【ミュージシャン×モデル家族のキャンプ道具紹介】ローベンスのテントやアメ車ダッジ ラムバンも登場

タナ
タナ
全世界のみなさん、こんにちは&こんばんは。タナです!

今回、ふもとっぱらキャンプ場で取材するのは、3家族合同ファミリーキャンプをされている方々です。

前回はHUSKING BEEさんのテントにお邪魔しましたが、続いては奥さまがモデルをされているご家族に話しをお聞きします。

▼今回の記事を動画で見たい方は、こちらをどうぞ!

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

キャンパーさん紹介

今回取材させていただくキャンパーさんは、こちらの方々です。

ふもとっぱらキャンプ場 

右の緑の服の女性のご家族に、インタビューさせていただきます。

ふもとっぱらキャンプ場 三ツ星キャンプ

キャンプ道具紹介

奥さまがモデル、旦那さんがミュージシャンという芸能家族、いったいどんなキャンプ道具が出てくるんでしょうか?

そして6人家族ということで、大家族用のギアなども出てくるので注目です。

タープ :【ヒルバーグ】

タープ :【ヒルバーグ】

タープは『ヒルバーグ』。かなり大きなタープなので、6人いてもゆったり使えます。

タープ :【ヒルバーグ】

収納する際はかなりコンパクトになり、めちゃくちゃ軽いそう。

軽量・コンパクトを目指すキャンパーさんにはおすすめのタープです。

キャンプ飯について

キャンプ飯 おでんの残り 雑炊

ここで旦那さんが買い出しから戻ってきました。

お昼ご飯は、昨晩のおでんの汁に卵と冷や飯を入れて、雑炊にするそうですよ。

キャンプ飯 料理

旦那さんは普段から料理をしていて、今回のキャンプ飯も担当しているみたいです!

タナ
タナ
カガミのような旦那さんですね!

テーブル :【コールマン】

テーブル :【コールマン】

キッチンテーブルにしているのは『コールマン』。そこにキレを敷いて調理します。

いつもこのテーブルで立ったまま調理して、食べるときには座るというスタイルです。

カッティングボード :【工房イサド】

カッティングボード :【工房イサド】

こちらは『工房イサド カッティングボード』。木目がとってもオシャレです!

タナ
タナ
イサドさんは木材で色々作っているブランド。カッティングボードも四角いのから丸いのまでありますよ。

カッティングボード :【工房イサド】

カッティングボード好きということで、ほかのブランドもいくつか置かれています。

家にもたくさんあって、そこからいくつか持ってくるそうです。

バーナー :【プリムス】トゥピケ

バーナー :【プリムス】トゥピケ

バーナーは、『プリムス トゥピケ』。このほかにも炭やシングルバーナーも用意しています。

イルミネーション

イルミネーション

頭の上には電飾が。こちらは「夜になっても、電飾の光で自分の拠点がわかるように」とつけているそうです。

タナ
タナ
お子さんもすぐに自分のサイトを見つけられそう!それにきっとキレイなんでしょうね。

フライパン

フライパン

こちらは「トマトソースペンネ」を作ったというフライパン。

家でも使っており、かなり大きいため6人分も余裕で作れそうです。

アウトドアワゴン :【コールマン】アウトドアワゴン

【コールマン】アウトドアワゴン

テーブルの横には、『コールマン アウトドアワゴン』も。たくさんのものを一気に運びたいときには、かなり便利です。

【コールマン】アウトドアワゴン

そして小さなお子さんがいる家では、遊び道具にもなります。

ワゴン内に4人ほど乗って、1人がそれを引っ張って走り回って遊びます。

タナ
タナ
確かに乗りたくなりますよね!!それにそんだけ乗っても壊れず動く、このワゴンもすごいですね。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥8,483 (2021/09/16 10:58:35時点 Amazon調べ-詳細)

クーラーボックス :【コールマン】54QTスチールベルトクーラー

【コールマン】54QTスチールベルトクーラー

こちらは、『コールマン 54QTスチールベルトクーラー』。容量は51リットルあり、6人家族ならこれで十分です。

【コールマン】54QTスチールベルトクーラー

中にはこのあと雑炊になる冷や飯や、冷凍の讃岐うどんなどが。

ちなみに冷凍の讃岐うどんは、カンタンに調理できる食材にもなりますし、保冷剤としても役立つので毎回入れてるそうです。

テント :【ローベンス】

テント :【ローベンス】

つづいては『ローベンス』のテント。デンマークのメーカーで、イギリスのサイトから個人輸入しました。

日本には代理店もあるそうですが、少し値段が高くなるそうです。

テント :【ローベンス】

テントは入り口部分が前にせりだして、タープのようになっています。

サイドにも少しウォールがあるので、横からの風も軽減してくれそう。

テント :【ローベンス】

テント内に入ると、前室的なスペースがあります。

テント :【ローベンス】

テントの天井もかなり高めに設計されているので、身長183cmある旦那さんでも余裕です。

テント :【ローベンス】

そしてその奥には寝室が。

テント :【ローベンス】

寝室はワンルームとしても使えますし、画像のように壁を作って使うことも。

今回は壁を作らず奥さんと子どもたちがここで寝て、旦那さんはコットで寝たそうです。

テント :【ローベンス】

ちなみに寝室は取り外しが可能。

部屋はフライシートに吊ってあるだけなので、取り外せば大きなワンルームとしてテント内を使えます。

タナ
タナ
アレンジ性が高いのは嬉しいですよね。

愛車 :【ダッジ】ラムバン

車 :【ダッジ】ラムバン

愛車は『ダッジ ラムバン』です。

車 :【ダッジ】ラムバン

以前まではVOLVOの5人乗りステーションワゴンに乗ってたそうですが、「6人家族なのでもっと大きいな車が欲しい!」と8人乗りのこちらを購入しました。

車 :【ダッジ】ラムバン

ホントに大きな車で、トランクルームもデカい!!

キャンプ用品はここに積んだままにして、キャンプのときにはラムバン、普段使いはVOLVOと使い分けています。

タナ
タナ
キャンプのために車を用意するなんて!!どっぷりハマっていますね。

車 :【ダッジ】ラムバン

ちなみに2002年で生産終了したモデルなので、中古車で購入。

車体を塗装しなおし、大きいタイヤを履かせてキャンプ仕様にしています。

旦那さんのファッション

最後はファッションについてお聞きしました。

ファッション ブーツ 『L.L.BEAN』

旦那さんの履いてるブーツは『L.L.BEAN』のもの。

キャンプ場ではテントの出入りなどで「靴の脱ぎ履き」が多いため、あらかじめ靴ひもは抜いてあります。

オーバーオール Alexandr Lee Chang

オシャレなオーバーオールは『Alexandr Lee Chang』。

お友達がやっているブランドで、アウトドア系やストリート系のファッションも出しています。ぜひチェックしてみてください。

赤いジャケット 80年代 アメリカ

オーバーオールとの色合いが素敵な赤いジャケットは、80年代のアメリカもので古着です。

帽子 スリーラバース

帽子は、『スリーラバース』という浅草のセレクトショップで購入したもの。
40~50年代のアメリカのベースボールキャップの製法で作っているという、かなりこだわったキャップです。

タナ
タナ
一つひとつがすごくステキで、また組み合わせたときのオシャレさもすごいですね!!

奥さんのファッション

つづいてはモデルの奥さんのファッションについてお聞きしました。

ベスト BAMBOO SHOOTS

まずは暖かそうで機能性もある、こちらのベスト。

中目黒にある『BAMBOO SHOOTS』で、旦那さんにプレゼントしてもらったそうです。

タナ
タナ
旦那さんセレクト…かと思いきや、奥さんがこれ欲しいと言って誕生日にもらったそうですよ(笑)

ベスト BAMBOO SHOOTS

横にはけっこう大きめのポケットがあり、携帯やマスクなど色々入れることができます。

トップス 古着屋

トップスと緑の上着は、お気に入りの古着屋さんで購入したもの。

パンツ キヌタ シスターマーケット

パンツはキヌタのシスターマーケットという、フリマで買ったそうです。

パンツ キヌタ シスターマーケット

靴は『UGG』。キャンプだと汚れるので、古着屋さんで購入したそう。

タナ
タナ
とってもオシャレだし、お買い物上手ですね!!

子供 L.L.BEAN HUNTER ブーツ

お子さんもL.L.BEANにHUNTERのブーツと、とてもオシャレです。

ご家族大集合

ここでご家族が大集合してくれたので、少しご紹介を。

家族紹介 次女

こちらが次女で3人目のお子さんです。

家族紹介 長女 次男

長女は中学1年生でお母さんのようにオシャレですね。そして抱きかかえているのが4人目の次男。

家族紹介 長男

キャッチボールをしているのが長男です。

タナ
タナ
幸せそうなご家族ですね!!

キャンプの頻度は?

キャンプの頻度

キャンプは結構な頻度で行っているらしく、最低でも月に1回。行けるときには月に2回なんてときも。

キャンプの頻度

都内暮らしの子どもたちにとって、少しくらい大声出したり騒いだりしても迷惑にならないキャンプ場はいい環境です。

タナ
タナ
キャンプ場という開放的な空間で、子どもらしく楽しめるのはいいですよね!!

おすすめのキャンプ場ベスト3

おススメキャンプ場 ふもとっぱらキャンプ場

まずおすすめのキャンプ場ひとつめは、ここふもとっぱら。

本栖湖 洪庵キャンプ場

あとは本栖湖の洪庵キャンプ場。

富士五湖の本栖湖や富士山を望みながらキャンプができる、いい場所です。

ネイチャーランドオム

3つめは、ネイチャーランドオム。

道志の森にあるキャンプ場で、サイトが細かく分けられており、他人と干渉ぜずにキャンプを楽しめます。

タナ
タナ
自分たちの世界に没頭できる場所なんですね。今度行ってみたいですね。

おわりに

今回は、3家族合同ファミリーキャンプにお邪魔させていただきました。

見たことがないようなギアや、ファッションの話まで色々聞けて良かったです。

タナ
タナ
最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

【夏のグループキャンプ取材】クーラーボックスなど 人気キャンプ道具紹介 inふもとっぱらキャンプ場 Part1

【キャンプ道具取材】冬のファミリーキャンプ道具の実態調査in道志の森

【親子3人+愛犬で楽しむキャンプ】センス光るキャンプ道具の紹介!【道志の森】

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ