【車中泊キャンパー特集】スズキ エブリィワゴン・ジムニー、ホンダ バモス、トヨタ ヴェルファイヤなど紹介

【車中泊キャンパー】スズキエブリィワゴン・ジムニー、ホンダ バモス、トヨタ ヴェルファイヤなど紹介

タナ
タナ
全世界の皆さんこんにちは&こんばんは!タナです。

海外でも「VANLIFE」として、話題沸騰中の車中泊。

今回は、今までに取材したキャンパーさんの車中泊スタイルの総集編です!

これから車中泊を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼この記事を動画でみたい方はこちら!

車中泊その1:【スズキ】エブリィワゴン(in ふもとっぱらキャンプ場)

車中泊その1:【スズキ】エブリィワゴン(in ふもとっぱらキャンプ場)

はじめにご紹介するのは、ふもとっぱらキャンプ場で出会ったご夫婦の車中泊スタイルです。

車中泊その1:【スズキ】エブリィワゴン(in ふもとっぱらキャンプ場)

お車は、ワンボックス型軽自動車のスズキのエブリィ。

車中泊その1:【スズキ】エブリィワゴン(in ふもとっぱらキャンプ場)

ルーフラックには、キャンプグッズをいれた収納ボックスを積むそうです。

車中泊その1:【スズキ】エブリィワゴン(in ふもとっぱらキャンプ場)

反対側には、ルーフボックスも装備!

タナ
タナ
これだけ収納があれば、車内を広く使えますね!

車中泊その1:【スズキ】エブリィワゴン(in ふもとっぱらキャンプ場)

フルフラットのベッドは、イレクターパイプを使ってDIYされたそうです。

下には荷物が入るスペースがあり、収納もしっかり確保されていますね!

車中泊その1:【スズキ】エブリィワゴン(in ふもとっぱらキャンプ場)

テーブルとしても使える棚は、市販されているものを流用されたそうです。

車中泊その1:【スズキ】エブリィワゴン(in ふもとっぱらキャンプ場)

春夏用の寝具は、NANGAとWILD-1の寝袋を使われています。

タナ
タナ
軽自動車でも大人が2人寝れるんですね!

車中泊その1:【スズキ】エブリィワゴン(in ふもとっぱらキャンプ場)

収納ポケットがあると、散らかりがちな小物を入れておけるので車内もすっきりです。

ランタン:【ベアボーンズ】レイルロードランタン

快適に過すためのキャンプグッズについても教えていただきました。

ランタン:【ベアボーンズ】レイルロードランタン

雰囲気のあるベアボーンズのレイルロードランタンは、レトロなデザインが気に入って購入されたそうです。

created by Rinker
ベアボーンズ(Barebones)
¥12,291 (2020/10/24 19:30:59時点 Amazon調べ-詳細)

コードレス扇風機:【ルーメナー】

コードレス扇風機:【ルーメナー】

充電式のルーメナーの扇風機は、持続時間も長くとても涼しいので、家でも重宝しているそうです。

タナ
タナ
コードレスなので、使う場所を選ばないのもいいですね!

ポータブル電源:【Jackery】

ポータブル電源:【Jackery】

おしゃれなカラーのポータブル電源は、Jackery×JVCコラボモデル。

スマホやランタンの充電だけでなく、夏は扇風機、冬は電気毛布にも使えてとても便利です。

ポータブル電源:【Jackery】

大容量なので、2泊しても余裕があるそうです。今後はソーラーパネルを利用した充電も検討されているそうですよ。

タナ
タナ
災害時にも役に立つので、一家に一台あると安心ですね!

ポータブル電源:【Jackery】

最近は、こちらの車で1週間かけて北海道の旅を楽しまれたそうです。

タナ
タナ
これからもご夫婦でキャンプを楽しんでくださいね!

車中泊その2:【スズキ】エブリィワゴン(in 道志の森キャンプ場)

車中泊その2:【スズキ】エブリィワゴン(in 道志の森キャンプ場)

次にご紹介するのは、道志の森で出会ったご夫婦の車中泊スタイルです。

車中泊その2:【スズキ】エブリィワゴン(in 道志の森キャンプ場)

先ほどご紹介した同じ車種、スズキのエブリィワゴンです。

車中泊その2:【スズキ】エブリィワゴン(in 道志の森キャンプ場)

同じくイレクターパイプを組んで、フルフラットのベッドをDIYされています。

車中泊その2:【スズキ】エブリィワゴン(in 道志の森キャンプ場)

窓までおしゃれにDIYされて、アシストグリップには扇風機を付けています。

車中泊その2:【スズキ】エブリィワゴン(in 道志の森キャンプ場)

タナ
タナ
まるで家!寝心地良さそうですね。

このお車で、ご夫婦で旅をしながら九州を周られたそうですよ。

車中泊その3:【トヨタ】キャンパー アルトピアーノ

車中泊その3:【トヨタ】キャンパー アルトピアーノ

次にご紹介するのは、4人家族のファミリーキャンパーさんの車中泊スタイルです。

車中泊その3:【トヨタ】キャンパー アルトピアーノ

お車は、トヨタのキャンパーアルトピアーノです。

アウトドア仕様のトヨタ車で、テーブルがありフラットベッドが簡単に展開できる車中泊仕様の車です。

車中泊その3:【トヨタ】キャンパー アルトピアーノ

息子さんとお父さんがルーフテントに寝て、娘さんとお母さんが車内のベッドで寝るそうです。

車中泊その3:【トヨタ】キャンパー アルトピアーノ

シーンに応じてシートアレンジが可能。オプションの冷蔵庫はコンパクトに埋め込まれています。

タナ
タナ
キャンピングカーよりお手軽に車中泊を楽しみたい方におすすめです!

車中泊その4:【トヨタ】ヴェルファイア

車中泊その4:【トヨタ】ヴェルファイア

次にご紹介するのは、アウトドアはもともと嫌いだったというキャンパーさんの車中泊スタイルです。

車中泊その4:【トヨタ】ヴェルファイア

お車は、キャンプを始める前に購入されたトヨタのヴェルファイアです。

車中泊その4:【トヨタ】ヴェルファイア

スノーボードに大人6人が快適に行けるように選んだ車で、2列目も肘掛け付きのキャプテンシートです。

車中泊その4:【トヨタ】ヴェルファイア

シートがフルフラットにできないため、フレームを組んでマットを敷いて寝ているそうです。

タナ
タナ
マットの厚みは8㎝!厚みのあるマットを使うと快適に寝れるそうですよ。

車中泊その5:【スズキ】ジムニー 新型

車中泊その5:【スズキ】ジムニー 新型

次にご紹介するのは、道志の森で出会ったソロキャンパーさんの車中泊スタイルです。

車中泊その5:【スズキ】ジムニー 新型

お車は、納車1年待ちの人気車!スズキの新型ジムニーです。

車中泊その5:【スズキ】ジムニー 新型

セカンドシートを倒すと完全にフラットになります。

車中泊その5:【スズキ】ジムニー 新型

助手席の座席のへこんだ部分は、ヘッドレストをおいてその上からマットを敷いて寝るそうです。

タナ
タナ
運転席も倒せば、もう一人寝れますね!

車中泊その6:【スズキ】ジムニー 2代目

車中泊その6:【スズキ】ジムニー 2代目

次にご紹介するのは、女性ソロキャンパーさんの車中泊スタイルです。

車中泊その6:【スズキ】ジムニー 2代目

お車は、アウトドア好きの先輩から譲り受けたスズキのジムニー2代目です。

車中泊その6:【スズキ】ジムニー 2代目

クレトムのインテリアバーを取り付けて、天井に収納スペースを確保されています。

車中泊その6:【スズキ】ジムニー 2代目

シートの段差は、寝袋などで段差をなくしてからマットを敷いて寝ているそうです。

車中泊その6:【スズキ】ジムニー 2代目

車中泊には、良いマットが必須アイテム!

タナ
タナ
マットの厚みは10㎝前後あると、快適に眠れるそうですよ。

マットを購入の際は通気性・断熱性・防寒性・触り心地のチェックもお忘れなく!

車中泊その6:【スズキ】ジムニー 2代目

チャムスのかわいらしいブービーバードが見守ってくれています。

タナ
タナ
ペンギンじゃないよ。アカアシカツオドリだよ!

車中泊その6:【スズキ】ジムニー 2代目

自宅で使っているテントファクトリーのテーブルを置いてみたら、大きさも高さもちょうど良い感じに。昨日は寒かったので、ここで調理や食事をされたそうですよ。

車中泊その7:【ホンダ】バモス HM1/2型

車中泊その7:【ホンダ】バモス HM1/2型

最後にご紹介するのは、キャンプ女子森風美さんの車中泊スタイルです。

車中泊その7:【ホンダ】バモス HM1/2型

森さんの愛車は、中古車で購入されたホンダのバモスです。

ルーフキットはホンダ純正のアクセサリーで、装備された様態で譲り受けたそうです。

車中泊その7:【ホンダ】バモス HM1/2型

森さんはDIYがお得意で、カーテンやベッドを自作されています。

車中泊その7:【ホンダ】バモス HM1/2型

後ろ側のカーテンは、カーテンクリップで布を留めるだけの簡易的なものでも十分だそうですよ。

タナ
タナ
車中泊にカーテンは必須アイテムですね!

車中泊その7:【ホンダ】バモス HM1/2型

おしゃれなカーテンクリップは、セリアの商品だそうです!

車中泊その7:【ホンダ】バモス HM1/2型

カーテンクリップは、ダイソーのマグネットケースに入れて車のボディに貼り付けています。

タナ
タナ
これなら失くさなくていいですね!

車中泊その7:【ホンダ】バモス HM1/2型

ベッドは、シートの段差を木材で埋めてから合板を敷いて、フルフラットにされています。

 

車中泊その7:【ホンダ】バモス HM1/2型森さんのキャンプスタイルは、雑貨屋さんなどお店からインスピレーションを受けることが多いそうですよ。

タナ
タナ
これからもどんどん改造していかれるそうなので、楽しみにしています!

車中泊を始めるために最低限必要なこと

  1. フラット(水平)な寝床を作る
  2. カーテンなどで外から見えないようにする
  3. LEDランタンなど明かりを用意する

車中泊をするときの注意点

  1. エンジンをかけっぱなしにしない
  2. 施錠してしっかりとした防犯意識
  3. エコノミー症候群に気を付ける
  4. 熱中症対策や防寒対策を行う
  5. 駐車する場所に気を付ける

おわりに

車中泊キャンパーにインタビューするタナ

今回は、これまでに取材したキャンパーさんの車中泊スタイル特集をお送りしました。

フルフラットのベッドをDIYされたり、快適に過すための工夫をされていて、とても参考になりましたね!

車中泊をされる時は、くれぐれもマナーを守って安全に行いましょう。

タナ
タナ
今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

関連動画

【仲良しグループキャンプ】車中泊DIYキャンプ🚗おすすめキャンプギア紹介

【快適DIY車中泊】ポータブル電源や扇風機など夏のキャンプ道具ご紹介!

野あそび夫婦の愛車NONIWA号紹介!アプリ操作の電動ルーフトップテントや改造DIYなどの装備も

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

オンラインサロン タナの部屋 タナちゃんねる YouTube