山林を処分するための方法は?おすすめの処分方法や処分時の注意点を解説

山林を放置するのはよくありません。なぜなら適切な管理をしなければ、災害に発展してしまう可能性もあるからです。

放置するくらいなら、処分する方法を検討したほうがいいでしょう。処分する場合には適切な方法での売却方法を検討し、しっかりと山林を引き渡すようにするのが最善です。

この記事では、山林を処分するための方法についてまとめました。また、山林を処分するおすすめの方法についても解説します。

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ

山林を相続しない場合は処分しよう!処分方法は複数あるので自分に合ったものを

引用:Pixabay

山林を相続する意思がなければ、適切に処分したほうがいいでしょう。

理由としては、そのまま山林を放置することは非常に危険で、将来的に大きな影響を与えるためです。山林は適切に管理しなければ、様々な災害や環境問題を引き起こす可能性があります。他に管理してくれる人を見つけて、少しでも早く山林の状況を把握できなければ、いずれ大きな事故に繋がる恐れもあるでしょう。

また山林を処分しなかったことにより、余計な費用を支払い続けるという問題もあります。特に相続した山林は使い道がなければ売却を検討し、速やかに対応を行ったほうがいいでしょう。そのまま保有していると、固定資産税の支払いだけで苦労する状況も考えられます。

実は山林を処分する方法は多数用意されており、自分で好きな方法が選択可能です。しかし売却する際には専門家へ相談する対応をしっかり取り、できる限り適切な方法で売却できる体制を整えておきましょう。わからないことは専門の業者に依頼して、納得できるまで話をしたほうが安心です。

山林を処分するための方法はどんなものがある?6通りの処分方法について解説

引用:Pixabay

山林を処分するための方法は6つあります。その方法は以下の通りです。

  • 他の山林所有者に売却
  • 林業事業者へ情報提供
  • 森林組合を仲介して売却
  • 不動産業者を仲介して売却
  • 自治体への寄付
  • 不動産業者へ処分

上記の方法から1つを選んで処分します。処分するためには業者を経由するケースが多くなっていますが、場合によっては自分で自治体へ交渉する方法も検討してください。

ここからは、処分する方法について詳しく説明します。

他の山林所有者に売却

1つ目は他の山林所有者と交渉し、売却する方法をご紹介します。

山林を保有している人は管理ノウハウを持っていますので、売却した土地を適切に管理するのが得意です。また、山林の使い方や運用方法についてもしっかり考えているため、売却後に放置されるといった問題は起こりにくいです。

一方でこの方法を利用する場合、売却できる相手を探すのは難しい傾向があります。なぜなら山林所有者が誰なのか、一般的な探し方ではわからないといった問題が起こりやすいのです。近年は山林売却に適しているサイトが多数ありますので、サイトを経由して売却する方法は有効に利用できるでしょう。

近所に山林所有者がいる場合は、自分の山林をその所有者に売却する方法も有効です。近所の人であれば顔見知りであることに加えて、山林の管理を適切に判断できます。なかなか相手が見つからない時は、近くに所有者がいないか検討してみましょう。

林業事業者へ情報提供

2つ目は林業事業者に対して山林を処分したいという情報を提供し、山林を処分してもらう方法です。

林業事業者は、山林を林業に利用したいニーズがあります。放置されている山林についても適切な管理を行っており、自身で管理ができないような状況であれば相談してみると良いかもしれません。可能であれば、売却や譲渡を行ってもいいでしょう。

近年ではネットを利用した林業事業者の検索がしやすいため、以前に比べて処分される山林が林業へ利用されるケースも増えています。ネット検索を有効に使えば、処分しなければならない山林を有効に活用してもらえるはずです。

ただ林業事業者が近隣にいないと管理が行き届かなくなるので、対応を断られる場合もあります。

森林組合を仲介して売却

3つ目は、森林組合の仲介を経て売却する方法です。この森林組合は日本全国に存在し、山林に関連する様々な相談を受け付けています。

森林組合では、放置されている山林や売却したいと考えている人の仲介を行い、利用したいと考えている人へ売却する取り組みを実施中です。不動産業者と違い、対応している組合が少ないデメリットはあります。しかし専門的な知識を通じ、適切な価格設定で売却可能です。

こちらもインターネットを採用することで、これまで以上に山林の売却がしやすくなっています。森林組合が提供しているホームページから、購入希望者を募る事が可能です。近年は森林組合のホームページ経由で購入者が見つかることも増えており、比較的売却が成立しやすいでしょう。

不動産業者を仲介して売却

4つ目は、近所の不動産業者を仲介して売却する方法です。こちらが最も一般的に利用されているもので、業者側にノウハウもあるため手短に相談できます。

不動産業者では、土地の売買も行っているのはご存知でしょうか。土地を売却したいと考えている人が不動産業者に相談し、山林の査定を受けてから最終的に売却する価格を設定します。その後、購入者を不動産業者に探してもらい、購入を希望する方と売買契約を結んで処分するという流れです。

この方法は非常に利用しやすい他、不動産業者が身近な存在であることから利用しやすい傾向があります。しかし不動産業者が山林に詳しくない場合、なかなか売却できない傾向もあります。売却する際の業者選びはとても重要と言えるでしょう。

また、売却価格が高すぎて成立しない問題もありますので、適切な売却価格を検討していかなくてはなりません。

自治体への寄付

なかなか処分できずに困っている場合は、5つ目の方法として自治体に相談し、寄付する方法があります。

自治体ではなかなか利用されない山林の寄付を受け付けており、何らかの形で利用する方法を検討中です。放置されている山林を残しておくくらいなら、自治体に相談して寄付し、管理してもらうという方法も有効でしょう。

しかし寄付という形になりますので、基本的に利益は出ません。これまで紹介した方法は売却で利益を出すようになっていますが、この方法だと売却はできないためお金が入らないというデメリットがあります。

不動産業者へ処分

6つ目は不動産業者に相談して、お金を払って処分してもらう方法です。

不動産業者の中には、お金を支払ってくれれば山林の処分を行ってくれる場合があります。なかなか処分できずに困っている場合は、不動産業者に相談して山林処分を依頼するのもいい方法でしょう。

しかし他の方法と違い、自己負担が必要です。負担する金額はかなり多くなる可能性もあるため、基本的にリターンがないリスクのある方法となってしまいます。最初からこの方法は採用しないほうが無難です。

山林を処分する際の注意点!負担を少なくするために迅速な行動が鍵

引用:Pixabay

山林を売却したいと考えているなら、まずは負担を減らすために迅速な行動を検討してください。行動が遅れてしまうと費用の支払いが発生する可能性もあるため、早めに行動するのが一番いい方法です。

その上で以下のポイントに気をつけてください。

  • 個人で相手を見つけられないなら仲介を依頼する
  • 仲介業者はある程度の経験があるか確認する
  • 売却する金額をあまり期待しない
  • 無償で提供すべきか最後まで考える
  • 処分する際は早めに行動する

上記のポイントをしっかり押さえておけば、問題なく売却手続きを完了させられるでしょう。

ここからは、山林を処分する際に気をつけるポイントを詳しく説明します。

個人で相手を見つけられないなら仲介を依頼する

個人で売却相手を見つけられないのであれば、速やかに専門家へ仲介を依頼したほうがいいでしょう。

仲介できる人がいなければ、基本的に売却相手を見つけるのは非常に困難です。近所に山林を保有している人がいれば別の話ですが、大半の人は売却できる相手を見つけられないまま時間が過ぎてしまいます。

まずは個人で相手を見つける方法を実践しても構いません。しかし時間をかけても相手が見つからない際は、森林組合や不動産業者の仲介を依頼して、早々に売却相手を探したほうがいいです。

仲介業者はある程度の経験があるか確認する

仲介業者については、本当に山林の売却経験があるか確認してください。

森林組合であれば問題なく売却できますが、問題は売却ノウハウの無い不動産業者です。不動産業者に依頼しても、山林の売却経験や知識がない業者だと問題が発生しやすいでしょう。全く売却相手が見つからなかったり、明らかに安い金額で処分したりすることもあります。

こうした問題を解決するためには、不動産業者の情報をしっかり確認しましょう。過去に山林の売却経験があるか、仲介についての情報を得てから売却手続きに踏み切るようにしてください。経験のない業者はトラブルが発生しやすいため、仲介経験のある業者を探したほうが無難です。

売却する金額をあまり期待しない

仲介業者に依頼する場合、あまり売却する金額には期待しないほうがいいでしょう。

売却する金額を高くしたいと考えても、山林は意外と売却する金額が安くなる傾向があります。なかなか買い手がつかない可能性もあるため、思っていた以上に安い金額で売らないと処分できないケースも多いのです。

安い金額で売却するのはあまり好ましくないと思っている人も、なるべくなら「山林を処分できればいい」という気持ちで考えたほうがよいかもしれません。固定資産税といった費用を支払わなくても済む状態になるので、価格面には期待せず売却するイメージです。

無償で提供すべきか最後まで考える

どうしても売却相手が見つからない時は、無償で自治体へ寄付するかどうかを検討してください。

自治体への寄付や不動産業者への処分依頼を検討するなら、最後の手段として考えたほうがいいでしょう。いきなり処分を依頼するという方法は損をする可能性が高いため、まずは売却して現金に変えるという方法から模索していくのがベストです。

しかし山林の状況が悪いことに加えて、管理の状態も良くないと判断されるとなかなか売却できないケースがあります。売却が成立せずに苦労している場合は、最後の手段として自治体への寄付を検討する流れです。

処分する際は早めに行動する

処分する際はとにかく早めの行動が望ましいでしょう。

行動が遅れてしまうと、固定資産税の対象となる可能性があります。また、山林を相続したくないと考えている場合は、早めに行動して処分を完了させないと勝手に相続扱いとなってしまうのです。少しでも早く処分するためにも、素早い行動が何よりも重要となるでしょう。

山林を処分するおすすめの方法は?悩むなら仲介を利用して売却するのが一番

引用:Pixabay

山林処分のおすすめ方法は、仲介して売却する手法が一番便利です。現金に変えられるという部分からも優れています。

不動産業者であれば身近な人に相談して売却しやすいため、売却相手を見つけられる可能性が高いです。また、不動産業者は査定も適切に取ってくれるので、現在の状況を見ながら山林を売却する価格についてしっかり考えてくれます。

売却した資金はある程度自由に活用できる面もあり、手段としては売却するのが一番最善です。仲介業者に依頼する費用はたしかにデメリットとなりますが、それ以上の恩恵を得られるものと考えれば、仲介業者を利用するのは非常に大きなメリットとなるでしょう。

また山林の処分時、他の方法では相手が見つからない、現金を得られないといった問題が発生します。こうした問題を解決してくれるのは不動産業者への仲介を依頼する方法であり、早く売却して処分を完了させられる可能性が高いです。

なお山林は、森林組合への仲介を依頼する方法もあります。森林組合も色々な方面での売却を検討してくれるメリットを持っていますが、不動産業者に比べて依頼できる相手が少ないというデメリットも。そのため思っていたほど早く売却できない場合があります。

山林処分方法のまとめ

引用:Pixabay

山林は適切な管理が必要なので、放置してはいけません。何らかの方法で処分する、または適切な形で相続する必要があります。基本的に管理できるようなら相続して保有する手法でも構いませんが、山林を管理する余裕がないと判断している時は処分を検討してください。

特に処分の方法として売却という手段は有効です。不動産業者に仲介を依頼して早々に売却できる体制を整えてしまえば、最終的には山林を適切な形で処分し、山林売却による利益を確保できるメリットが得られるでしょう。

このような不動産に近い買い物はプロの意見を参考にするのがよいと思います。私は友達に投資不動産会社の社長がいるので、色々と教えてもらいつつ、進めています。

またタナちゃんねるでは、山林売買にまつわる情報を集めており、使っていないキャンプ場、山林、古屋/古民家などを買取しております。

山林売買でお困りの方は下記の記事も参考にしてくださいね。

山林売却(買い取ります)使わない山林(土地)古屋/古民家を買います。キャンプ場も可

タナです!コメント待ってます!

道具について、キャンプについて、ぜひご意見やご感想を投稿してください!全て私、タナが目を通します!

CAPTCHA


最新記事

おすすめキャンプ道具

関連動画

関連記事

ソロキャンプで使える鉄フライパンごちそうレシピ