キャンプにおすすめのホットサンドメーカー10選!魅力や選び方も詳しく解説

ホットサンドメーカー おすすめ

ホットサンドはキャンプで人気のある朝食メニューです。

タナ
タナ
ホットサンドを作るにはホットサンドメーカーは必須!

のんびりしたいキャンプの朝でも、ホットサンドメーカーがあれば「簡単・美味しい・おしゃれ」な朝食が楽しめるため、ソロでもファミリーでもとても人気のある商品です。

しかしホットサンドメーカーは色々なメーカーから販売されていて、更にシングルタイプやダブルタイプ、直火式や電気式など幅広く展開しているため、どれを買っていいか悩む方も多いはず…

タナ
タナ
今回は数多く販売されているホットサンドメーカーの中から、おすすめのホットサンドメーカーの紹介です!

ホットサンドメーカーの魅力や選び方もお伝えしていくので、ホットサンドメーカーを買おうか悩んでいる方や、ホットサンドメーカー選びに悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてください。

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

目次

ホットサンドメーカーの魅力

ホットサンドメーカーの魅力は、具材を挟んで焼くだけで料理が完成する、シンプルさにあります。

パンと具材をただ挟むだけでなく、彩り豊な具材を挟めばさらに美味しく、またSNS映えもするため、キャンプだけでなく家庭でも人気のあるアイテムです。

タナ
タナ
ここからはホットサンドメーカーの魅力を詳しくお伝えしていきます

ホットサンドメーカーを買おうか迷っている方はぜひ参考にしてください。

魅力①挟んで焼くだけでホットサンドができる

ホットサンドメーカーの最大の魅力は「挟んで焼く」だけで美味しいホットサンドが完成する所です。

タナ
タナ
パンとパンの間に具材を挟み、焼くだけなのでとても簡単!のんびりしたいキャンプの朝や、サッと調理を済ませたい時にもとても便利です

ホットサンドは具材の内容で、メインの食事にもデザートにもなります。

食事の後、小腹が空いた時にチョコやマシュマロなどパンに挟めば、ホットサンドのデザートも簡単に調理可能です。

タナ
タナ
ホットサンドは調理が簡単で、シーンによって具材を変えて食事を楽しめるため、とても便利で魅力的なアイテムです

魅力②食パン以外にも挟んで調理できる

ホットサンドメーカーは食パン以外の食材を挟んでも調理ができ、ホットサンド以外のアレンジレシピが数多くあります。

タナ
タナ
SNSでは「肉まん」や「お肉」を挟むだけでなく、お好み焼きや餃子を調理しているのも見かけます

ホットサンドメーカーはひっくり返すだけで両面を焼き上げることができるので、食材を返す手間がなく簡単に調理できて、とても便利です。

タナ
タナ
ホットサンドだけでなく「お好み焼き」や「焼き肉まん」など簡単に調理できるため、ホットサンドに飽きてしまってもアレンジが楽しめる魅力的なアイテムです

ホットサンドメーカーの選び方

ホットサンドメーカーはさまざまなメーカーが販売しているだけでなく、熱源や構造などの違いで豊富な種類の商品が展開されています。

タナ
タナ
数多くの種類が販売されているため、どのホットサンドメーカーを選べばいいか悩む方も多いと思います

ホットサンドメーカーの選び方は以下の5つです。

ここからはホットサンドメーカーの選び方5つを詳しくお伝えしていきます。

タナ
タナ
選び方のポイントを押さえて、自分のスタイルに合ったホットサンドメーカーを選びましょう!

選び方①熱源の種類で決める

ホットサンドメーカーは調理の際に「焼く」工程があるため、熱源は必須です。

タナ
タナ
熱源には電気を必要とする「電気式」と、電気を必要としない「直火式」があります

それぞれ、どのような特徴があるかお伝えしていきます。

家庭での使用に便利な「電気式」

電気式はパンと具材をセットして、スイッチを押すだけで調理できるホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
火を使わず電気を熱源にするためヤケドしにくく、お子さんと一緒に調理を楽しめます!

また、焼き上がりを教えてくれる機能がある商品もあり、焼きすぎて焦げてしまう心配もありません。

プレートの取り替え可能な商品では、プレートを替えればワッフルなどスイーツが楽しめるのも嬉しいポイントです。

タナ
タナ
しかし電源が必須な電気式は、アウトドアで使用する為には電源サイトを選ぶかポータブル電源を所持していく必要があります

電源を確保できる場所でキャンプを楽しむ方や、キャンプだけでなく家庭でも気軽にホットサンドメーカーを使いたい方には「電気式」がおすすめです。

アウトドアにはコレ!「直火式」

直火式はコンパクトに収納ができ携行性が高く、丸洗いできるホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
アウトドアに持ち運びしやすく、煤などで汚れても丸洗いできるのが特徴!キャンプで気軽にホットサンドを楽しめます

熱源に火を使用するためヤケドには注意が必要ですが、ホットサンドメーカーに直接火を当てるので予熱の時間が省け、素早く調理できます。

タナ
タナ
直火式は焼き加減を自分で調節できるので、焼き加減にこだわりたい方にもおすすめです

しかし強火を当て過ぎたり、長く火を当て過ぎたりするとパンや具材が焦げてしまうため、直火で調理する際は焼き加減をみながら調理しましょう。

コンセント不要で火元があれば使用できるため、キャンプでこだわりのホットサンドを作りたい方や、汚れたら気兼ねなく丸洗いしたい方には「直火式」をおすすめします。

選び方②人数に合わせてサイズを決める

食事をする人数に合わせて、サイズを決めるのも重要なポイントです。

タナ
タナ
ホットサンドが焼き上がった時に人数分用意できないと、食事のタイミングがバラバラになったり、ホットサンドが冷めたりしてしまいます

ホットサンドメーカーは1枚焼きと2枚焼きができるタイプに分かれていて、1〜2人であれば1枚焼き、3人〜であれば2枚焼きがおすすめです。

タナ
タナ
また1枚焼きには食パン1枚の形のまま焼き上げる「シングルタイプ」と、食パン1枚を2分割して焼き上げる「ダブルタイプ」があります

シングルタイプは具材を多めにいれて、ボリューム満点のホットサンドの調理が可能です。

しかし、2人でシェアする場合は、カットする際具材がもれたり切りにくかったりするのが難点です。

対してダブルタイプはシングルタイプほど具材は入れられませんが、プレートが2分割で仕切られているため、カットの際の手間が省けます。

タナ
タナ
仕切りを境に違う具材を入れれば、1回で2種類のホットサンドの調理が可能です

1人で使用する場合は1枚焼きのシングルタイプ、2人で使用する場合は1枚用のダブルタイプにするなど、人数に合ったサイズを選びましょう。

選び方③分離式だとお手入れ簡単!

ホットサンドメーカーのプレートの取り外しが可能な「分離式」であれば、お手入れが格段にしやすくなります。

特に電気式は丸洗いができないタイプが多いため、本体からプレートを取り外せるタイプであれば、汚れる部分のプレートが洗えるためとても便利です。

タナ
タナ
また、丸洗いできる直火式でも分離式だと、より洗いやすくなります

分離式ではないタイプだと、洗っている途中に口が閉じてしまったり、洗っていない面が蛇口にぶつかったりと、ケガや破損の原因になります。

お手入れしやすく清潔に保てるため、電気式ではプレートの取り外しの有無、直火式では分離可能かチェックしておきましょう。

フライパンとしての活用方法も

直火式のホットサンドメーカーで、分離式の商品はフライパンとしても活用できます。

タナ
タナ
ホットサンドを作りたい時はそのまま使用、フライパンとして使用したい時は分離して使用できるため、分離式のホットサンドメーカーはとても使い勝手がよいアイテムです

キャンプで使用する場合は、調理する料理にもよりますが、別で焼き料理用のクッカーを持っていく必要がなくなるので、荷物の量も減らせます。

ホットサンドメーカーをフライパンとしても使用したい方は、分離式タイプがおすすめです。

選び方④焼くパンの厚さに対応しているか確認

ホットサンドメーカーは大体6〜8枚切りのパンに対応していて、6〜8枚切りのパンであれば厚みのある具材を入れられるので、具だくさんのホットサンドを楽しめます。

6〜8枚切り以外のパンでホットサンドを作りたい場合は、パンの厚さに対応しているか確認が必要です。

タナ
タナ
8枚切り以上のパンの厚さであれば、具材を多めに挟めば使用できますが、5枚切のパンなど厚みがあるとホットサンドメーカーが閉まらない可能性があります

4枚切りや5枚切りなど厚みのあるパンでホットサンドを楽しみたい場合は、何枚切りのパンまで使用できるか必ず確認しましょう。

選び方⑤IH対応商品だと自宅での使用に便利

直火式の商品でもIHに対応していると、自宅でも使用できるため便利です。

ガスコンロの場合は気にせず直火式を使用できますが、IHの場合は対応していない商品を使用すると加熱されず調理できなかったり、逆に高温になりすぎて破損したりする可能性があります。

タナ
タナ
自宅のキッチンがIHで、自宅でもホットサンドメーカーを使用したい場合は、IH対応かどうか確認しておきましょう

ホットサンドメーカーのおすすめ商品5選!【電気式】

ここからは、電気式タイプのホットサンドメーカーのおすすめ商品を5つ紹介していきます。

タナ
タナ
使いやすくお手入れがしやすい、プレートが取り外せる商品をピックアップしました

おすすめ商品の特徴やスペック・価格などお伝えしていきますので、電気式のホットサンドメーカーでどれを買おうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

※商品の価格表記は公式サイトの税込価格ですが、一部Amazonの税込価格(2022.8月)を表記しています。

BRUNO(ブルーノ):ホットサンドメーカー

タイマー付きでパンと具材を入れて待つだけ!カリッと美味しいホットサンドができあがる、キッチン家電で有名なBRUNO(ブルーノ)のホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
別売りのオプションプレートも4種類用意されており、ワッフルやタルトなど幅広く調理できます

使いやすいシンプルなデザインで、使用しない時は立てかけて置けるので収納に幅を取らず便利です。

また収納時、邪魔になりがちな電源コードは脚に巻き付けられるのでスッキリと収納が可能。

タナ
タナ
朝の忙しい時間、目を離していてもタイマーが管理してくれるため、焦げ付いて失敗することもありません

ホットサンドプレートで、さまざまな料理を楽しみたい方や朝時間がないときでも、気軽にホットサンドを作りたい方におすすめの商品です。

  • 価格:7,150円(税込)
  • サイズ:W13.5×H9.6×D24.6cm
  • 枚数:1枚
  • 仕切り:シングルタイプ
  • パンの厚さ(推奨):8枚切り

Vitantonio(ビタントニオ):厚焼きホットサンドべーカーgoood(グード)Ⅱ

具材をたくさん入れても大丈夫!厚みのあるホットサンドを作れる、日本の生活家電ブランドVitantonio(ビタントニオ)の厚焼きホットサンドベーカーです。

タナ
タナ
ホットプレートの厚さが深く、好きな具材をたっぷり入れてボリューミーなホットサンドを楽しめます!

フチをプレスする構造なので、具材をたっぷり入れてもフチから具材が溢れる心配もありません。

通常2枚のパンを使い挟んで焼きますが、厚焼きホットサンドベーカーは1枚のパンを折り畳んでプレス可能。

四角に折ったり三角に折ったり、余ったスペースにはもう1枚同じように折り畳んだパンを入れられます。

タナ
タナ
仕切りのないシングルタイプですが、パンを折りたためば2人分のホットサンドの調理が可能です

厚みのあるボリューミーホットサンドを食べたい方や2人分のホットサンドを一気に調理したい方に、おすすめの商品です。

  • 価格:6,490円(税込)
  • サイズ:約W12.6×D24.4×H10.2cm
  • 枚数:1枚
  • 仕切り:シングルタイプ
  • パンの厚さ(推奨):8枚切り
created by Rinker
Vitantonio (ビタントニオ)
¥5,450 (2022/09/26 15:14:22時点 Amazon調べ-詳細)

ROOMMATE(ルームメイト):2in1ホットサンドメーカー

レトロかわいい見た目のデザインが特徴のROOMMATE(ルームメイト)のホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
オプションにはワッフルプレートが付いているので、2in1ホットサンドメーカーの購入だけで、ホットサンドとワッフルを楽しめます

持ち手が革素材で、カラーリングもレトロを彷彿とさせるカーキとレッドなため、見た目のおしゃれにもこだわりたい方は必見です。

タナ
タナ
価格帯も3,000円台と比較的安いため、ホットサンドメーカーを試しに使ってみたい方にもおすすめ!

おしゃれなホットサンドメーカーを探している方、ホットサンドの他ワッフルも楽しみたい方、予算を押さえたい方におすすめの商品です。

  • 価格:3,280円(税込Amazon2022.8現在)
  • サイズ:W15.6×H10×D19cm
  • 枚数:1枚
  • 仕切り:シングルタイプ
  • パンの厚さ(推奨):6〜8枚切り

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ):マルチサンドメーカーダブルサイズ

タイマー付きで簡単調理!一度に2つのホットサンドを作れるIRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)のホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
2枚同時にホットサンドを作れるので多少横幅はありますが、収納時は縦置きができるため、収納に幅を取りません

ホットサンドを作るプレート以外に、ワッフルプレートも付属しているため別途購入無しでワッフルも調理可能です。

タナ
タナ
別売りのオプションにはタルトやドーナツ、パニーニが作れるプレートが販売されているので、同時に購入しておけば様々な調理ができます

2つ同時にホットサンドを作りたい場合やオプションの購入でさまざまな料理に挑戦したい方に、おすすめの商品です。

  • 価格:7,360円(税込)
  • サイズ:約W25.6×D24.5×H9.7cm
  • 枚数:2枚
  • 仕切り:シングルタイプ
  • パンの厚さ(推奨):8枚切り

DeLonghi(デロンギ):マルチグリル エブリデイ ホットサンドワッフルメーカー

グリルプレート付きで肉も魚も焼ける、DeLonghi(デロンギ)のマルチなホットサンドメーカーです。

グリルプレートで肉や魚が焼けるため、ホットサンドメーカーの本体には油受けも設置されています。

タナ
タナ
キャンプの朝、火を扱うのが面倒くさい場合でも電気があれば、魚料理が簡単に調理可能!ホットサンドメーカーで和食な朝も迎えられます

価格帯は少し高めですが、オプション品など購入せず肉や魚からワッフルまで幅広く使用できるホットサンドメーカーです。

別途オプション品で色々揃えるのが面倒で、ホットサンドメーカー1つでマルチに使用できるアイテムを探している方におすすめの商品です。

  • 価格:14,168円(税込)
  • サイズ:W29.5×D25×H10.5cm
  • 枚数:2枚
  • 仕切り:ダブルタイプ
  • パンの厚さ(推奨):−

ホットサンドメーカーのおすすめ商品5選!【直火式】

ここからは、直火式タイプのホットサンドメーカーのおすすめ商品を5つ紹介していきます。

タナ
タナ
直火式は、フライパンとして使用できる分離式の商品や収納しやすい折り畳める商品などをピックアップしました!

おすすめ商品の特徴やスペック・価格など詳しくお伝えしていくので、どの商品を買おうか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

※商品の価格表記は公式サイトの税込価格ですが、一部Amazonの税込価格(2022.8月)を表記しています。

LOGOS(ロゴス):ホットサンドパン−BA(BJ)

焼き上がりにLOGOS(ロゴス)のトレードマーク「メープルリーフ」が焼印される、ダブルタイプのホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
食パンは耳あり、耳なしどちらのパンでも調理可能!仕切りがついているダブルタイプなので、1回の調理で別の具材のホットサンドも楽しめます

分離式なので、フライパンとしても使用可能なのも嬉しいポイントです。

またハンドル部分も脱着できるため持ち運びしやすく、収納もよりコンパクトにできます。

持ち運びやすさと価格帯の安さで、手に入れやすく扱いやすい商品のため、初めてのホットサンドメーカーにおすすめの商品です。

  • 価格:3,300円(税込)
  • サイズ:W36×D12×H3.5cm
  • 枚数:1枚
  • 仕切り:ダブルタイプ
  • IH対応:不可
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥3,280 (2022/09/26 15:14:25時点 Amazon調べ-詳細)

CHUMS(チャムス):ダブルホットサンドイッチクッカー

フッ素加工が施され、焦げ付きにくく洗いやすいCHUMS(チャムス)のホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
焼き上がりの表面にはブービーバード、裏面にはチャムスのロゴが入っていて、とても可愛らしいホットサンドができあがります!

分離式なのでフライパンとして使用も可能。また仕切りのついているダブルタイプなので片方で目玉焼き、もう片方でウインナーなど分けて使用できます。

子供が喜ぶ可愛らしい焼印とシェアしやすいダブルタイプのため、ファミリーキャンパーにおすすめの商品です。

  • 価格:6,380円(税込)
  • サイズ:W17×H37cm
  • 枚数:1枚
  • 仕切り:ダブルタイプ
  • IH対応:不可
created by Rinker
チャムス(CHUMS)
¥4,591 (2022/09/26 15:14:25時点 Amazon調べ-詳細)

Snow Peak(スノーピーク):ホットサンドクッカー トラメジーノ

ハンドルが折り畳める収納に便利なsnow peak(スノーピーク)のホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
パンは耳を切って使用するタイプ。耳を切り落とすのが面倒な方は、サンドイッチ用のパンを使用するとぴったりハマります

収納時に邪魔になりがちなハンドル部分が折り畳めるので、持ち運びにとても便利です。

タナ
タナ
分離式なのでフライパンとしても使用できます!

8,000円台と少し価格は高めですが、スノーピークならではの保証・修理が受けられるため長く使える商品です。

安心して長く使用できるホットサンドメーカーを探している方におすすめしたい商品です。

  • 価格:8,030円(税込)
  • サイズ:W33×D20.5×H4cm
  • 枚数:2枚
  • 仕切り:シングルタイプ
  • IH対応:不可
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥7,500 (2022/09/26 15:14:26時点 Amazon調べ-詳細)

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ):キャストアルミホットサンドトースター

IH対応で家でもキャンプでもホットサンドが楽しめる、CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)のホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
アウトドアブランドで有名なキャプテンスタッグのホットサンドメーカー!均一に熱が伝わりやすく、ムラなくパンが焼き上がります

分離式なので、取り外してミニフライパンとしても使用できます。

また表面はフッ素加工が施されているため、焦げにくくメンテナンスのしやすいのも嬉しいポイントです。

直火・IH対応とシーンを選ばず使用できるので、自宅やキャンプでホットサンドを楽しみたい方におすすめの商品です。

  • 価格:5,500円(税込)
  • サイズ:W152×D35.5×H3.6cm
  • 枚数:1枚
  • 仕切り:シングルタイプ
  • IH対応:可
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,247 (2022/09/26 15:14:26時点 Amazon調べ-詳細)

Latuna(ラチュナ):ホットサンドメーカー

IHと直火対応で汎用性が高く、さらにフードコーディネーター監修の15種のレシピが付いている、お得感が満載のLatuna(ラチュナ)のホットサンドメーカーです。

タナ
タナ
フッ素コーティングがされているので、焦げ付きにくく汚れも落としやすい仕様です

また分離式のためフライパンとして使用もできます。

価格帯が2,000円台と非常に安く、さらに1年保証も付いているためとてもコスパが良い商品です。

予算を抑えたい方やコスパの良いホットサンドメーカーを探している方に、ぜひおすすめしたい商品です。

  • 価格:2,580円(税込)
  • サイズ:プレート部分13×11.7cm、高さ3.5cm
  • 枚数:1枚
  • 仕切り:シングルタイプ
  • IH対応:可

ホットサンドメーカーを持っていると様々なレシピに挑戦できる!

キャンプの朝食に活躍する、ホットサンドメーカーの魅力や選び方、おすすめの商品などを紹介してきました。

タナ
タナ
ホットサンドメーカーはパンだけでなく、お米で焼きおにぎりを作ったり肉まんを挟んで焼いてみたり…とさまざまなレシピに挑戦できます

キャンプに1つあると料理の幅が広がると同時に、ホットサンド作りはキャンプの楽しい思い出の1つにもなります。

今回お伝えした選び方のポイントやおすすめ商品を参考に、ぜひ自分のスタイルに合ったホットサンドメーカーを見つけてみてください。

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

焚き火台マクライト