森風美(もりふうみ)さんの女子ソロキャンプスタイルを取材!(前編)

こんにちは!タナちゃんねるのタナです。

今回は、キャリーバッグ1つでキャンプする女子キャンパー・森風美(もりふうみ)さんに取材をさせていただきました。

前編では、テントなどを設営する様子を、森さんのお気に入りのキャンプ場からお届けします。

森風美さん

キャリーバッグを引き、小さなリュックサックを背負って登場した森風美さん。
女性向けアウトドアサイト「なちゅガール」の編集長をされています。
なちゅガール

今回は、ソロキャンプの経験豊富な森さんが普段と同じように設営する様子を見せていただきました。

TINY CAMP VILLAGE

今回の取材を行ったのは、神奈川県厚木市にあるTINY CAMP VILLAGE(タイニーキャンプビレッジ)。

サイト数5つとその名の通り小規模で、2017年3月にオープンしてから2年ほどですが、利用者からの評価も高い注目のキャンプ場です。

TINY CAMP VILLAGE

テント設営

下ろしていた髪をさっとまとめ、さっそく設営開始です。

最初にキャリーバッグから取り出したのは、BURTONのテント。
グラウンドシートを敷き、インナーテントを広げます。

赤いポールを組み立て、テントに固定します。

あっという間にテントの形ができてきました。

続いて、フライシートをかぶせていきます。
きのこ柄がおしゃれ!

(残念ながら、現在はAmazonにきのこ柄は見つかりませんでした)

慣れていないと戸惑うことも多いテント設営ですが、キャンプ経験豊富な森さんはさすがに手際よくスムーズに進めていきます。

最後にペグを打って固定します。

ベッド

続いてキャリーバッグから取り出したのは、DoDのバッグインベッド。

こちらもテントと同様、一人でテキパキと組み立てていきます。

完成したら、テントの中にセット。
ちょっと民族風な雰囲気のカバーをかけました。

その他

最後に、チェアやテーブルをセッティングしていきます。

テントやベッドが入っていたキャリーバッグも、ティッシュなどを置くスペースとして活用します。

テントの前にマットを敷きます。
どのアイテムもおしゃれで、全体のコーディネートにもまとまりがあって素敵です!
チェアに置いたかわいいミニクッションもポイントですね。

以上で設営完了!
所要時間は、わずか15分ほどでした。

後半の動画では、森さんに女子キャンパーのリアルをお聞きしています。
そちらもぜひご覧ください。

この記事で紹介したアイテム

    YouTubeとSNSもお願いします!!
    • YouTube
    • Instagram

    タナです!コメント待ってます!

    道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

    CAPTCHA