FIELDOORのワンタッチテント100を徹底紹介!神コスパでおすすめです【テントバカ】

尾上
尾上
こんにちは、尾上祐一郎です。

今回は『FIELDOOR ワンタッチテント100』を紹介します。

テントを100個以上所有する”テントバカ”こと祐一郎が見つけた、低価格で良質なテントです。ぜひ最後までご覧ください。

▼今回の記事を動画で見たい方は、こちらをどうぞ!

ご紹介するテントはこちらです。

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

【FIELDOOR】ワンタッチテント100のスペック

FIELDOOR ワンタッチテント100

FIELDOOR ワンタッチテント100のスペックはこちらになります。

FIELDOOR ワンタッチテント100

5000円台とは破格の値段のテントですね!

収納袋の中身は?

FIELDOOR ワンタッチテント100 横入

収納袋は横入れのファスナー式です。

テントなどはバックルで留めるバンドで、固定された状態で入っています。

FIELDOOR ワンタッチテント100 インナーテント

中にはフライシートとインナーテント、アルミ自在のついたガイロープ4本。

FIELDOOR ワンタッチテント100 

スチールペグは13本入っています。先はとがっており、細長いです。

【FIELDOOR】ワンタッチテント100の設営

ではテントの設営に取りかかりましょう。

FIELDOOR ワンタッチテント100 設営

1.インナーテントを広げましょう。

FIELDOOR ワンタッチテント100 設営

ポールが交差している部分に2本ロープがついているので、それを左右に引っ張ると簡単に開きます。

傘を開くような感覚ですね。

FIELDOOR ワンタッチテント100 設営

2.インナーテントが広がったら、四隅をペグダウンしましょう。

FIELDOOR ワンタッチテント100 設営

3.続いてフライシートを上からかけて、四隅をバックルで固定・テンションをかけます。

フライシートは両サイド1ヶ所ずつ、前室2ヶ所、後室1ヶ所の計5ヶ所をペグダウンしましょう。

FIELDOOR ワンタッチテント100 設営

(注意)両サイドと後室のバンドはゴム製ではないので、無理にペグダウンすると生地が破れる可能性があります!!

タナ
タナ
別売りのフック付きゴムバンドを使うと安心ですね!

FIELDOOR ワンタッチテント100 設営

すべてペグダウンしたら設営完了です!

尾上
尾上
結構簡単に立ち上がりましたね~。

テントの機能

FIELDOOR ワンタッチテント100 ベンチレーター

ベンチレーターは、両サイドにひとつずつあります。

どちらもつっかえ棒がついているので、開閉固定可能です。

FIELDOOR ワンタッチテント100 ガイロープ用ループ

ガイロープ用ループは4ヶ所あります。

すべてにガイロープを取り付けると、風にもある程度耐えられそうです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 フライシート出入口

フライシート出入口の生地は、ふたつのトグルで固定できます。

FIELDOOR ワンタッチテント100 フライシートとポールは、ベルクロでの固定

フライシートとポールは、ベルクロでの固定ができます。

風が強い日でも、これのおかげで耐えられると思います。

FIELDOOR ワンタッチテント100 生地は薄め

フライシートの生地は薄めのですね。ポリエステルで耐水圧が1500mm以上。

生地裏にはUVカット加工(UPF50+)がされています。

タナ
タナ
FIELDOORさんのテント生地は薄めなのが多いんですね。

FIELDOOR ワンタッチテント100 機能について

縫製はきれいですが、若干シーム処理にズレがあるような気がします。

そこから水漏れしないか、あとで耐水圧実験で調べてみましょう。

FIELDOOR ワンタッチテント100 機能について

インナーボトムも薄めの生地です。グランドシートを併用したほうが良さそうですね。

素材はポリエステル、耐水圧は1500mm以上です。

【FIELDOOR】ワンタッチテント100の内部仕様

FIELDOOR ワンタッチテント100 テント内

インナーの出入口ドアは、サイドポケットに収納できるようになっています。

FIELDOOR ワンタッチテント100 テント内

テント内からだと、出入口をメッシュにできます。

ただフルメッシュではなく、上の部分だけがメッシュになる仕様です。

タナ
タナ
フルメッシュが多いんですけど、珍しい仕様ですね。ちなみにテローンとなっている生地は、トグルで固定可能です。

FIELDOOR ワンタッチテント100 テント内

天井にはランタンフックがひとつ、両サイドに小物入れがあります。

FIELDOOR ワンタッチテント100 テント内

そして換気用のファスナーがついていますね。

タナ
タナ
最初、ベンチレーターを中から開放できるやつなのかな?と思いましたが、ただの換気用でしたね。

テントの前室

FIELDOOR ワンタッチテント100 前室

前室は幅が60smあるので、けっこう広めですね!!

縦横ともに長さがあるので、ゆったりと使うことができそうです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 前室

テーブルとバーナーを置いてると、こんな感じです。

フライパンを使うときには、バーナーonテーブルの状態で調理できそうです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 前室

クッカーや大きい鍋を使いたいときには、バーナーを下に置いた状態がおススメです。

タナ
タナ
クッカーがフライシートに当たってしまう!なんてことが、このスタイルだと起こりませんね!

インナーテント内

FIELDOOR ワンタッチテント100 インナーテント内

インナーテント内の長さは祐一郎による測定だと、長辺195cm、幅95cm、高さ100cmでした。

高さ以外は、公式の表記よりもすこし小さい結果ですね。

FIELDOOR ワンタッチテント100 インナーテント内

横になってみると、ソロ用テントだとわかります。

タナ
タナ
1人なら窮屈に感じないくらいの幅でした。

キャノピー

FIELDOOR ワンタッチテント100 キャノピー

こちらのテント、前室の生地を跳ね上げてキャノピーを作れます。

タナ
タナ
風が吹いてるときは、ちょっと不安です。

FIELDOOR ワンタッチテント100 キャノピー

キャノピー用のグロメットがついているので、設営も楽ですよ。

【FIELDOOR】ワンタッチテント100の耐水圧実験

では皆さんお待ちかね!恒例かつ重要な”耐水圧実験”です。

フライシート

FIELDOOR ワンタッチテント100 耐水圧実験

いつもどおり大雨を降らせております。

この大雨にフライシートは耐えられるのでしょうか…?

FIELDOOR ワンタッチテント100 耐水圧実験

外側はしっかり撥水しています。

FIELDOOR ワンタッチテント100 耐水圧実験

テント内への水漏れもないですね。

尾上
尾上
フライシートの耐水性能は問題なさそうです!!

インナーボトム

FIELDOOR ワンタッチテント100 耐水圧実験

結果は、角からの水漏れはありませんでした。

タナ
タナ
フライシート・インナーボトムともに、耐水性能はバッチリです。

おまけ:コット入るの?実験

おまけ実験「コットはインナーテントに入るのか?」

FIELDOOR ワンタッチテント100 コット入るの?実験

結果としては、185cmのローコットは組み立てた状態で入りませんでした。

尾上
尾上
どの角度から入れようとしてもダメでしたね。

【FIELDOOR】ワンタッチテント100の撤収

FIELDOOR ワンタッチテント100 撤収

尾上
尾上
撤収も非常に簡単です。

インナーテントはポールを畳んで、ポールに生地を巻きつけてまとめるだけ。

FIELDOOR ワンタッチテント100 撤収

それの上からフライシートを巻きつければ、あとはバンドでまとめて収納袋に入れればおわりです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 撤収

【FIELDOOR】ワンタッチテント100のメリット・デメリット

最後にメリット・デメリットのご紹介です。

メリット

FIELDOOR ワンタッチテント100 メリット

①ワンタッチテント

まず「ワンタッチテントであること」自体がメリット!設営もしやすいですし、撤収もほんとうに楽です。

FIELDOOR ワンタッチテント100 メリット

②低価格

このレベルのテントで5000円台というのは安い!

作りもしっかりしており、非常にコスパがいいテントといえますね。

FIELDOOR ワンタッチテント100 メリット

③ベンチレーター

大きめのベンチレーターが2ヶ所あり、それらが開閉固定可能なのは嬉しいことです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 メリット

④前室が広い

前室が広いので調理可能です!出入口をしめての、引きこもりスタイルを楽しめます。

FIELDOOR ワンタッチテント100 メリット

⑤ガイロープ

アルミ自在もついており、強度もしっかりしています。それに4本あり風にも強いです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 メリット

⑥インナーテントの機能

インナーの出入口が大きい!そしてフルオープン、フルクローズ、上部メッシュにできるのはGOODですね。

両サイドにはファスナーがついており、そこで換気できるのも変わってて面白いです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 メリット

⑦UVカット加工

UVカット加工が施されており、紫外線は99%カットされています。キャンプの大敵”紫外線”も、これで対策バッチリです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 メリット

⑧カラーバリエーションが豊富

ライトベージュ、ダークブラウン、カーキの3種類から選べます。

タナ
タナ
祐一郎的には、この色が素敵だと思いますよ。

デメリット

FIELDOOR ワンタッチテント100 デメリット

①修理不可能

ワンタッチテントであることはメリットでもありますが、同時にデメリットでもあります。

フレームが故障してしまった場合、修理不可能なんです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 デメリット

②ペグダウンで生地が破れる可能性あり

途中で紹介したとおり、フライシートのバンドがゴムではないので、ペグダウンしすぎると生地が破れる可能性があります。

タナ
タナ
別途ゴムバンドの用意をしておくと安心です。

FIELDOOR ワンタッチテント100 デメリット

③夏場は暑い

UVカット加工はされているものの、インナーにメッシュがなく風の抜けが悪いので夏場は暑いです。

FIELDOOR ワンタッチテント100 デメリット

④生地が薄い

値段が安いのでしょうがないかもしれませんが、生地が薄いのは気になりますね。

インナーボトムの下には、グランドシートを敷くことをおススメします。

FIELDOOR ワンタッチテント100 デメリット

⑤シーム処理や縫製

雨漏りはなかったものの、シーム処理がずれていたのは残念ですね。

ほかの人のレビューで「縫製があまく破れやすい」という声もありました。

【FIELDOOR】ワンタッチテント100の総評

FIELDOOR ワンタッチテント100 総評

祐一郎の総評では「コスパがとてもいいテント」です。

多少デメリットになる点はあるものの、5000円台でこのしっかりした作りのテントは、なかなか買えません。

タナ
タナ
自分はけっこういいなぁと思ったテントです。

おわりに

今回は、FIELDOORのワンタッチテント100を徹底解剖しました。

コスパが神がかっているので、個人的にはおすすめのテントです。

良かったら、購入時の参考にしてください!

今後の励みになりますので、良かったらYoutubeのチャンネル登録お願いします!

・尾上祐一郎【テントバカ】

テントについてのご質問などありましたら気軽にご相談ください。

尾上
尾上
最後までご覧いただきありがとうございました!

SNSはこちら!

Twitter:https://twitter.com/yuichiro4416

Facebook:https://www.facebook.com/yuichiro.onoue.1

Instagram:https://www.instagram.com/yuichiroonoue/

 

関連記事

GEERTOPのBIVYテントレビュー!軽量コンパクト・風通しもよくイチオシ【テントバカ】

BUNDOKソロドーム専用のスタンディングテープをご紹介!軽量化で快適キャンプに【テントバカ】

【前室が大きな広いテント4種】テンゲルスタンダード・ツーリングドームST・Hiby3(OEM)・ヒルストーンを比較【テントバカ】

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

焚き火台マクライト