【GOOUTイベント潜入①】車中泊より走るログハウス?BESSイマーゴでどこでもマイホーム

タナ
タナ
全世界のみなさん!こんにちは、こんばんはタナです

今回はTOKYO OUTDOOR SHOWというイベントで、色々なブースを回って企業さんのお話を聞いてきました。

その中でも今回は、BESS(ベス)さんが開発した「走るログハウスIMAGO(イマーゴ)」の取材をしてきたのでお伝えしていきます。

特徴やコンセプト、開発に至った経緯や金額まで詳しく教えて頂いたので「走るログハウス」というキーワードにビビッときた方はぜひ参考にしてください!

【GOOUTイベント潜入①】車中泊より走るログハウス?BESSイマーゴでどこでもマイホーム動画はこちら

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

TOKYO OUTDOOR SHOWって?

「TOKYO OUTDOOR SHOW」は色々なアウトドアメーカーさんや、企業さんがブースを出しているイベントです。

タナ
タナ
実はTOKYO OUTDOOR SHOWでは、僕がプロデュースしているTOKYO CRAFTSも出店しています!

上から見るとブースがかなり多く、左側はオートサロンが併設されているエリアで、右側がキャンプエリアです。

タナ
タナ
賑わっていてとても楽しみですね!ちょっと下りてみます

アンケートプレゼントについて

入り口に「TOKYOOUTDOORSHOWのアンケートに答えて豪華景品をゲットしよう」と書いてあります。

タナ
タナ
ちょっと今から登録してみます!

ここに書かれている「マムート」や「ノースフェイス」など、欲しいブランドの商品を選んで入力すると、プレゼントが貰えるというイベントです。

タナ
タナ
ここにTOKYOCRAFTSのマクライトもプレゼントを提供しています

タナ
タナ
今日はこの後、徳井さんが来るみたいで、徳井さんの楽屋に突撃出来たらと思っているので、そちらも楽しみにしていてください!

▼GO OUTイベントで徳井さんに突撃されました【新キャンプ道具登場】【GO OUTイベント潜入】動画はこちら

BESSの家のブースを発見!

以前タナちゃんねるでも、BESSさんは特集で何回か紹介したことがありますが、せっかくなのでBESSさんにお邪魔して取材させて頂きます。

結構SNSとかで見かけますが「IMAGO(イマーゴ)」は、走る小屋みたいな商品です。

タナ
タナ
僕は未だ実物を見たことがなくて…楽しみです!早速お話を伺っていきます

タナ
タナ
こういったイベントは結構出されてるんですか?

初めてなんですよ。

BESSはログハウスのハウスメーカーなので、基本的には「展示場に来てください」っていうメーカーなんですけど、今回移動できるログ小屋を作ったので…

実際に今日はトヨタの車で牽引して、首都高を走らせて持ってきました。

タナ
タナ
これをですか?こんな大きいのを牽引できるんですか?

できますね。

大型の牽引免許が必要になるんですけど、実際に八王子インターで乗って、新習志野で降りて運んできました。

イマーゴ概要紹介

タナ
タナ
そもそもこの商品はどういったものなんですか?

元々IMAGOという小屋を売っていたんです。

コロナとか色々な時代背景があるんですけど「何か暮らしに対して面白い提案をしたい」っていうのが事の発端だったんですよ。

社内でちょっと馬鹿馬鹿しい事を、何か世の中に提案していきたいなって思って、色々考えていった時に「自分の家とか部屋を動かしたら面白いよね」って言い出した者がいて…

タナ
タナ
もう家ごと好きなところに移動しちゃおう!となったわけですね

釣りが好きな人は、釣り部屋をもう小屋の中に作り込んじゃって、釣り場まで小屋を一緒に持って行っちゃって、そこで1日過ごす基地にしちゃうとか…

自転車のベースキャンプとして、自転車を積んで小屋でメンテナンスして、ここからスタートして一周ぐるっと回ってくるだとか…

そういうイメージで作ってます。

タナ
タナ
色んな所に行って、自分の拠点を持ちたい!っていう願望はみんな持ってると思うんですけど、小屋を牽引して置いて、そこで1週間とか1ヶ月とか過ごすのは、割と現実的にすぐ誰でもできるようなものですか?許認可とか、どこの土地に置くとか…

土地によると思います。何ヶ月も滞在となると、多分事前に申請する必要が出てくると思うんですよ。

 

今結構、引き合いが多いのは小屋でコーヒースタンドや花屋とか…野菜の直売所をやりたいとかですね。

タナ
タナ
店舗さんや事業者さんが利用するんですね

はい、そういう感じで利用される方が多くて、店構えると結構資金がかかっちゃうんですけど、これだともう小屋を置いちゃえばいいだけなので…

あとはそこの土地の所有者に許可を取れば、一旦お店としては成立しますしね。

タナ
タナ
確かにフードトラックみたいな感じで今流行ってますよね。それよりもちょっと大きい感じでしっかりした作りですね

中は木なので自分で棚作るとか、アレンジがきくんですよ。

他のトレーラーハウスだと鉄板なので、穴開けられないですし…自分なりにカスタムできるのが特徴でもあります。

タナ
タナ
これって外壁から全部木でできてるんですか?

木ですね、ログハウスなので。

タナ
タナ
それで走っても大丈夫なもんなんですね

走行試験を大分重ねてやったので、そこはクリアしてます。

イマーゴ内覧紹介

タナ
タナ
ちょっと外側から見させてもらいましょう

イマーゴ外側の取材

ここが牽引する部分です。

ここにヒッチボールがあります。

牽引者側にこういうポールがあってくっつけます。

タナ
タナ
そして、これを引っ張るわけですね

そうですね。

停める時はこういうジャッキを噛ませて、水平取って置いておくという感じです。

タナ
タナ
窓も普通の家ですよね。一般的にこういったものって、簡易的に作られてるイメージがあったんですが、すごくこだわって作られてますね

こだわりは、やっぱり山小屋っていうところですね。

木材も、実際にうちのログハウスで使ってる木材と一緒ですね。

タナ
タナ
結構太いですよね

木材は国産の杉材を使って作っています。

実際に納車する時は塗装しない状態で納車するので、中の色と同じで黒ではないです。

自分で好きな色を塗っていただく、という感じになっています。

タナ
タナ
塗らなくてもいいし、塗ってもいいしみたいな感じですね。これはブラックに塗られているわけですね?

そうですね。黒はうちが塗りました。

タナ
タナ
こちらが正面で…引き戸の入り口にしてるんですね

タナ
タナ
これ(車高の高さに合わせた木の階段)とかはイマーゴを購入すれば付いてくるんですか?

これはオプションです。

ちょっと車高が高いので、入り口に階段は必要になりますね。

タナ
タナ
例えば、イマーゴだけ買った人でオプションがなかったら…?

デフォルトでこの階段が付いています。

タナ
タナ
最初から一応出入りするための階段は付いているんですね

イマーゴの中を取材

タナ
タナ
入り口はMAX開けてこのくらい開くんですね。ではさっそく中に入ってみようと思います!

小屋の中は、大体11平米の7畳くらいの広さになります。

タナ
タナ
今、中に色々設備を置かれてるんですけど、こういうのって基本オプションですか?

オプションですね。

うちがDIYで作ったモノにはなるんですけど、この机とかも移動のことを考えて、実はこうやって閉じれるようになってます。

タナ
タナ
なるほど!これがペタンと閉じて固定できるんですね

椅子も動いちゃうので、フックを自分で打って動かないようにしてあります。

タナ
タナ
なるほど、色々工夫がされているんですね。このイマーゴは一般ユーザーの方で言ったらどういう属性の方が買う事が多いんですか?

広い土地を持て余している人ですかね…離れを置きたいっていうニーズが一番多いです。

タナ
タナ
自分の家の中でもちょっと離れを置いて、そこをプライベートな空間にしたいとかですかね

そうですね。

小屋を建ててしまうと、建物って固定資産税がかかってしまうので、これだと車両扱いなので、建物としての税金がかからないというメリットがあります。

タナ
タナ
金銭的なメリットも享受できるっていうことですね

今、小屋ブームで注目されてるんですけど、固定資産税がかかりましたとか、あとは防火基準の関係で、隣の家から3m離さないとダメな土地もあるので、結構制約があるんですよね。

これだと建物じゃなくて車両扱いになるので、置けさえすればもう離れとして成立するという感じです。

タナ
タナ
その点を考えると、このイマーゴめちゃくちゃいいですね!

タナ
タナ
この辺のライトとかは自分で付けるんですか?

そうですね、自前です。

タナ
タナ
本当箱だけ売ってるって感じなんですね。中は自由にポスター貼ったり…

あとはソファーベッド。このソファーベットはオプションで用意できます。

タナ
タナ
これはBESSさんのオプションとして?

そうですね。

タナ
タナ
これはシングルベッドですね。ここの長さはどのくらいなんですか?

大体180cmちょっとぐらいです。

タナ
タナ
ちょっとしたソファーとしても使えるし、寝るのも可能って感じですね

電気関係は、今は結構ポータブル電源が優秀なので、それ自体があればこの中の電気は十分賄えます。

タナ
タナ
トイレとかお風呂とか、そういった所が近くにある場所であれば、かなり融通が効きますね

最近のキャンプ場はなんでも設備が整ってますよね。シャワーがあったりお風呂があったり…なので、そこまで実は色々必要じゃないですよね。

タナ
タナ
確かに…!それにしても、本当に自分の秘密基地感が半端ないですね

サウナを開発中!

あとは今開発中なのが、この小屋をサウナ部屋にするっていう…

タナ
タナ
これをですか?この中をサウナにしちゃうんですか!?

そうです。そういうのを今ちょっと開発しています。

イメージは仕切れるように壁を作って、サウナの機械を入れて、サウナの煙突用の穴を天井に空けて外に出すと、サウナ部屋が2部屋作れちゃうんですよ。

2つのサウナ部屋を作って、違うサウナを楽しむとか…オプションで考えています。

タナ
タナ
もう開発の目処が立ったんですか?年内とか?

はい、春先までには作りたいなという感じです。

商談の書類にはもう載ってるんです。もう謳っちゃってるので、作るしかないんです(笑)

タナ
タナ
あとには引けない状態なんですね(笑)

タナ
タナ
この屋根が斜めになっているのって何か理由があるんですか?

それはもうデザインです。

元々こういう屋根タイプの小屋を売っているんですけど、屋根を上げると空間を広く感じられる効果があります。

左右非対称ってバランスが悪いので、車で考えるとあり得ないデザインなんですよ。

そういった意味でもイマーゴは、結構異端なデザインだと思います。

気になるお値段は?

タナ
タナ
これずばり、おいくらなんですか…?

税抜きで400万円くらいです。

タナ
タナ
車を買って、車中泊できるように改造する金額を考えると…このサイズ感の違いとかもあるので、全然選択肢としてはアリですね

今、軽のキャンピングカーとか多分300万円から400万円ぐらいだと思うんですけど、それと比べてどういう楽しみ方をするかで、イマーゴかキャンピングカーどちらかを選んでもらえれば…と思っています。

タナ
タナ
本当にスゴいの作りましたね!

10月に販売したばかりなのでこれからですね。

タナ
タナ
反響はどうですか?

お問い合わせはすごい頂いていますが、納車自体はまだちょっと先になってしまうんですよね。

タナ
タナ
今は予約取れるけど、すぐ納車はされないって感じですか?

そうですね。

今うちに全国40拠点の展示場があるんですけど、そこに今納車しているところです。

タナ
タナ
実際の納車は、どれくらいになるとかあるんですか?

例えば今日(取材時2022.1月)注文を頂いたら、3月末までには納車できるようになってますね。

タナ
タナ
なるほど。でもそんなに遅くはならないんですね

そうですね。予めちょっとストックしている分があるので。

イマーゴのコンセプトは住所不定の自由!

タナ
タナ
移動しながら全国を旅したい人とか、定期的に住処を変えたい人とか、そういう人には持ってこいの商品ですね

イマーゴのコンセプトは住所不定の自由なので、まさにその通りです!

タナ
タナ
ちょっとそのコンセプトだけ聞くと…この流れを知らなかったら、なんかやばいやつみたいな(笑)

タナ
タナ
走るログハウスIMAGO」とても面白い製品を見せて頂き、ありがとうございました!

おわりに:多様な用途をもつ「走るログ小屋IMAGO」は可能性が無限大

今回はBESSさんにお邪魔して「走るログ小屋IMAGO」を詳しく取材させて頂きました。

カフェやお花屋さんなどの商業利用、キャンプ、離れの家としても使用可能で今後幅広く活躍しそうな商品でした。

タナ
タナ
新たにサウナをオプションで開発中との事なので、今後の展開からも目が離せません!

今回はBESSさんの「走るログハウスIMAGO」を取材させて頂きましたが、他にもBESSさんのログハウスを購入した方のインタビュー記事もあるので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

【GOOUTイベント潜入①】車中泊より走るログハウス?BESSイマーゴでどこでもマイホーム動画はこちら

BESSさんの公式HPはこちら

関連記事

その他のBESSさんに関する記事はこちら

【BESSの家生活9年】アウトドア好き夫婦取材!ログハウス購入のきっかけとは?

【BESSの家ルームツアー】家の中にいながらアウトドア?!木のぬくもりあふれる家

注文住宅の相談窓口おすすめ7選!特徴や評判を徹底解説!

おすすめ安いハウスメーカーランキング!安い理由もご紹介【2022最新】

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

【焚き火台】おすすめの買取業者6選を紹介!人気の高い焚き火台の買取相場や高値で買取してもらうためのポイントを解説!
焚き火料理を楽しんだり、語らいながら炎を眺めたりと、キャンプに欠かせないアウトドアギアが焚き火台です。 しかしキャンプになかなか行けなかったり、新しい焚き火台に買い替えたりして、使わない焚き火台が物置きに眠ったままの方も…

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

焚き火台マクライト