軽量&コンパクト焚き火台はソロキャンプで活躍する!選び方やおすすめ商品を紹介

ソロ用の焚き火台で焚き火を楽しむ男性

今やキャンプでは欠かせない「焚き火」。焚き火でキャンプ飯を調理したり、コーヒーやお酒を飲みながら焚き火鑑賞したりと、どれも非日常的でキャンプの雰囲気を存分に楽しめます。

近年キャンプ場のほとんどが直火禁止となっており、焚き火を楽しむには「焚き火台」が必須です。

今回はキャンプスタイルの中でも、ソロキャンプで楽しめる「軽量&コンパクト」な焚き火台をご紹介していきます。

タナ
タナ
ソロキャンプでは、1人で全てのキャンプ道具の持ち運び・設営・片付けをするため、軽量&コンパクトで扱いやすい焚き火台がおすすめです!

ソロキャンプでおすすめの、軽量&コンパクトな焚き火台の紹介とともに、選び方のポイントや注意点もお伝えしていきます。

ソロキャンパーで「持ち運びやすく、使いやすい焚き火台を探している」という方はぜひ参考にしてみてください!

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

焚き火台でソロキャンプを楽しむ!初心者でもわかる選び方は?

ソロキャンプでは1人でも気軽に使える「持ち運びやすさ」が重要なため、軽量&コンパクトな焚き火台がおすすめです。

しかし持ち運びやすさだけで、軽量&コンパクトな焚き火台を選ぶと、薪割りが大変だったり、調理しづらかったりと「焚き火」を楽しめなくなる可能性があります。

ここからはソロキャンプで「焚き火」を楽しめる、焚き火台選びのポイントを6つお伝えしていきます。

タナ
タナ
選び方のポイントを押さえて、自分にあった焚き火台を選んでいきましょう!

持ち運びしやすい1kg以下の軽量なものを選ぶ

軽ければ軽いほど、持ち運びやすくソロキャンプに向いています。

タナ
タナ
軽量な焚き火台はパーツも少なく、組み立てもしやすいためソロキャンプ初心者の方にもおすすめです

しかし軽量すぎると耐荷重の小さい商品が多く、焚き火調理の時にバランスを崩したり、調理器具を思うように載せられなかったりする場合もあります。

より軽量な商品を選ぶ場合は、耐荷重も必ず一緒にチェックしましょう。

折りたたんだ際にコンパクトなものを選ぶ

収納サイズがコンパクトであればあるほど、収納しやすくソロキャンプにおすすめです。

タナ
タナ
ソロ用の焚き火台はコンパクトに収納できる商品が多く、荷物の隙間に収納できる薄さの商品や、A5やB6サイズの大きさに小さく折りたためるタイプの商品もあります

しかしコンパクトに収納できる焚き火台は、使用時のサイズが小さい商品が多いため注意が必要です。

使用時の焚き火台サイズが小さいと、焚き火台に調理器具が載らなかったり、焚き火鑑賞では満足のいく炎が見れなかったりする場合があります。

収納サイズがコンパクトな商品は「所持している調理器具がちゃんと載るか」「薪をくべやすく焚き火鑑賞がしやすいか」必ず使用時のサイズも一緒にチェックしておきましょう。

折り畳みができる焚き火台も厳選して記事にてご紹介しています。合わせてご確認ください。

薪をくべやすいサイズのものを選ぶ

薪のくべやすさは火床の広さによって決まり、火床が広いと薪の移動や、新たな薪をくべるスペースが確保しやすくなります。

そのため焚き火調理では火加減が調節しやすく、焚き火鑑賞では炎を絶やさず焚き火を楽しめます。

タナ
タナ
また火床が広いと市販の薪をそのままくべられ、薪割りせず焚き火できるので、薪割りの手間が省けとても便利です

市販の薪は大体30〜40cmなので、火床の幅が30cm程度ある焚き火台を選びましょう。

調理に欠かせない焼き網・ゴトク付きを選ぶ

焚き火調理をするためには、調理器具を載せられるゴトクや焼き網が必要です。

タナ
タナ
焚き火台によっては、ゴトクや焼き網がセットで付属している商品があり、焚き火台の本体購入のみで焚き火調理が楽しめるので、とても便利!

付属していない場合は100均などで代用可能ですが、サイズが合わないと調理した料理が傾いたり、落ちたりしてしまうことがあります。

タナ
タナ
別途違うメーカーで購入する際は、焚き火台のサイズを測り、焚き火台に合う商品を購入しましょう

また本体にゴトクなど付属していなくても、焚き火台に合った別売りのゴトクや焼き網などの商品が販売されている場合があるので「同じメーカーの方が安心」という方は、別売りの商品もチェックしておくと安心です。

早く火を付けて時短したい人や初心者はロストル付きを選ぶ

「ロストル」とは焚き火台の底に付ける鉄でできた格子の事で、風通しを良くして火がよく燃えるようにする役目をしています。

タナ
タナ
ロストルが付いている焚き火台は、一度火が着けば短時間で安定した火力になります

火力を安定させるまでに時間をあまり掛けたくない方や、着火になれていない初心者の方はロストル付きの焚き火台がおすすめです。

後片付けの手間を省くには灰受け付きを選ぶ

灰受け付きの焚き火台は、灰受けのみ取り外せるので、灰の処理がとても簡単で便利です。

一般的に焚き火台に残った灰は、キャンプ場に設置されている灰捨て場に捨てる場合がほとんど。焚き火台をそのまま運ぶと、途中で組み立て部位が外れて灰がこぼれたり、焚き火台を落として破損したりする可能性があります。

タナ
タナ
軽量&コンパクトな焚き火台の場合、灰受けが装備されている商品は少ないですが、灰受けがついてない場合は、焚き火シートやプレートで灰受けの代用が可能です

灰受けが付いている焚き火台、もしくは焚き火台と一緒に焚き火台シートやプレートを購入しておくと、撤収の際一人でも手間がかからず便利です。

焚き火台のソロキャンプにおすすめ軽量タイプ10選

色々なメーカーから販売されている焚き火台の中から、ソロキャンプにおすすめな軽量タイプの焚き火台をご紹介していきます。

タナ
タナ
軽量なだけでなく、選び方のポイントを押さえた焚き火台のご紹介です

色々なタイプの焚き火台を紹介していくので、きっとあなたにピッタリの焚き火台がみつかるはず…!

商品の特徴や価格もお伝えしていくので、気になった商品があったらぜひチェックしてみてください。

※商品の価格表記は基本的に公式サイトの税込価格ですが、一部Amazonの税込価格(2022年4月現在)を表記しています。

ピコグリル398(PG398) / STC

軽量&コンパクト収納で、ソロキャンプの焚き火台といえば「ピコグリル」というほど認知度が高く、有名な焚き火台です。

軽量&コンパクト収納でありながらも、火床の広さは十分にあり薪割りせず市販の薪をそのままくべられます。

タナ
タナ
薪割りを楽しむキャンパーもいますが、薪割りの手間が省けるのはうれしいポイント!

付属品には携帯性を考慮した収納袋と、焚き火調理の時に実用性のあるスピット(串)2本がついています。

スピットは食材を刺して炭火焼調理に使用したり、焚き火台にそのまま載せればゴトク代わりになったりと、調理の幅が広がる便利な付属品です。

シンプルな見た目で飽きが来ず、焚き火調理するための付属品も揃っているため、ソロキャンプ初心者の方にはとてもおすすめの焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:14,000円(税込Amazon2022.4月時点)
  • 使用サイズ:幅38.5×奥行き26×高さ24.5cm
  • 収納サイズ:幅33.5×奥行き23.5×高さ1cm
  • 重さ:398g
  • 付属品:スピット(串2本)・収納ケース・日本語説明書
created by Rinker
PICOGRILL
¥14,000 (2022/05/28 21:54:32時点 Amazon調べ-詳細)

TOKYOCAMP(トウキョウキャンプ)焚き火台

価格が5,000円以下と比較的安にもかかわらず、焚き火鑑賞だけでなく焚き火調理も十分に楽しめるコストパフォーマンスが良い焚き火台です。

火床のサイズは広く市販の薪を、そのままくべられるため薪割りの手間なく焚き火を楽しめます。

焚き火台の脚は華奢な見た目ですが、耐荷重は10kg。ダッチオーブンなど重い調理器具の使用も可能で、色々な焚き火調理ができます。

タナ
タナ
付属品にはスピットがついているので串焼きしたり、ゴトク代わりにしたりすれば、別途道具を購入しなくても調理が楽しめるのもうれしいポイント!

火床には空気の通りを良くするための穴が空いていて、ロストルがなくても薪がよく燃え炎が安定しやすくなっています。

しかし穴から灰がこぼれやすい構造になっているため、地面が焦げたり草木に引火したりする危険性があるため、使用時は必ず焚き火シートやプレートを敷いて使用しましょう。

比較的安価ですが携帯性と実用性が高く、十分焚き火を楽しめるため「焚き火台の予算を抑えたいけど、ソロキャンプでの焚き火調理・焚き火鑑賞を存分に楽しみたい!」という方に、とてもおすすめの焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:4,980円(税込)
  • 使用サイズ:幅40×奥行き22×高さ26cm
  • 収納サイズ:横30×縦22cm
  • 重さ:965g
  • 付属品:スピット(串2本)・収納ケース
created by Rinker
Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE
¥4,233 (2022/05/28 21:51:24時点 Amazon調べ-詳細)

ニンジャファイヤースタンド / PaaGo WORKS (パーゴワークス)

巻物のようにコンパクトな収納ができ、重さ280gと焚き火台の中でも最軽量クラスの、携帯性に優れた焚き火台です。

収納サイズの記載はありませんが、付属の巻物ケースに全てのパーツを収納し、くるくると巻けるので荷物と荷物の隙間に押し込んで収納できます。

タナ
タナ
重さ280gと驚きの軽さですが、火床の広さはきちんと確保されていて薪割りしなくても、市販の薪がそのままのサイズで使用可能です

付属品でゴトクの記載はありませんが、焚き火台の脚となるパーツが火床の上を交差する構造になっていて、交差したパーツの上に調理器具を載せて調理できます。

ソロキャンプの中でも移動手段が徒歩や自転車で、特にキャンプ道具の軽さを重視している方にとてもおすすめの焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:13,200(税込)
  • 使用サイズ:幅36×奥行き36×高さ30cm
  • 収納サイズ:−
  • 重さ:280g
  • 付属品:収納ケース・火吹き棒
created by Rinker
PaaGo WORKS(パーゴワークス)
¥13,200 (2022/05/28 21:51:24時点 Amazon調べ-詳細)

男前ファイアグリル / tent-Mark DESGINS(テンマクデザイン)

シンプルな見た目で飽きがこず、組み立て簡単で軽量な焚き火台です。

折りたたみ式の構造のため、折りたたまれている脚を開くだけで簡単に組み立てが完了します。

タナ
タナ
オールチタン製でできているため耐腐食性があり耐久性も高く、長く使用できる焚き火台です

本体はV字の縦長構造になっているため、ある程度大きい薪もくべられますが、火床の底が地面に近く地面にダメージを与えやすいので、必ず焚き火台シートやプレートを使用しましょう。

付属品にはチタン製のしっかりしたゴトクが付いていて、別途ゴトクを用意しなくても焚き火調理が楽しめます。

タナ
タナ
本体のサイドにあるサポートバーを取り付けると耐荷重が4kgとなり、鉄板や鍋の使用が可能!調理の幅が広がります

組み立てが簡単で調理しやすい焚き火台を探している方や、耐久性がより高い焚き火台を探している方におすすめの焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:9,900円(税込)
  • 使用サイズ:幅25×奥行き20×高さ15cm
  • 収納サイズ:幅31×奥行き16.5×1.5cm
  • 重さ:493g
  • 付属品:収納ケース・ゴトク
created by Rinker
テンマクデザイン
¥9,900 (2022/05/28 21:49:59時点 Amazon調べ-詳細)

フラットパックグリルS / UCO(ユーコ)

収納サイズの高さがわずか3.5cmで荷物の隙間に、スッと入れられるスマートな焚き火台です。

タナ
タナ
組み立ては、折りたたまれているパーツを広げるだけの簡単設計です

本体は空気を取り入れつつ熱を逃さず、効率的に薪を燃焼できる構造になっているため、安定した焚き火調理を楽しめます。

また調理に便利なバーベキューグリルが付属しており、ゴトク代わりになるため本体購入のみで焚き火調理が可能です。

タナ
タナ
もちろんグリルに直接食材を置けばBBQもできます!

火床はそこまで広くないものの、薪を斜めに入れれば薪割りをせず市販の薪をくべられるので、薪割りの手間なく焚き火を楽しめます。

バックパックの背面に収納できる軽量さとコンパクトさでありながら、焚き火調理や焚き火鑑賞がしやすいので、バックパックスタイルで焚き火を存分に楽しみたい!という方におすすめの焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:5,940円(税込)
  • 使用サイズ:幅24.1×奥行き17.8×高さ20.3cm
  • 収納サイズ:幅27×奥行き18×高さ3.5cm
  • 重さ:832g
  • 付属品:ファイヤーピット・バーベキューグリル・収納ケース

ZEN PIT(ゼンピット) / ZEN Products(ゼンプロダクツ)

A4サイズのコンパクト収納で持ち運びしやすく、焚き火調理時はゴトクを2つの違う高さで設置できます。携帯性と調理しやすさを兼ね備えた焚き火台です。

コンパクトな収納サイズですが、火床は広く薪割りをしなくても市販の薪がそのままくべられます。

タナ
タナ
また調理がしやすい設計で、火床・中段・上段とゴトクをうまく活用することで、火力調節がしやすいのもうれしいポイントです

骨組みのフレームにくぼみがあり、付属の丸棒2本はくぼみに設置する事でゴトクとして使用可能です。

ただし付属品や別途購入品で網やプレートなどは販売されていないため、BBQや鉄板焼がしたい場合は、別途用意が必要なので注意してください。

網や鉄板など別途用意は必要ですが、直火調理や遠火での調理などを使い分けて、ソロキャンプでも様々な焚き火調理を楽しみたい!という方にとてもおすすめな焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:13,800円(税込)
  • 使用サイズ:幅30×奥行き22×高さ20.5cm
  • 収納サイズ:幅28.5×奥行き20×高さ1.5cm
  • 重さ:700g
  • 付属品:丸棒(2本)・ステッカー

ZEN Product(ゼンプロダクツ)ZEN PITの詳細はこちら

TABI (タビ)/ Belmont (ベルモント)

軽量でありながら耐荷重が15kgとしっかりとした作りで、安定感のある焚き火台です。

通常の使い方でも火床が広く、市販の薪を薪割りせずくべられます。しかし側面の板を外すことで更に大きな薪もくべられるため、大きい炎で豪快に焚き火鑑賞を楽しめます。

タナ
タナ
調理はせず焚き火だけを楽しみたい!という方は、網と側面の板が不要になるため、約298gの超軽量の焚き火台としても使用可能です

付属品には焚き火調理に便利な網と、携帯性を考慮した収納ケースが付いています。

焚き火調理の際、付属品の網がゴトク代わりになるので別途アイテムを購入しなくても焚き火調理ができます。

タナ
タナ
さらに焚き火調理の幅を広げたい!という方は、別売りのグリルエクステンションの購入がおすすめです

グリルエクステンションを取り付けると、焚き火台の全面にクッカーが載せられ調理の時短や、大きめの調理器具が使用できます。焚き火調理を存分に楽しみたい方は、焚き火台と一緒に購入しておきましょう。

安定感抜群で耐荷重が高く調理しやすい焚き火台なため、スキレットやダッチオーブンなど重たい調理器具で、手の込んだ焚き火調理をしたい!という方におすすめの焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:11,000円(税込)
  • 使用サイズ:幅23.7×奥行き36×高さ17cm
  • 収納サイズ:幅17.8×奥行き36×高さ1.5cm
  • 重さ:478g
  • 付属品:網・収納袋
created by Rinker
Belmont(ベルモント)
¥10,670 (2022/05/28 21:54:33時点 Amazon調べ-詳細)

DOD(ディーオーディー)秘密のグリルちゃん

ポケットサイズに収納できる、コンパクトで軽量な焚き火台です。

火床はメッシュ生地で「少し頼りないかな?」と感じますが、特殊な耐熱メッシュでできているため、薄く軽量ながらも安心して焚き火を楽しめます。

タナ
タナ
火床は広く設計されているので市販の薪を割らず、そのままのサイズで使用可能です

付属品は焼網が付いていて、1本ずつ本体フレームに装着する設計。1本ずつ装着するのは少し手間ですが、片付けの際は1本ずつ丸洗いでき、炭汚れ等も落としやすいので便利です。

焼網はゴトク代わりにもなり、耐荷重は5kg程度あるのでダッチオーブンなど重たい調理器具を使用しなければ、安心して焚き火調理を楽しめます。

タナ
タナ
もちろん焼網の上にそのまま食材を置いて、BBQスタイルも可能です

焚き火鑑賞を楽しみたい場合は、焼網を外せばストレスなく薪の追加や薪いじりができ「焚き火調理」と「焚き火鑑賞」の2つを存分に楽しめます。

ポケットに入れられる程コンパクトサイズなので、ソロキャンプでも徒歩や自転車キャンプでコンパクトさを最重視している方におすすめです。

【スペック】

  • 価格:4,400円(税込)
  • 使用サイズ:幅34×奥行き34.5×高さ19.5cm
  • 収納サイズ:幅30×奥行き7×高さ5cm
  • 重さ:610g
  • 付属品:キャリーバッグ・焼網

ブッシュクラフト「ウルトラライトファイヤースタンド」

地面へのダメージを最小限にしつつ、火床の高さが地面に近いため、直火のような焚き火を楽しめる焚き火台です。

焚き火台の高さが全体的に低く、バランスが安定しているため太く重いサイズの薪でも安心してくべられます。

また火床の広さも十分にあるため、市販の薪も問題なくそのまま使用可能です。

タナ
タナ
収納サイズは火床がメッシュ素材のためロール収納が可能で、荷物の隙間にも収納できるので持ち運びにとても便利!

付属品は本体パーツのみで、焚き火調理する際は同メーカーから別売りで販売されている「ステーブルスキッド2本」と別途、焚き火台サイズに合わせたゴトクが必要です。

直火のようなワイルドな焚き火が楽しめますが、火床が地面に近いので芝生など草木が生えている所では注意が必要です。

タナ
タナ
地面や草木に引火したり焦がしたりしないよう、焚き火台を使用する際は必ず焚き火シートやプレートを使用しましょう

地面から近い位置で焚き火が楽しめるため、直火に近い焚き火を楽しみたい方にぜひおすすめしたい焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:9,680円(税込)
  • 使用サイズ:幅35×奥行き44×高さ8cm
  • 収納サイズ:幅44×奥行き7×高さ7cm
  • 重さ:352g
  • 付属品:収納ケース
created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥9,680 (2022/05/28 21:51:26時点 Amazon調べ-詳細)

Wolf&Grizzly (ウルフアンドグリズリー) ファイヤーセーフ

蛇腹状のパネルでできた火床と、折りたためるフレームからなるコンパクトな焚き火台です。

焚き火台の高さが低く安定感のある構造で、火床も広いので市販の薪をそのままくべられます。

しかし火床が地面に近いため地面に熱が伝わり、焦げたり引火したりする可能性があります。

タナ
タナ
焚き火台使用時は、必ず焚き火シートやプレートを使用しましょう

蛇腹状のパネルは取り外しができるので、使用後はパネルのみ取り外して灰捨てが可能でとても便利です。

付属品に焚き火調理用のゴトクなどは付いていませんが、同メーカーから別売りで販売されている「グリルM1」を一緒に購入すれば、焚き火調理を楽しめます。

タナ
タナ
焚き火調理も楽しみたい方は、焚き火台と一緒に「グリルM1」も購入しておきましょう!

バックパックの隙間にも滑り込ませられるような薄さの収納サイズなので、装備をコンパクトにしたいソロキャンパーや、徒歩・バイクキャンプをしている方におすすめの焚き火台です。

【スペック】

  • 価格:10,780円(税込)
  • 使用サイズ:幅28.6×奥行き27.8×高さ5cm
  • 収納サイズ:幅29.2×奥行き10.5×高さ2cm
  • 重さ:910g
  • 付属品:ジッパー付き収納ケース
created by Rinker
ウルフアンドグリズリー(Wolf & Grizzly)
¥8,947 (2022/05/28 21:51:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウルフアンドグリズリー(Wolf & Grizzly)
¥14,080 (2022/05/28 21:52:24時点 Amazon調べ-詳細)

【番外編】TOKYO CRAFTS(トーキョークラフト):マクライト

TOKYO CRAFTSのマクライト

スリムでコンパクトな収納サイズでありながら、火床の十分な広さからストレスなく焚き火鑑賞や、焚き火調理できるマルチな焚き火台です。

火床の広さは市販の薪をそのままくべられるだけでなく、井の字に薪を組む「井げた式」や、円錐状に薪を組む「山型」など色々な薪の組み方ができます。

TOKYO CRAFTSのマクライトで薪を組んでいる様子

タナ
タナ
色々な焚き火の炎を見れるので、より焚き火鑑賞を楽しめます!

ゴトクは2箇所設置できる構造になっていて、遠火で調理したい場合はフレームへ設置、熾火や炭でじっくり火を入れたい時は風防へ設置、というように料理によって使い分けできます。

TOKYO CRAFTSのマクライトでケトルの湯を沸かす

またゴトクがずれにくい構造のため、とても調理しやすい焚き火台です。

タナ
タナ
使用後の灰捨て時は、風防を外せば一気に灰を片付けられるためとても便利!

十分に余裕がある大きさの焚き火台ですが、ソロキャンプでも広々とした焚き火台を使いたいという方や、遠火や直火を使い分け「焚き火調理」を楽しみたい方におすすめの焚き火台です。

ファミリーでも使える火床の大きさなので、ファミリーでもソロでも使いたい方はぜひ!

TOKYO CRAFTSのマクライトで火を囲んでいる様子

【スペック】

  • 価格:9,878円(税込)
  • 使用サイズ:幅36×奥行き40×高さ32cm
  • 収納サイズ:幅21×奥行き40×高さ2.5cm
  • 重さ:本体794g/ゴトク135g
  • 付属品:ゴトク・収納ケース

マクライトの商品詳細ページはこちら

マクライトの口コミやレビューも合わせてご確認ください。

焚き火台(ソロ用)を使用する際の注意点

購入したい焚き火台が決まったら、次は焚き火台を使用する際に、知っておきたい注意点の確認です。

ソロキャンプで安心して焚き火を楽しむためには、注意点が3つあります。

タナ
タナ
注意点をしっかり確認して安全に焚き火を楽しみましょう

焚き火台の設置場所

焚き火は火の粉が舞うと離れた場所でも引火する可能性があります。

タナ
タナ
火事にまで至らなくても、お気に入りのキャンプ道具や洋服に火の粉がついてしまい、穴が空いてしまうことも…

そうならないためにも、キャンプ道具との距離を保って、焚き火台を配置するようにしましょう。

目安としてはテントから、3m以上距離を置くと安心です。

焚き火シートやプレートで自然に配慮

直火禁止エリアで使用する焚き火台ですが、それだけでは地面への熱を遮れない場合があります。

焚き火台の熱で地面が焦げたり、草木に火が引火しやりしないよう、焚き火シートやプレートを必ず使用しましょう。

就寝時間30分前には消火を

キャンプ場では大体就寝時間が定められており、その時間を過ぎての焚き火や薪の追加は禁止されています。

就寝時間にテント内に焚き火台をしまう場合、就寝時間ぴったりに焚き火の炎が見えなくなったからといってテント内に収納するのは危険です。

タナ
タナ
焚き火は炎が見えなくなっても20〜30分は、焚き火台の中で燃えていたり、熱を持ったりしています

完全に鎮火してからテント内に収納できるよう、就寝時間30分前には消化できるように逆算して火加減の調節しておきましょう。

焚き火台でソロキャンプをより楽しい時間にしよう

ソロキャンプで活躍する軽量&コンパクトな「焚き火台」を紹介してきました。

軽量&コンパクトなだけでなく、他にも選ぶ際に注意しておきたい「火床の広さ」や、「付属品」についてもお伝えしてきました。

自分のスタイルにあったお気に入りの焚き火台は見つかったでしょうか?

タナ
タナ
まだ見つかっていない方は、焚き火台で何を1番楽しみたいかで選ぶと、選びやすくなります!

焚き火で、より楽しいソロキャンプ時間を過ごすために、自分のスタイルに合ったお気に入りの焚き火台を見つけてみてください。

コスパの良い焚き火台折り畳みできる焚き火台についても紹介していますので、合わせて記事をご確認くださいね。

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

焚き火台マクライト