タナおすすめ激安トライポッドの使い方!焚き火料理やダッチオーブンに最適

こんにちは!タナちゃんねるのタナです。
本日は、トライポッドの紹介動画です。
こちらのトライポッドは、以前紹介した動画でも、皆さんにリンクをクリックして頂いていて、かなり購入して頂いています。
そのため、もう少しトライポッドの詳細をご説明できればと思って、新たな動画を作成しました。

※動画ではトライポットと連呼していますが、正しくはトライポッ「ド」です笑

お買い得価格のトライポッド

けっこう使い込んでいるので、こんな感じでだいぶ汚れているんですけど、
Amazonで3,000円くらいするやつですね。

後日確認したところ、また、値段が安くなっておりました!
1580円に。。。安い!
僕が買ったときは2,980円ぐらいだった気がしますけど、気のせいでしょうかね。。

焚き火でも、直火のときでも使えるのでけっこう重宝しています。

組み立て方

三本の支柱で支えるのですが、まず、こういったコネクターがひとつついていて、それに3つ付ける感じです。

早速やっていこうと思います。

棒の種類としては、3本を連結して1つの支柱の長さにします。

一番地面に付く側が、こんな感じですかね?
こういう風になっていて、

連結部分

一番上はこんな感じになっています。

僕はいつも、先に、この3本の棒を全部くっつけて、
これを、こちらのコネクターの

この穴に、こんな感じで回して付けて、

残り2本も同じようにして、今、3つ付きました。

そうすると、こういう風になりまして、

一番上に付いている留め具、留めピンみたいなのを使って

好きな高さで調整できるようになっています。
※留め具の使い方が間違っておりました!このページの下の方に訂正を掲載しているのでご確認をお願いいたします。

火に鍋が近い時にちょっと距離を取ったり、吊り下げるフックの高さを変えることができます。

実際に使うときのイメージ

実際に、いつも使うSOTOのステンレスダッチオーブンがここにあるので、これを吊り下げてみます。

こんな感じですね。

けっこう何度も使ったんですけど、このトライポッドが強度が弱くて倒れたり、グラグラしたりということはそんなにないので、3,000円(購入時)という値段のわりには頑丈なんじゃないかと思っています。

一番上の部分をこんな風に持って、火の当たり具合をちょっと調整したりもできるので、場所を動かすときなど、僕はここを持って動かしたりしています。

留め具の使い方【訂正】

大変申し訳ございません、留め具の使い方が間違っておりました!

こちらが正しい使い方の動画です。

このように、コネクターの上の部分で留め具のピンをチェーンに差し、固定します。

こうすることで、ぐらつかずにしっかりと安定させることができます。

視聴者
視聴者
自分、購入考えているんですが、ロゴスの焚き火台つかってますが、それでも使えますかね?

タナ
タナ
ありがとうございます!!!おそらく焚き火台の高さ、幅などを気にされているのかと思われますが、ピコグリル398(サイズ:組立時 38.5cm×26cm×24.5cm)のサイズであればどこの上でも上の留め具の長さでダッチオーブンが調整できました。
ただし、私のダッチオーブンは確か8インチぐらいの(SOTOステンレスの一番小さいもの)なので、ダッチオーブン自体の高さがあると若干話は変わってきそうですね。。。
恐らく大丈夫だとは思うのですが、、、もしくはもう一段階高さのあるもの、をチョイスするのは無難にありかもしれませんね。

この記事で紹介したアイテム

    YouTubeとSNSもお願いします!!
    • YouTube
    • Instagram

    タナです!コメント待ってます!

    道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

    CAPTCHA