイルにあった無骨なデザインの焚き火台を見つけてみてください。

▼【焚き火関連記事】

二次燃焼できる焚き火台を10ピックアップ!メリット・デメリットや選び方を解説

チタン製焚き火台おすすめ10選!メリットや選び方、代表的メーカーを解説

【厳選】おしゃれすぎる焚き火台10選!おすすめ商品と選び方を紹介

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

焚き火台マクライト