直火に近い感覚を味わえる焚き火台4選!ワイルドなキャンプをしたい方必見

直火に近い 焚き火台

直接地面に薪を置き、地面から上がる炎を近くで楽しめる直火での焚き火。

タナ
タナ
直火は自然に溶け込みつつ、ワイルドな焚き火を楽しめます

しかし現在のキャンプ場は、自然保護のため直火禁止サイトが多く、気軽に直火の焚き火を楽しめません。

そこで今回は、直火に近い感覚を味わえる焚き火台を、ご紹介していきます。

タナ
タナ
直火したいけど、キャンプ場のルールでできなくて諦めている方必見です!

あわせてロースタイルの焚き火台の魅力や、選び方もお伝えしていきます。

直火に近い感覚で焚き火ができる焚き火台を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

直火に近いロースタイル焚き火台の魅力

ロースタイルの焚き火台の魅力は、炎を上から見下ろせるため焚き火鑑賞しやすく、低い位置に炎があるので焚き火調理しやすい点です。

タナ
タナ
地面に近い位置に焚き火があるため、コットやマットなどで寝転びながらの焚き火鑑賞も楽しめます

さらに軽量コンパクトな商品が多いため、携行性にも優れています。

ただし携行性に優れている分、コンパクトな商品が多い点に注意してください。

タナ
タナ
大人数で楽しみたい場合は使用サイズを必ず確認しておきましょう

リラックスしながら焚き火鑑賞や焚き火調理・食事を楽しめ、携行性の高いロースタイルの焚き火台は、様々なスタイルのキャンパーに人気があります。

直火に近い焚き火台の選び方

直火に近い焚き火台を選ぶ時のポイントは、以下の5点です。

ここからは選び方のポイント5点を詳しくお伝えしていきます。

タナ
タナ
選び方のポイントを押さえて、自分のスタイルに合った商品を選びましょう!

サイズは使用人数で決める

直火に近い焚き火台で味わえる、地面から真っ直ぐ上がる炎や、足元からじんわり暖かかくなる炎の暖かみを楽しむにはサイズ感が重要です。

タナ
タナ
焚き火鑑賞や焚き火調理を1〜2人の少人数で行う場合は、コンパクトな焚き火台でも十分楽しめます

一方グループやファミリーなどの大人数で使用する場合は、小さすぎると炎が見にくくなったり、暖かさがあまり伝わらなかったりします。

タナ
タナ
大人数で使用する焚き火台は、火床の広い商品がおすすめ!

火床が広いと薪も焚べやすく炎も大きくなり、大人数でも焚き火鑑賞を楽しめます。また焚き火台を囲むことで、暖かさも満遍なく伝わります。

タナ
タナ
焚き火台にはソロ用やファミリー用、目安の使用人数が記載されている商品もあるので、参考にして人数にあったサイズの焚き火台を選びましょう

地面から近くて低い焚き火台を選ぶ

直火に近い焚き火を楽しむためには「地面から近くて低い」商品を選ぶのは外せないポイントです。

タナ
タナ
地面に近ければ近いほど直火のような焚き火を楽しめます

低い焚き火台に合わせてロースタイルや地べたスタイルであれば、薪を焚べたり調理したりするにも丁度いい高さです。

タナ
タナ
ロースタイルや地べたスタイルで、ワイルドに焚き火を楽しみたい方は、地面に近い高さの焚き火台を選びましょう!

火床が広いと直火感をより味わえる

火床が広いとまるで地面へ薪を焚べているかのような感覚で、直火感を味わえます。

また火床が広い焚き火台は、焚き火を起こす際に枯葉や気枝を使った「焚き付け」を円錐状に組んだり、井の字型に組んだりと色々な形を楽しめます。

タナ
タナ
枝や木を集めて火が付きやすいようにするのが「焚き付け」です

火床が広く平らだと、地面のように自由な形で「焚き付け」を組むことが可能。

豪快で大きな炎の焚き火も楽しめます。

タナ
タナ
薪を井の字型に組めば、キャンプファイヤーのような焚き火も可能です!

様々な形の焚き付けや薪の組み方が存分に楽しめ、迫力のある焚き火の「直火感」を味わえるのでおすすめです。

付属品に注目!焼き網や五徳が付属なら調理も楽しめる

直火に近い焚き火台で、焚き火調理も楽しみたいのであれば、付属品も確認しておきましょう。

焼き網や五徳が付属していればお湯を沸かしたり、焼き物をしたり焚き火調理が可能です。

タナ
タナ
またスピットが付属していれば、スピットを五徳代わりにしたり、串刺し調理をしたりできるため焚き火調理の幅が広がります

付属していなくても、別途オプション品で販売している場合もあります。

焚き火をする際、焚き火調理も楽しみたい場合は付属品や、別途オプション品をチェックしておきましょう。

コンパクトに収納できると持ち運びに便利

キャンプ場に持ち運んで使用するため、持ち運びやすい収納サイズかどうかも大事なポイントです。

よりコンパクトにできるよう火床が折りたたみ式の商品や、メッシュ素材でくるくる丸められる商品もあります。

タナ
タナ
ただしその分使用サイズもコンパクトになってしまうため、大人数で使用する場合は注意が必要です

大人数で使用するタイプにも収納サイズがコンパクトになる折りたたみ式や、組み立て式の商品があります。

よりコンパクトで持ち運びやすい商品を探している方は、折りたたみ式や組み立て式の商品を選びましょう。

直火に近い焚き火台を使うときの注意点

ここからは直火に近い焚き火台を使用する時の注意点をお伝えしていきます。

タナ
タナ
安全に使用するために注意しておきたい2つの注意点をお伝えしていきます

注意点を意識して、安全に楽しく焚き火を楽しみましょう。

地面の影響を考慮して「焚き火シート」を使用する

焚き火台を使用していても焚き火台の高さが地面に近いと、熱が地面に伝わりやすく地面が焦げたり、引火したりする可能性があります。

タナ
タナ
最悪の場合、木々や芝生に引火して火事になることも…

焚き火台を使用していても地面への影響を考慮して、耐熱や耐火性のある焚き火台シートや、焚き火台プレートを使用して安全に焚き火を楽しみましょう。

フラットな場所に焚き火台を設置する

凸凹した場所や、斜めになっている場所に焚き火台を設置するとバランスが悪く、倒れてしまう可能性があります。

タナ
タナ
凸凹した石などがあると高さの低い焚き火台にあたり、傷が着いて破損してしまう事も

またバランスを崩した際に、周囲に引火してキャンプ道具に穴があいたり、地面が焦げたりするリスクも高くなります。

そのため焚き火台の設置は、なるべくフラットな場所を探して設置するようにしましょう。

直火に近い感覚を楽しめるおすすめの焚き火台4選

ここからは直火に近い感覚を楽しめる、おすすめの焚き火台を紹介していきます。

タナ
タナ
地面と火床が近い商品が多いので、焚き火シートを敷くなどして、安全に焚き火を楽しみましょう!

おすすめ商品の価格やスペック、特徴もお伝えしていくので、気になった商品があったらぜひチェックしてみてください。

※商品の価格表記は公式サイトの税込価格ですが、一部Amazonの税込価格(2022.9月)を表記しています。

UPI(ユーピーアイ):タキビズム リアル ファイヤースタンド ジカビ スタンダードM

焚き火に関するアイテムを販売している「UPI」のこだわりの焚き火台です。

タナ
タナ
ネーミングにもあるように「直火」がコンセプトになっています

サイズはS/M/Lと3段階あるため、使用人数によってサイズ選びが可能です。

火床は円状で風防となる壁はないため、どの角度からでも立ち上がる美しい炎を楽しめます。

中心にある焚き火台の周りには保温・暖め用にクッカーを置いたり、湿った薪を乾かしたりできるスペースがあります。

またオプション品には、焚き火台と合わせて使用できるフライパンやケトルがあるため、焚き火調理を楽しみたい場合は合わせて購入しておきましょう。

タナ
タナ
同じブランドで揃えるとサイズ感や、見た目の統一感もでるのでおすすめ!

焚き火調理には別途オプション品の購入が必要ですが、ワイルドでカッコいい直火に近い焚き火台を探している方に、おすすめの焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:17,600円(税込)
  • 使用サイズ:直径40×高さ7cm
  • 収納サイズ:直径40×高さ7cm
  • 重さ:1,150g
  • 素材:ステンレス
  • 付属品:-

タキビズム リアル ファイヤースタンド ジカビ スタンダードMの購入はこちら

Wolf&Grizzly(ウルフアンドグリズリー):ファイヤーセーフ

火床が折りたたみ式で、コンパクト収納なため携行性が高い焚き火台です。

タナ
タナ
重さも1kgを切る軽さ!徒歩やバイクキャンプでも気軽に持ち運びできます

ステンレス製で見た目はシンプルなため、頑丈で飽きがこず長く使用できます。

焚き火調理には別途オプション品の「グリルM1」を設置すれば色々な焚き火調理が楽しめます。

タナ
タナ
ほぼ地面と同じような位置に火床があるため、下からじんわり暖かかくなるような直火特有の暖かさも感じられます

火床は少し小さめですがソロキャンプで最適なサイズ感のため、ソロキャンプで徒歩やバイクキャンプに直火に近い焚き火台を使用したい方におすすめです。

【スペック】

  • 価格:10,780円(税込)
  • 使用サイズ:幅28.6×奥行き27.8×高さ5cm
  • 収納サイズ:幅29.2×奥行き10.5×高さ2cm
  • 重さ:910g
  • 素材:ステンレススチール
  • 付属品:収納ケース
created by Rinker
ウルフアンドグリズリー(Wolf & Grizzly)
¥8,624 (2022/09/27 10:06:02時点 Amazon調べ-詳細)

Bush Craft(ブッシュクラフト):ウルトラライト ファイヤースタンド

ウルトラライト(超軽量)をコンセプトとするブッシュクラフトの焚き火台です。

タナ
タナ
重さはなんと352gの超軽量級です!

ウルトラライトファイヤースタンドのコンセプトは「直火の代用」。

コンセプト通り、火床はフラットで地面に近いため直火のような焚き火を楽しめます。

さらに地面を少し掘って設置できる設計になっていて、地面を掘って設置すれば直火に近い焚き火も楽しめる設計です。

タナ
タナ
焚き火調理は別途オプション品の「ステーブルスキット」を設置すれば焚き火調理も楽しめます

しかしその上に乗せるゴトクや網は販売していないので、サイズに合ったアイテムの用意が必要です。

焚き火調理より焚き火鑑賞をメインに楽しみたい方や、ウルトラライト(超軽量)キャンプで直火に近い焚き火台を使いたい方に、おすすめの商品です。

【スペック】

  • 価格:9,680円(税込)
  • 使用サイズ:幅35×奥行き44×高さ8cm
  • 収納サイズ:幅44×奥行き7×高さ7cm
  • 重さ:352g
  • 素材:チタン・ステンレスメッシュ
  • 付属品:ステンレスメッシュ・ステーブルスキッド ×2・サイドバー ×2
created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥9,680 (2022/09/27 10:06:03時点 Amazon調べ-詳細)

BEARBONSE(ベアボーンズ):カウボーイグリルチャコールトレイ

LEDランタンで有名なベアボーンズの、スチール製で無骨な見た目の直火に近い焚き火台です。

タナ
タナ
地面からの高さは10cmと直火に近い焚き火を楽しめます

付属品に脚を延長できるパーツがあるので、10cmが低すぎる場合は延長パーツを使用して26cmの高さにできます。

火床が円形のため焚き火鑑賞は、どの場所からでも低い位置から燃え上がる炎を楽しめます。

タナ
タナ
別売りオプション品の「ファイヤーピットグリルグレート」を購入すれば焚き火調理も可能です

円形で収納サイズが変わらないため、多少持ち運びにくさがあります。しかし別途収納ケースも販売されているので、同時に購入しておくと安心です。

無骨スタイルでかっこよく、直火のような焚き火を楽しみたい方におすすめの焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:7,480円(税込)
  • 使用サイズ:幅53.9×幅47×高さ10cm
  • 収納サイズ:幅53.9×幅47×高さ10cm
  • 重さ:3,538g
  • 付属品:専用脚

【番外編】焚火台マクライト

広い火床を持ち、焚き火鑑賞や焚き火調理に大活躍する商品です。

「焚き火台マクライト」は直火に近い焚き火台をコンセプトにしていませんが、低い火床の設定で、直火のような焚き火も楽しめます。

タナ
タナ
さらに軽量コンパクトで携行性が高いのも嬉しいポイントです

焚き火鑑賞では広い火床でさまざまな薪の組み方ができ、薪も焚べやすいため炎を絶やさず迫力ある焚き火が楽しめます。

タナ
タナ
グループキャンプでも焚き火を囲って焚き火鑑賞できるサイズ感です

焚き火調理ではゴトクを3段階違う位置に設置可能。遠火で調理したい時はスタンドへ、炭火や織火でじっくり調理したい時はサイドパネルへ、火力をあげて豪快に調理したい場合は直火調理もできます。

ソロでもグループでも楽しめる丁度いいサイズ感の焚き火台なので、焚き火鑑賞や焚き火調理を思う存分楽しみたい方、全てにおすすめしたい焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:12,980円(税込)
  • 使用サイズ:幅36×奥行き40×高さ32cm
  • 収納サイズ:幅21×奥行き40×高さ2.5cm
  • 重さ:929g
  • 付属品:ゴトク・収納ケース

▶TOKYO CRAFTS【焚火台マクライト】の購入はこちら

直火NGでも使える!直火に近い焚き火台でワイルドキャンプ

直火に近い感覚で焚き火を楽しめる、高さの低い焚き火台を紹介するとともに、選び方や注意点もお伝えしてきました。

タナ
タナ
直火感を味わえる焚き火台は、自然に溶け込むような焚き火を楽しめるため、無骨スタイルやワイルドなキャンプを求めている方に特におすすめです

気になる焚き火台が見つかったら、焚き火台だけでなく安全に焚き火を楽しむために、必要な焚き火台シートなども同時に購入しておきましょう。

まだ欲しい焚き火台が見つかっていない方は、選び方などを参考に自分のスタイルに合った、お気に入りの焚き火台をみつけてみてください。

▼焚き火関連記事

バーベキュー兼用OKな焚き火台おすすめ10選!ソロから大人数向けまでおすすめ商品を紹介!

無骨焚き火台おすすめ10選!おしゃれでかっこいい商品を厳選して紹介!

焚き火リフレクターおすすめ10選を紹介!メリットや選び方も詳しく解説

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

焚き火台マクライト