ソロキャン!炭火を使ってイチから和牛ハンバーグを作ってみた

こんにちは!タナちゃんねるのタナです。今回私は、再び神奈川県秦野市にある「滝沢園キャンプ場」に行ってきました。ここは、都内からだと車で1時間〜1時間半ほどで行ける、川遊びのできるキャンプ場で、直火で炭火料理ができるため、タナのお気に入りなんです! 前回は、鉄板焼きやお好み焼きを作りましたが、今回は和牛ハンバーグとフライドポテトに挑戦! すっごく美味しいですよ。さらに、今回はお泊りキャンプだったので夜空や明け方のタイムラプス撮影もあります。ぜひ下の動画と合わせてご覧くださいね。

まずは滝沢園キャンプ場・基本情報のおさらいを

「滝沢園キャンプ場」は、神奈川県秦野市・丹沢大山国定公園の表丹沢水無渓谷にあります。清流沿いに広がる大自然の中のキャンプ場で、バンガローやロッジなどいろいろな宿泊施設があり、人数や目的に合ったスタイルのアウトドアライフが楽しめるのが特徴です。直火での焚き火ができるのも魅力なんです。

滝沢園キャンプ場 基本情報

・所在地:神奈川県秦野市戸川1445
・電話番号:0463-75-0900
・場内の施設:民宿・バンガロー・ロッジ・山荘・テント・ログハウス・フリーサイト・オートキャンプ
・予約方法:予約・問い合わせは電話でお願いします
・公式HP:http://takizawaen.com/

滝沢園キャンプ場 へのアクセス

・車の場合:東名高速中井秦野インターより約10Km→滝沢園キャンプ場(約20分)
・電車の場合:小田急線・渋沢駅より神奈中バス大倉行き→大倉終点下車→滝沢園キャンプ場(徒歩約10分)

今回も川のそばに設営をします!

今回はお泊りキャンプなのでテントを設営します

今回タナが基地としたのは、前回お好み焼きを作ったときに陣取った場所の近くです。前回は軍モノの毛布を敷いた地べたスタイルで行きましたが、今回はテントを設営します。使ったのはモンベルのクロノスキャビン4型で、前室が広々としているのが特徴です。




どうですか? サクサクと鮮やかな手つきで設営を進めるタナです。川側のサイトは、小石がゴロゴロしていますが土も硬くてペグもしっかり刺さります。座り心地のいいチェアも組み立てますよ!



まずは石組みかまど作りから始めましょう!

このキャンプ場は、直火の焚き火ができるのが魅力です。まずは、石組みかまど作りから始めましょう!

足でガンガン地面を掘り起こしたら、その周りを大きめの石で囲み、自家製の石組みかまど(コの字石組み)を作ります。この作業をすると、原始人になった気分になる、もともとはワイルドなタナです! 集めてきた枯れ枝を小さく折り、松の枯葉と一緒にかまどに詰め込んでいきます。



【タナ料理長の豆知識】

「コの字石組み」のかまどは、その名のとおり、コの字に石を組む方法で、これはひとつの鍋などを熱するときに効率がよいといわれています。大きめな石を6~10個ぐらい用意して、中央に40cm四方の空間ができるようにコの字型に組むのが基本です。コの字の開いている部分は、風上にしてください。あまり高く組んでしまうと燃焼効率が悪くなってしまうので、20センチ〜25センチくらいの高さがいいそうです!

麻紐を使うとあっという間に着火できるんです

ここで取り出したのが「Hogue(ホーグ)」のフィールドナイフです。かっこいいでしょ?ちょっと枝で切れ味を試してみました。す〜っす〜っと抵抗なく切れます。そして取り出したのは麻紐。麻紐を手頃な大きさにカットしほぐして、くるくると丸めたものを枯葉の上に置きます。これやると、簡単に着火できるんですよね。



ほら、あっという間に火がつきました!どんどん小枝をくべ、火吹き棒で風を送り込み、立派な焚き火へと育てます。焚き火ができたらどんどん炭を乗せますよ!オレンジ色の炎がゆらゆらと踊る、いい焚き火が出来上がりました。このメラメラと燃えるオレンジイエローの炎をみると、「ハウルの動く城」に出てきたカルシファーっていう、ちょっとかわいかった炎の悪魔を思い出しちゃうタナです。


【本日のタナの愛用品】

2018年の春夏新作で発表されたのがモンベルの新作「クロノスキャビン」。モンベルでも人気の定番テント、クロノスドームに広々とした前室と屋根が付いたモデルです。

持ち運びに便利な折りたたみ式のチェアです。ヘリノックスの製品は、快適さ・頑丈さ・機能性などを兼ね備えていて、持ち運びもしやすいのでキャンプシーンにはぴったりです!

ホーグはアメリカのメーカーです。握りやすく使いやすく頑丈なナイフは、キャンプシーンでは何かと重宝しますよね。ちょっと値段は高くてもいいものを選んだほうが、結果的にコスパはいいと思います。

オイルランタンに火を灯したらコーヒー&おやつタイムの始まり

カルシファー……じゃなくて、焚き火もいい感じに育ちました。ここでちょっとひと休み!コーヒー&おやつタイムにしましょう!

オイルランタンに火を灯します


ここで取り出したのがオイルランタン!そうなんです。以前、「道志の森キャンプ場」で焚き火をしたときに宣言(?)したんですが、ワタクシ、タナは「大好き、オイルランタン協会」の会長であります。朝でも昼でも夜でも、オイルランタンにポッと小さな炎が灯すのが、キャンプの始まりの儀式なんです。キャンプが始まるぞ〜という雰囲気が出てワクワクするんですよね。焚き火の揺れるオレンジ色の炎と、オイルランタンの淡いイエローの炎……どっちも好きなタナです。炎って、実に表情が豊かで見ていて飽きませんよね。

さあ!コーヒー&おやつタイムにしましょう

さて、いつも愛用のウッドカットボード・ウッドのマグカップ・手ぬぐいを置いてっと。まずは、風の音、せせらぎの音、焚き火のパチパチと爆ぜる音を楽しみながらながら、優雅なコーヒータイムを始めましょう。

ボス「贅沢微糖」をプシュッ!と開けて一服……

「え〜っ!缶コーヒーやん!!!」とか、「せっかく、焚き火起こしたのに缶か!!」とか、「手間をかけて挽きたてのコーヒーを淹れるのが好きって言ってたけど!?」とか、いろいろ突っ込まないでください。繊細なタナなんです。

いつものようにコーヒー豆もミルも持ってきたのですが、なんと、ネルドリップのフィルターを忘れてしまいました! 何かと小さな忘れ物をしてしまうタナですが……今回はやってしまいました(涙)

コーヒーがあるのに淹れられないなんてっ……涙を拭きながら自販まで全力疾走し、やっと入手した缶コーヒーなんです。タナちゃんねる初!「前代未聞・いい感じに焚き火が出来上がったのにお湯も沸かさず自販の缶コーヒーを飲むの巻」でした。

……キャンプですもの。

そんなこともあります! 気を取り直して、手ぬぐいに水を含ませておきます。

【タナ料理長の豆知識】

調理に入る前に、水を含ませた手ぬぐいをカットボードの上に置きましょう。食材を切った後の包丁をぬぐったり・手や指の汚れを拭いたり・食器についたソースを拭いたり、悔し涙をそっと隠したり(違っ!)、何かと重宝するんですよ。タオルだとビショビショになり過ぎるし厚みがあるのでやりづらいんです。平織りの日本手ぬぐいがちょうど使い勝手がいいんですよ。濡れてもすぐに乾きます。

きのこ党VSたけのこ党の戦い(?)

今日のおやつは、コレッ!「きのこの山」と「たけのこの里」です。これって、きのこ党かたけのこ党か、派閥が分かれるところですよね。今回タナは、一度に両方開けちゃうという「大人食い」をします。


ウッドのカッドボードに、きのことたけのこを6個ずつ取り出しました。きれいに並べて、並べ、並べ……きのこがすぐ転がるので、思わずイラッとして柄の部分を食べちゃったタナです。短気なところもあるんです! ふふっ。
そして、きのことたけのこを一緒にパクリ!! ん、GOOD!うんまいです。両者とも甲乙つけがたい。引き分けです!


【本日のタナの愛用品】

「大好き、オイルランタン協会」会長のタナが愛用しているオイルランタンです。フェアハンドは、1893年にドイツで誕生した灯油ランタンのブランドで、シンプルな構造と実用性の高さで世界中の人々の間で愛用されています。

ウッドの丈夫なカッティングボードは、調理時にまな板になるのはもちろんのこと、お盆やミニテーブル、お皿の代わりになるので1〜2個持っていくとキャンプのときに便利ですよ。

次のページからは、料理の下ごしらえが始まります!

この記事で紹介したアイテム

    YouTubeとSNSもお願いします!!
    • YouTube
    • Instagram

    タナです!コメント待ってます!

    道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

    CAPTCHA